ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2019/11/12 00:00  | お知らせ |  コメント(4)

マエストロ長野力哉様からのご招待

グッチーポスト読者の皆様
はじめまして、長野力哉と申します。

山口君とは小学校から高校まで同じ学校に通った同級生です。
彼は金融、経済の道に進み、僕は音楽の道を選びました。
小学生の頃から体も声も大きく学校で特別に目立っていた山口君ですが、
実はピアノの名手であり、昔から大のクラシック通でもありました。
高校時代お互いの家にレコードを持ち寄って聴いたり、音楽会に通ったり。
ムラヴィンスキーというロシアの巨匠指揮者を聴きに行った彼の興奮した感想は今も耳元に蘇ります。
「凄かったぞ!指揮棒が3センチ動くだけでオーケストラが大爆発するんだ!」
社会人となってからの彼は「バブルよ、もう一度!」と懸命に働いていたようですが40歳の頃、なるべく早くに引退して、そこから先はボランティアや人に手を貸すようなことがしたいと言っていました。
僕が演奏会のチケットを送ると必ずワインなどを片手に楽屋に来てくれました。
しかし昨年会った彼があまりにも痩せていたので、心配すると「俺はヴィーガン食生活で痩せているのだ。おかげで腰痛が治ったよ。他人の心配より自分のメタボを心配しろ」と逆襲されました。
この時、話が僕の演奏活動に及ぶと思いがけず彼の口から「お前のオーケストラを応援するよ」という嬉しい言葉が飛び出しました。加えてグッチーポストの読者にも呼び掛けてみようと言ってくれたのです。
折しも海外公演を準備している最中で大変に有難く、この申し出を受けました。
この時の海外公演はウィーンと、そしてブルックナーの聖地「ザンクト・フローリアン修道院・大聖堂」でのコンサートでした。
ザンクト・フローリアン修道院・大聖堂はこれまでにも大指揮者、超一流オーケストラによってブルックナーが演奏されてきましたが、なぜか日本人の指揮者、日本のオーケストラは一度も演奏したことがない場所でした。
1975年、朝比奈隆指揮大阪フィルがこの修道院の別のホールで演奏会を催しています。
しかしブルックナー自身が弾いたオルガンを備え、そのオルガンの真下の地下室にはブルックナーの棺が置かれているという大聖堂での
日本人による演奏会は今回が史上初となるものでした。
音楽通の山口君も大いに関心を示して当初は演奏旅行に同行するとも言っていました。
演奏旅行の壮行会には山口君にも参加してもらいましたが、この時が彼との別れとなりました。
山口君ならびにグッチーポストの方々からのご支援を受け、今年8月この演奏旅行は成功裡に終えることができました事を皆様にご報告いたします。
詳しくは同行取材していただいた音楽ジャーナリスト池田卓夫氏のホームページをご覧ください。 
https://www.iketakuhonpo.com/review
「音楽の友10月号」にも関連記事が掲載されています。

今回この場をお借りして、ザンクト・フローリアンで演奏した、「日本ブルックナー交響楽団」の母体となる「リキ・フィルハーモニッシェス・オーケストラ」の来年1月のコンサート。山口君の魂に捧げる「モーツァルト・レクイエム in 北九州」 。彼も昔1度聴いてくれた「新三友合唱団」。
この3つのコンサートに皆様をご招待させていただきたく存じます。

モーツァルトのレクイエムは、毎年その年に亡くなった友人・知人のために企画されている
コンサートです。
古くからの友人として山口君を盛り立てていただいたグッチーポスト読者の皆様に感謝申し上げると共に皆様と同じ空間に身を置き、山口正洋君を偲びたいと思います。

長野力哉(指揮者)

下記のご希望のコンサート事務局にご連絡頂きご住所、お名前をお知らせください。
それぞれの事務局よりご希望枚数をお送り致します。
ご連絡の際、グッチーポストの読者である旨をお伝えください。

【レクイエム in 北九州2019】

http://www.wel-tobata.jp/2019/09/3802/
2019/11/24(日) 戸畑市民会館大ホール
開演 15:00(開場 14:30)
事務局 野村
TEL:093-533-1313(d-cube Studio内)
MAIL:p3.14@f4.dion.ne.jp

【リキ・フィルハーモニッシェス・オーケストラ第9回定期演奏会】

https://www.facebook.com/events/558392494985648/
2020/1/25(土) なかのZERO大ホール
開演 14:00(開場 13:30)
事務局 松本
TEL:0463-78-5593
MAIL:rikiphil2015@gmail.com

【新三友合唱団 第5回定期演奏会】

https://shin-sanyu-chor.jimdo.com/
2019/12/5(木)ルーテル市ヶ谷センターホール
開演 19:00(開場 18:30)
事務局 渡邉
TEL:03-3428-4118
MAIL:seidai99@orion.ocn.ne.jp

以上、グッチーポスト編集部よりお知らせさせて頂きました!

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。
尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

グッチーポストの有料コンテンツをお読み頂くにはご登録のお手続きが必要です。
既にお手続き済みの方はこちらからログインしてください。

お申込みについてはこちらをご参照ください。

4 comments on “マエストロ長野力哉様からのご招待
  1. nanashi より:
    地元なので行くか…

    地元なので行けそうですね@戸畑。スケジュールを調整してみます。行けるのならばぐっちーさんの追悼の意を込めて行ってきます。

  2. 流離人 より:
    演奏会

    北九州、関西からの参加を思案しましたが、当日厳かに盛況であることを祈念しています。
    過日の少額寄付に伴う、長野様のご厚意による1/25のチケット、受け取りました。当日を楽しみにしております。

  3. sissi より:
    ありがとうございます

    ルーテル市ヶ谷センターホールが、幸い予定がつきますので参らせていただきたいと思います。
    これから申し込みますね。

    ありがとうございます。

  4. nanashi より:
    戸畑のコンサート、行ってまいりました。

    何とか予定が空いたので、戸畑市民会館へ行ってまいりました。会場は戸畑駅のすぐ横にあり便利にいい所でした。前売り券を手に入れる余裕がなかったので会場で当日券を買っていざ会場へ行きましたが、予想以上に多くの聴衆客がいらしていて会場に入るまでえらい事並びました。席は後ろの方でじっくり聞こうかなと思い一番真後ろで聞いてました。正直クラシックのコンサートと言うのは余り足を運んだことがなく聞いているうちに寝てしまうんだろうな、とか思いながら席に座ったんですが、演奏はマエストロ長野氏のみごとな、そして素晴らしい指揮の元一睡もすることなく聞き入ってしまいました…。演奏されたモーツァルトの交響曲第40番、およびレクイエムのいずれもぐっちーさんの魂に届けとばかりに聞き入ってしまいました。指揮をなされたマエストロ長野氏を始め、演奏に関わった北九州の方々にはホントいいものを聞かせてもらいました…。そういえば今日はぐっちーさんがあちらへ逝って2ヶ月になるんですな…。ホント色々な意味で残念ですが改めてぐっちーさんのご冥福をお祈りいたします。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。