ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2019/04/08 07:26  | マーケット |  コメント(4)

今週のメルマガ@東京 雨ですか・・・・

毎年東京では桜が満開になるころにはさむーい雨の日がやってきます。
今日はその日に当たりましたね。半袖しか持っていないわたくしはこうなるとダウンジャケットを着るしかないんであります(笑)。皆様も風邪などひかれないようにご注意くださいね。

さて、今日の配信は先週の雇用統計分析が中心となります。

一部ご紹介します・・・・・

〇雇用統計 3月

rom the BLS:

https://www.bls.gov/news.release/empsit.nr0.htm

非農業就業者数はプラス19万6千人、失業率は3.8%で変わらず。目立ったのはヘルスケア、いわゆるプロフェッショナル契約のNon Exempt、技術サービス業などでの増加(Nom Exemptと言ってもピンと行かない読者も多くなってきたかもしれないが、アメリカの労働基準法は日本より極めて厳しい。ただ、ここから例外、という人たちが多数いて、これを見てアメリカの労働基準は日本に比べると甘くていい、とかいうばかがたくさんでて来る。いずれゆっくり説明したいと思います)。

2月は2万人から3万3千人に上方修正、1月は31万1千人から31万2千人に同じく上方修正で、合わせて1万人の雇用増となりました。

平均受給は4セント上がって27.7ドル、過去12か月で、平均時給はプラス3.2%。(FRBのターゲットであり、ほぼその水準にあるPCE2%よりもはるかに高い水準で推移、高消費につながっている)。

前年からは273万7千人の雇用増加となった。

労働参加率は多少下がって63%。これはいつものとおり、人口動態通りの動きとなっています。
雇用労働比率は60.6%と微減。

より詳細に・・・・

(中略)

そして話題は変わって地方の話題へ・・・

人と同じことをやるのでは、地方創生事業はどうにもなりません。だって、競争の激しいところにわざわざ行くわけですから、私から見たらアホですね。今日日経のインタヴューに永守さんが出ていらしてこんなことを言っていました。

「流行を追う必要はない。人のいない所に利というものがある」

もう10年以上同様のことを書き続けていますが、何一つ変わりません。人のやらないことは日本では誰もやらないので、私を含め、そればっかりやっている数名の友人は、正直簡単に儲かりすぎてもうお金はもういりません(って書くとそんなにお金があるなら助けてください、というメールが必ず10通は届きます・・・・・日本て、どうかなってます、すでに???)。

今もいろいろ始めていますが、人のやったことがあるものは一つもないですね。むしろやる前に誰か、本当にやってないのか、徹底的に確かめます。変な風力発電の効率のいい新しいプロペラを開発した!!(本当らしいです)っていうのが、地方再生ビジネスだ、というんですから、頭おかしいとしか思えませんよね。で、資本金は? って聞いたら「これから集めます」。 いつ黒字になるの? って聞いたら「多分3年くらい」という根拠のない数字を上げつつ、資金計画見たら、社長の給料が1000万円・・・・・・・

「いや~、私も食えなければ困るんですよ」

とか言っているバカに出資するばかはいません。黒字になるまで給料も役員報酬もゼロ。あたりまえでしょうに。オガールだってそうでした。・・・・株主はなんでお前の給料を払わなきゃいけないんだよ!!

こういう馬鹿な事業が日本全国飛び交っていて、私の所にも来たりします。そしてしばしば巻き込まれる人が出て、それが「詐欺事件」として世の中に出てきますね。

そりゃ、詐欺ですよ、出資を集めている赤字の会社の社員が給与とったり、赤字会社の社長が役員報酬をとったりしているのでは皆さんから集めた資本金を流用しているだけですから。

それを新規事業と堂々と私の所に持ってくる人もいるんですが、門前払いプラス ばか、たこ、くそ と罵詈雑言の嵐になるので、面倒なので来ないで下さい(笑)

*****************
あとがき
*****************

岩手県に明るいニュース

U-18ワールドカップ(8月30日開幕・韓国)の高校日本代表1次候補による国際大会対策研修合宿2日目が6日、奈良県内で行われ、今秋ドラフト1位候補の大船渡・佐々木朗希投手(3年)が実戦形式の中で日本の高校生史上最速の163キロをマーク。花巻東・大谷翔平投手(米エンゼルス)の160キロを一気に3キロも更新した。集まった日米12球団46人のスカウトからは昭和の怪物・江川、平成の怪物・松坂以上という声も。「令和の怪物」が新たな歴史を刻んだ。
岩手日報引用終わり

