ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

イスラエル現代史(14):米国とイスラエル(1)

「イスラエル現代史(13):右派政権・ネタニヤフの時代」(10/30)の続きです。 前回は、2009年から現代に続く右派の優位とネタニヤフ政権について解説しました。これでイスラエル現代史は一区切りつきました。 今回から、 … 続きを読む

[2019/11/15] コメント(4)

イスラエル現代史(13):右派政権・ネタニヤフの時代

「イスラエル現代史(12):中東和平の挫折」(10/24)の続きです。 前回は、ラビン首相の暗殺を契機に中東和平の機運が失われていく過程を説明しました。 今回は、2009年から現代に続く右派の優位とネタニヤフ政権について … 続きを読む

[2019/10/30] コメント(2)

イスラエル現代史(12):中東和平の挫折

■ イスラエル首相、連立政権樹立できず 野党のガンツ氏が組閣へ(10月22日付CNN) ネタニヤフ首相は即位の礼に出席するため訪日する予定でしたが、連立交渉でそれどころではなく、直前にキャンセルになりました。しかしその努 … 続きを読む

[2019/10/24] コメント(7)

イスラエル現代史(11):中東和平への道

「イスラエル現代史(10):第1次レバノン戦争」(9/25)の続きです。 前回は、ベギン政権によるレバノン侵攻(第1次レバノン戦争)について説明しました。 今回は、レバノンから駆逐されたPLOの路線転換、米国(レーガン・ … 続きを読む

[2019/10/09] コメント(3)

イスラエル現代史(10):第1次レバノン戦争

「イスラエル現代史(9):リクードの台頭とエジプトとの和平」(9/20)の続きです。 前回は、第4次中東戦争後、初めて右派のリクード政権(ベギン首相)が誕生し、エジプト(サダト大統領)との間で歴史的な和平が成立したこと、 … 続きを読む

[2019/09/25] コメント(2)

イスラエル現代史(9):リクードの台頭とエジプトとの和平

「イスラエル現代史(8):第4次中東戦争~不敗神話の崩壊」(9/11)の続きです。 前回は、第4次中東戦争に至る背景とその結末について解説しました。 今回は、この戦争によって、イスラエルの国内政治と対外政策が大きく変わっ … 続きを読む

[2019/09/20] コメント(1)

イスラエル現代史(8):第4次中東戦争~不敗神話の崩壊

「イスラエル現代史(7):ヨルダン内戦~PLOの闘争」(8/23)の続きです。 前回は、第3次中東戦争が与えた影響について解説しました。 今回は、その後のイスラエルをめぐる状況の変化について、特に大きなインパクトを与えた … 続きを読む

[2019/09/11] コメント(4)

イスラエル現代史(7):ヨルダン内戦~PLOの闘争

■ 日本とのGSOMIA破棄、協力関係に「大きな変化」と韓国政府(8月22日付ロイター) まさか本当にやるとは・・驚きでした。率直に言って常軌を逸していると思いますが、本メルマガでは、この決定が意味するものを冷静に分析し … 続きを読む

[2019/08/23] コメント(1)

イスラエル現代史(6):第3次中東戦争~圧勝の功罪

「イスラエル現代史(5):第1次・2次中東戦争~国家の生存と国民の統合」(7/25)の続きです。 前回は、独立を宣言したイスラエルが、アラブ諸国との生存をかけた戦争に勝利し、また国民の統合に取り組み、国家としての確立を実 … 続きを読む

[2019/07/31] コメント(3)

イスラエル現代史(5):第1次・2次中東戦争~国家の生存と国民の統合

「イスラエル現代史(4):イスラエルの建国」(6/27)の続きです。 前回は、パレスチナに移住したユダヤ人がイスラエル建国を実現するまでの過程を解説しました。 今回は、独立を宣言したイスラエルが、アラブ諸国との戦争に勝ち … 続きを読む

[2019/07/25] コメント(4)

1 2 3 4 5 6 8