プロが語る国際政治・経済・金融の最前線!

The Gucci Post [国際政治・経済・金融 × プロフェッショナル]

ミャンマー現代史(2):民主化と経済発展

「ミャンマー現代史(1):独立と軍事政権の時代」(11/26)の続きです。 前回は、「ミャンマー」という共同体の成り立ち、植民地時代から独立、その後長きにわたる軍事政権の時代までを概観しました。 今回は、テイン・セイン政 … 続きを読む

[2020/12/03] コメント(1) NEW !

ミャンマー現代史(1): 独立と軍事政権の時代

■ ミャンマー総選挙、アウンサンスーチー氏率いる与党が過半数 公平性に疑問も(11月13日付BBC) 11月8日にミャンマーで総選挙が行われ、アウンサン・スーチー国家顧問率いる与党NLDは、改選議席の83%を占める396 … 続きを読む

[2020/11/26] コメント(0)

インドネシア現代史(3):東南アジア最大の民主国家への道

■ インドネシア総選挙、ウィドド大統領が再選(5月21日付BBC) ■ インドネシア、大統領再選で抗議デモ 6人死亡、200人負傷(5月22日付BBC) ■ インドネシア、首都移転の計画を発表(4月30日付CNN) 「イ … 続きを読む

[2019/05/24] コメント(4)

インドネシア現代史(2):スハルト体制の崩壊

「インドネシア現代史(1):スカルノとスハルト」(5/10)の続きです。 前回は、独立からスカルノの20年にわたる統治、9・30事件、そしてスハルトの30年にわたる統治について概観しました。 今回は、アジア通貨危機、スハ … 続きを読む

[2019/05/17] コメント(3)

インドネシア現代史(1):スカルノとスハルト

■ インドネシア大統領選、現職ジョコ氏が勝利宣言(4月18日付ロイター) インドネシアでは先月、5年に1度の大統領選挙が行われ、現職のジョコ・ウィドド大統領の再選がほぼ確実になりました。ジョコの勝利の背景と意義については … 続きを読む

[2019/05/10] コメント(2)

タイ現代史(2):タクシンの盛衰と新国王の時代

■ 総選挙で躍進の新党党首に扇動の容疑、軍政が圧力か タイ(4月8日付CNN) 「タイ現代史(1):『国王・民族・仏教』の虚実」(4/10)の続きです。 前回は、タイの国の成り立ちから、第二次大戦を経て、クーデターと民主 … 続きを読む

[2019/04/17] コメント(2)

タイ現代史(1):「国王・民族・仏教」の虚実

■ タイ総選挙、親軍政政党が最多得票=選管(3月28日付ロイター) 先月、タイで14年5月の軍事クーデターから5年を経て、ようやく総選挙が行われました。選挙結果は、予想以上に軍政派政党が支持を伸ばすというサプライズがあり … 続きを読む

[2019/04/10] コメント(4)

「アウンサン・スーチー政権」の2年半

■ 国際人権団体アムネスティ、スーチー氏の人権賞をはく奪(11月13日付CNN) 15年11月の総選挙での劇的な勝利を経て、アウンサン・スーチー率いるNLDが16年3月に半世紀ぶりに公正な選挙を経た文民政権を発足させてか … 続きを読む

[2018/11/30] コメント(4)

タイ王室の動向

このところヘビーな記事が続いていますね。それに、本日は金曜・・ということで、本日は肩の力を抜いて、読者の方との交流の回にしたいと思います。 「タイの王室・軍と政治経済の構造」(8/10)のコメント欄で、ぺルドンさんから、 … 続きを読む

[2018/09/07] コメント(2)

マハティールの訪中

マハティール首相が8月17日から21日に中国を訪問しました。6月の訪日に続く外遊で就任後初の訪中になります。 マレーシア・シンガポール高速鉄道やマレー半島を縦断する東海岸鉄道(中国主導で建設が進んでいた)をはじめとする大 … 続きを読む

[2018/08/29] コメント(4)

1 2 3 4 5 6 9