プロが語る世界情勢・政治・経済金融の最前線!

The Gucci Post [世界情勢・政治・経済金融 × プロフェッショナル]

フィリピン現代史(5):外交と経済の展望

「フィリピン現代史(4):ドゥテルテ政権と新たな王朝の時代」(5/5)の続きです。 前回は、ドゥテルテ政権とフィリピン政治の最新の状況について解説しました。その後、大統領選があり、その結果を踏まえ、マルコス次期政権の展望 … 続きを読む

[2022/05/18] コメント(0)

フィリピン現代史(4):ドゥテルテ政権と新たな王朝の時代

「フィリピン現代史(3):「アジアの病人」からの脱却」(4/29)の続きです。 前回は、エドサ革命後のコラソン・アキノ政権から、ベニグノ・アキノ3世政権に至るまでの30年の歩みを概観しました。 今回は、ドゥテルテ政権の足 … 続きを読む

[2022/05/05] コメント(0)

フィリピン現代史(3):「アジアの病人」からの脱却(+橋下徹氏の議論の問題点:追記)

「フィリピン現代史(2):米国への依存、マルコスの独裁、エドサ革命」(4/21)の続きです。 前回は、独立初期の時代とマルコスの独裁、その崩壊までを概観しました。 今回は、コラソン・アキノ政権からベニグノ・アキノ3世政権 … 続きを読む

[2022/04/29] コメント(2)

フィリピン現代史(2):米国への依存、マルコスの独裁、エドサ革命

「フィリピン現代史(1):植民地時代、日本の占領、独立」(4/14)の続きです。 前回は、フィリピンの歴史的・民族的・地理的特徴、植民地時代から独立に至るまでの経緯を概観しました。 今回は、独立初期の時代とマルコスの独裁 … 続きを読む

[2022/04/21] コメント(0)

フィリピン現代史(1):植民地時代、日本の占領、独立

■ ドゥテルテ大統領の党がマルコス氏支持表明、フィリピン大統領選(3月22日付ロイター) フィリピンでは5月9日に大統領選が予定されています。 昨年11月に以下の記事で、フェルディナンド・マルコス・ジュニア(ボンボン・マ … 続きを読む

[2022/04/14] コメント(0)

ミャンマーに関するASEAN首脳会議

■ ASEAN、ミャンマー軍に暴力の停止求める 対話仲介の特使派遣など合意(4月26日付BBC) インドネシアの提案でミャンマー情勢について話し合うべくASEAN特別首脳会議がジャカルタで開かれ、ミャンマーからミン・アウ … 続きを読む

[2021/04/27] コメント(0)

ミャンマーのクーデター

■ ミャンマー国軍、権力掌握を宣言 アウンサンスーチー氏らを拘束(2月1日付BBC) ■ ミャンマーで3日連続抗議デモ、各地でストも 警察が放水(2月8日付BBC) ミャンマーでクーデターが発生してから1週間が経ちました … 続きを読む

[2021/02/09] コメント(0)

ミャンマー現代史(3):NLD政権の継続と新たなる挑戦

「ミャンマー現代史(2):民主化と経済発展」(12/3)の続きです。 前回は、テイン・セイン政権が進めた政治改革と民政移管、そしてアウンサン・スーチー政権の実現までを概観しました。 今回は、先月初めに行われた選挙の意義と … 続きを読む

[2020/12/10] コメント(1)

ミャンマー現代史(2):民主化と経済発展

「ミャンマー現代史(1):独立と軍事政権の時代」(11/26)の続きです。 前回は、「ミャンマー」という共同体の成り立ち、植民地時代から独立、その後長きにわたる軍事政権の時代までを概観しました。 今回は、テイン・セイン政 … 続きを読む

[2020/12/03] コメント(3)

ミャンマー現代史(1): 独立と軍事政権の時代

■ ミャンマー総選挙、アウンサンスーチー氏率いる与党が過半数 公平性に疑問も(11月13日付BBC) 11月8日にミャンマーで総選挙が行われ、アウンサン・スーチー国家顧問率いる与党NLDは、改選議席の83%を占める396 … 続きを読む

[2020/11/26] コメント(0)

1 2 3 4 5 6 10