プロが語る世界情勢・政治・経済金融の最前線!

The Gucci Post [世界情勢・政治・経済金融 × プロフェッショナル]

2022/04/21 06:00  | 東南アジア |  コメント(0)

フィリピン現代史(2):米国への依存、マルコスの独裁、エドサ革命


「フィリピン現代史(1):植民地時代、日本の占領、独立」(4/14)の続きです。

前回は、フィリピンの歴史的・民族的・地理的特徴、植民地時代から独立に至るまでの経緯を概観しました。

今回は、独立初期の時代とマルコスの独裁、その崩壊までを解説します。

※ここから先はメルマガで解説します。目次は以下のとおりです。

***********
フィリピン現代史(2):米国への依存、マルコスの独裁、エドサ革命
***********

●与えられた独立
●マルコスの独裁
●エドサ革命

***********
あとがき
***********

Russian Jokes Tell the Brutal Truth(19年11月29日付The Atlantic)

ロシアン・ジョーク(アネクドート)集です。ちょっと古いですが、今だからこそ生きると思われるものがあったので、ご紹介します。

エストニアの国境で入国管理官がプーチンに質問した。
「Occupation?」
「Not today. Just tourism.」

普通に読むと、「職業は?」「今日は仕事ではない。観光です。」となります。我々一般人にもおなじみのやりとりです。

ところが「occupation」には「職業」の他に「占領」という意味があります。そうすると、会話の印象はガラッと変わってきますね。

冒頭のトランプとのやりとりのジョークもウクライナ。弾劾の件もあったとはいえ、やはりウクライナは予見的なものがあったのですね・・。

他にも色々あるので、息抜きに見てみるのも良いでしょう。プーチンネタが多く、示唆に富みます。

メルマガ「世界情勢ブリーフィング」を購読するためにはご登録のお手続きが必要です。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。