佐々木君は中学の時からとにかく球が速い中学生がいる、ということでぐっちーも見に行きました。早いな~とは思いますが、まさか163キロですか、いやすごいですね。

ただし、佐々木君は投手としての完成度はまだ低く、いくら岩手でも甲子園となると?? になるでしょうね。チーム力全体の問題もありますし、その昔は太田幸司や江川卓が一人いれば勝てたもんですが、今や地方大会といえどもそのレベルではありません。甲子園は無理にしても、プロのスカウトにかかることは間違いなく、ここは育成力のある、カープ、日ハムなどにぜひ入ってもらいたいと思います。カープなら3年じっくり、日ハムだと1イニングくらいは一軍で投げさせるかもしれませんね。

今回は妙な話で、今の佐々木君がどうのこうのではなく、この逸材を誰が、どうやって育てるかに注目が集まる、という非常に珍しいケースでしょうね。次から次へと150キロ台を投げる新人が出てくるメジャーへ直接、って言う手ももちろんありますね。

個人的には大船渡高校、応援してますけど、そういう楽しみもあります、ということで!

このあとチェリーの話題へ・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
という感じです。さて、有料の価値はあるでしょうか? そりゃありますよ。
雇用統計をこんなにちゃんと解説で得きるところはどこにもなく、正直これだけで、月3000円くらい払ってもいいと思います。特に投資を真剣におやりになるのであれば、月840円でしっかり勉強し、あと3回もかなり内容はありますので、1年続ければかなり「投資の筋力」が付いてくると思います。ぜひ、お試しを!

アエラ・・・・
まず玉城さんが表紙でちょっとびっくりする。
「ぐっちーさんのここだけの話」は今週は「令和が脱中国って?」もっと漢字を勉強しろ、です。
そのまんまです(笑)。コンパクトにうまく書けていますので、ぜひお読みください。

今週の東洋経済オンラインはわたくし担当で・・・・
まずは、競馬コーナー、桜花賞はぼろ負けです・・・・・かすりはしましたが、これは外しまくりですね。リベンジします・・・・

内容的には同じく令和の話、わたくしのビジネスの話を少々、そして消費増税の話となっています。こちらもかなりまじめに書いていますので、多分ご参考になることが多いはずです。

ということで、また1週間始まりました。今週もよろしくお願い申し上げます!

ぐっちー

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。
尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

4 comments on “今週のメルマガ@東京 雨ですか・・・・
  1. 大津島 より:
    小屋場只只

    AERA連載
    > 景色を眺めつつビールを飲む時間をこよなく愛し、何するでもなく時間をやり過ごす。
    山口県徳山駅から船で30分ほどの瀬戸内海に浮かぶ大津島の「小屋場只只」は如何?
    https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_244/
    大津島はニャンコもウロウロしてまっせ。
    島には商店が無いので回天資料館の見学で訪れるなら、徳山で食料を調達して船に乗り込むのがオススメ。

  2. グッチー本人 より:
    すばらしい!

    大津島さん

    これは、広島にしょっちゅういる私としてはまず私が行きたい!!
    来週?にでも行ってきます。
    素晴らしいご案内、感謝! 
    ぐっちー拝

  3. ひこぼし より:
    WSJも日経???

    4/5・ダイヤモンド・OL

    不安出ずる国、日本の消費増税
    https://diamond.jp/articles/-/198929

    上記記事の中ほどに
    「アジア経済を巻き込んでいる米中貿易戦争を含め、外圧は日本の助けになっていない。
    輸出依存型の日本経済は依然として、欧州や中国の経済減速の影響を受けやすい。」

    とありました。
    日本経済は、輸出依存型に・・?????

  4. 大津島 より:
    回天記念館

    絶景の宿なので天気が良ければいいですね。
    小屋場只只の原点でもある回天記念館には昨年、慶応大学経済学部から回天の搭乗員になり戦死した出陣学徒の肉声が聴ける装置も設置されています。
    映画にもなった「出口のない海」の主人公は大学野球のピッチャーでした。
    回天記念館の休館日は水曜日です。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。