ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2005/04/19 16:50  | 金融経済解説 |  コメント(8)

GMでひと儲けしたい!!   

などという、個人の方にしては大変アグレッシブな方が多数おられるようで、よく問い合わせがあります。

質問:今債券か株を買うべきでしょうか??
ぐっち先生の答え:NO,まだ下がるでしょう。
質問:じゃあ、株をショートする??
ぐっち先生の答え:NO,今救済案が万一出たら踏まれます。

なんだよ、何もできねーじゃないかよ・答えになってないぞ!!

そうなんですよ、こういう混乱期は「見るのも相場」などと昔からいいましてね・・・

などと説明しているうちに殴られそうなので、まあ、ちょっとしろーとにはきついのですがNYKなどに口座を持っている、或いは使わせてくれる友人がいる、というちょっと厳しい条件ながら今の状況で、リスクを抑えてリターンを最大にする方法があるにはあります。これはプロ中のプロ、ということになりますが、ご参考までに解説しておきます。
但し、この種のことは算数的に説明するのが一番簡単ですが、ここで数式とか出すと殺されそうなので数式は使いません。イメージで捉えてくださいね。

本件の投資ポイントは

1.だれも倒産するとは思っていない。
2.ただ、下値の見当ががそのあまりにも巨大な発行額の為つかず、政府も救済するには
  かなり慎重になるだろう。今80で買っても50,40になるかもしれない。

という事です。特に5年後はともかくも一年後に倒産する確率はかなり低いとみるべきでしょう。とてもアメリカのロビイストが許すとは思えませんね、そんな状況を。

そこでこうやります。

1.期間5年程度のGM債券をロング。買う訳です。利回り8%としますか。

2.GMの期間1年間のプロテクション(CDS、クレジットデフォルトスワップ)を売ります。

3.買ったGM債券の同じ価格(ATMといいます)または多少損をしても仕方ないとあきらめの付く価格(OTM)のプットオプション(期間1年)を購入。

この3つを組み合わせます。

1.は簡単ですな。買います、はい。

2.を説明します。オプション取引の一種と考えてください。普通はストライクプライスという行使価格、つまりいくらで売る・買うという権利の売買なのですが、このCDSの特徴は価格は無視してとにかくつぶれるかつぶれんか、どちらかに掛けましょう、という話し、そう、例のサイコロの丁か半か・・・って奴です。それを売るわけですから、1年以内につぶれてしまったら、さようなら、実際には倒産したGMの債券を引き取らなければなりません。まあ、紙くずですな。

ここで、実はリスクをダブルでとったことが判りますね。つまり、倒産しないということについては自信があるわけですから、ここのリスクを余計に取る訳です。倒産すると債券でやられ、プロテクションの売りでやられます。リスクはまあ、ざっくり倍といっていいでしょう。こういうことを専門用語で「レバレッジをかける」といいます。

みそは3.です。こちらは通常のプットオプションの購入ですので、購入した価格でいつでも売却できる権利を買うのです。つまり、@80で債券を買ったとすると、期間一年(実際は価格下落リスクの発生するとおもわれる半年程度が効率がよろしい)行使価格80のプットオプションを、しかるべきコスト(当然かなりのコストです)を払って購入します。しかしながら、あなたはこの先債券価格が50になろうと40になろうとその期間であればいつでも!!! 80でこの債券を売却することができるのです。

これらを全て合成しますと
1.による債券の利回りがプラス
2.によるプロテクションの売りによるオプション料でプラス
3.によるプットオプションの購入によるオプション料でマイナス

まあ、ラフにプラスが二つでマイナスが一つとお考え下さいませ。正確にパソコンなどでごそごそ計算すると、今やりますと400BP程度(年利4%)稼ぐことができます。

債券はいつでも購入価格で売って逃げられますから、価格リスクからは逃げました。絶対倒産しないと思っていれば1及び2のポジションは容認できるでしょう。実際には40まで行ったら、オプションを行使して80で債券を売ってしまい、もう一度40で買いなおすか、そのオプションだけ売るっぱらってしまい、更に追加で買って全体のコストを下げるか(専門用語でナンピンといいます。難品と書きます。難、すなわち損を平らにするわけですな)の判断になるでしょう。

とまあ、こういうことをやると、自分の取りたいリスクだけに限定(GMが倒産しないというギャンブル)して収益を上げることができます。

もちろん単純にプロテクションだけ売ってもOKですが、個人の場合はそれだけやるのは難しく、上記を組み合わせた商品を証券会社に作らせることになるのですが、日本では残念ながら無理ですね。アメリカなら可能です。さすが、投資先進国ですね。

おい、出来ない商品の紹介するなって? いえ、今後の応用問題のためのウォーミングアップだと思って我慢してください。スミマセン・・・・

ちょっとウォールストリートらしい書き込みで今日を終わります!

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。
尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

8 comments on “GMでひと儲けしたい!!   
  1. 平チャン より:
    Unknown

    ぐっちーさん はじめまして
    今回は特に勉強になりました。
    日本は金融商品少ないですね。
    ところでバンカーオイルはどうなるのでしょうか?

  2. ぐっち より:
    いやー、参りましたね。

    流石にバンカーオイル特定となると私もよくわかりませんね(笑)チャートを見ると原油とは全く関係ない動きをしますね。恐らく需給とか、いろいろな要素が絡まるんでしょうね。流動性の高い先物とかの無い世界なのでこれはなかなか予測が難しいんではないでしょうか?もう少し勉強させてくださいませ。

  3. あくび より:
    GMACの社債は...

    ぐっちーさん、はじめまして! 実は去年11月に米国で2年物のGMAC社債を買ったのですが、買った途端にGM、GMACの悪いニュースが雪崩をうつように入ってきてあせっています。で、あれこれ調べていてこのサイトに出会いました。ぐっちーさんはGMが倒産しないと力強くおっしゃってくださっているのでちょっと安心したんですけれども、あと1年7ヶ月、大丈夫でしょうか? 

  4. ぐっち より:
    それはすごい!!

    あくびさん、ある意味すばらしい投資だと思います。もっと安く買えたのに!!というお気持ちはしかたないですが、ご判断は正しいです。つぶれる事はありません、と断言できます。少なくとも株はともかく、債券をパーにする事は影響が多すぎて無理ですね。もうお持ちならば、下値を探りながら一度ナンピンをされることをお勧めします。まだ下がりそうですが、いずれそのタイミングがあると思います。大丈夫です、これは。

  5. あくび より:
    Unknown

    お返事、ありがとうございました!「つぶれることはない」とプロに断言していただいて、安心しました。下値を探る…私にとっては高等テクニックですが、トライしてみたいと思います。まずはお礼まで。

  6. こまった より:
    GM

    ぐっちーさん、はじめまして。あくびさん同様、私も昨年11月にGM社債5年物を購入しました。5年というと長いので、不安です。売ろうかとも思っていますが、ブローカーは、5年物は短期のうちに入るから、たとえ、倒産しても優先的にGMの資産でカバーされる。持っていたほうが良いと言っています。ぐっちーさん、どう思いますか。

  7. ぐっち より:
    こまったさんへ

    倒産した場合、社債よりローンが優先的にカバーされます。従ってGMに限らないんですが倒産するとローンですとおよそ7?8割が、債券ですとよくて5割、最悪は2割程度返ってくるというのが過去のケースです。ですからその説明はちょっとあやしい(笑)
    ただ、倒産することはないでしょうね。あらゆる形で救済するはずです。なりふりはかまわないと思いますよ。ですのでもうお持ちなのでしたら大底でもう一回買ってやる!!位のお気持ちでいかがでしょうか。俗にいうなんぴんってやつであまり「賢い」方法ではないとよく言われますがこういうケースは有効です。途中の価格リスクのヘッジは現実的には難しいのでこの手でいかれたらどうでしょうか。GMをつぶすくらいならホワイトハウスを担保に差し出す位のことはあるね、などと友人のアメリカ人は冗談でいってます(爆)

  8. こまった より:
    よかった

    ぐっちさん、さっそくのお返事ありがとうございます。プロの助言はありがたいです。安心しました。私は安全志向なので、今度からCDにします。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。