プロが語る国際政治・経済・金融の最前線!

The Gucci Post [国際政治・経済・金融 × プロフェッショナル]

2013/01/31 15:37  | 音楽 |  コメント(6)

コルネリア・ヘルマン リサイタル


今回はこちらがちょっと驚いてしまうような売れ行きでご用意した席があっという間に!!
完売してしまいました。

いいものはわかって頂けるなー、と改めて自信を持ちましたよ。
値段も手ごろなんでしょうかね。でもこれは本当にお買い得!

おすすめでした・・・・・

これではあまりにも残念なので本日21時より追加販売致します。
もちろん通常販売では出てこないような大変良い席です。

ただし!!

先に販売したチケットもそうなんですが、ピアノの場合、指使いがみたいということで正面に向いて左側の席がよい席だ、
と一般的にはされるのですが、今回追加されるのは右側の席、つまり指使いは見えません。

じゃ、それはどういうことになるかというと、指使いが見えない分、本当の演奏した音に集中できることを意味します。
朝日ホールはそれほど差がないような気はしますが、音響的には向かって右側の方が良かったりもするのです。
ですから、我々のように実際にピアノを弾いて、ヘルマンのテクニックを盗んでやるぞ!!

みたいな疲れることはどうでもよくて、とにかくいい音楽をゆったり聞きたいという方にはこの席はお勧めです。
実際寝てもいいんです。演奏家によってはお客様がリラックスして寝込んでしまうと、おれの演奏がうまいからだ、
と自慢しているくらいですから。ご心配いりませんよ。是非リラックスして寝てみましょう!

そういうことで、生演奏のピアノで睡眠をとるのが頭を休めるのにたいそう効果があるなんて論文まであるのですから、
ここは是非、ゆっくりお聴きになりたい方はお勧めの席なのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、演奏内容にについては詳しくは加納先生が書いてくださると思いますが、

一番新しくリリースした バッハのフランス組曲は本当に聞き物です。

バッハは彼女の原点なんだそうですが、彼女のすごさはやはりその徹底的に訓練された鍵盤テクニックにあります。

モーツァルト、ショパンももちろん大変難しいのです。
しかし、音を粒のようにきれいに並べる・・・・という点ではバッハに勝る難しさはありません。

特別なテクニック、強弱による装飾、スピードコントロールによるドラマチックな盛り上げ・・・というようなテクニックが
一切通じず、淡々と音を積み上げていかねばならないのです。

当然技術が未熟な人がこれをやると聞くに堪えないものになりまして、音の粒を淡々と一切の乱れなく、何十分も並べ続けなければならない・・・

それはまさにフィギュアスケートの規定演技のような難しさ、でありまして、下手な奴は本当に下手です。

何せ曲調がダイナミックだったり、ドラマチックだったりするインパクトがある訳ではないので、これはもう完全にピアニストの音そのもので勝負をする直球な訳であります。

その意味で、久々にバッハを安心して聞かせる若手が出てきた、という感じでしょうか。
たまたまお母様が日本人、というのもありまして、繊細なタッチが出てくるのはそのあたりにも影響しているはずです。

前にもご紹介しましたように、当日はこのバッハ フランス組曲のほかに、シューベルトあり、ベートーヴェンあり(しかもあの悲愴ですぜ!)の多彩なプログラムなので、これはもう十分に楽しんで頂けること請け合いでありますぞ。

グッチーポストの有料コンテンツをお読み頂くにはご登録のお手続きが必要です。
既にお手続き済みの方はこちらからログインしてください。

お申込みについてはこちらをご参照ください。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

6 comments on “コルネリア・ヘルマン リサイタル
  1. 西部 より:
    今までの成果

    今まで外れが無かったから
    皆さん期待して購入しているですよ
    ここに書き込みのする方は音楽、ワイン
    良くご存知ですね。自分の勉強不足が良く判ります
    しかし円安良く続きますね・・
    ユーロの首脳は臭い物に蓋したようですし

  2. ペルドン より:
    彼女の写真を見た途端・・

    分かったぜ・・
    ぐっちー・・
    プロモート―よりも・・
    しおらしく・・
    彼女の側・・
    譜めくり・・
    したいんだって・・
    特等席だよな・・
    でも・・
    最近・・流行っていない・・譜めくり・・

    tUBE・・拝見・・
    指の流麗さも・・
    さりながら・・
    腕のしなり・・
    理知的で・・徒っぽい・・表情・・
    ミューズに・・溶けた顔・・姿・・

    ドケヨ・・
    と僕なら・・
    譜めくり・・
    ぐっちーでも・・
    突落すな・・・(笑)

  3. ken より:
    調子に乗ると

    ヘルマンさんのピアノ聞いて見たかったですね。

    さて、教育現場で今何が起きているかというと、こういうことのようである。

    【桜宮高の体罰問題が発覚して以降、「小中学校の生徒が調子に乗って(何かあったら)『体罰だ』『体罰だ』と言っており、クラス運営で先生が相当悩んでいる」とも指摘。】

    これは橋下市長の発言の一部である。市長が過激な発言をして、付和雷同のマスコミが大騒ぎすると、結局こういうことになるのだ。生徒に限らずモン・ペなんか勢いを増していることだろう。先生はどう対処していいか悩んで、自信喪失状態でないか。毅然とした対応が取れなくなって、ますます学校が収集つかなくなってくる。困ったものだ。

  4. パードゥン より:
    おのおの方、ご油断めさるな

     グーッチも美人に囲まれ幸わせムード、日本も春の薄日が差してきた感じでノンビリとした雰囲気ですが、中期見通しが良いとのご宣託ですので期待していますが、このまま素直に浮上か、それとも春の嵐があってから浮上なのか?

     リーマン・ショックの塩漬け負債は、どういう状況で吐き出される事になりますか?  人力さんも色々議論をブログで展開されていますが、もう少し景気が良くなってからですか?  日経が日本唯一の経済紙では比較意見がないし、新聞は文系の人が多いのか数値情報が少ないので判断に困ります。 グッチ・ポスト頑張って。  

  5. dowahaha より:
    みなさん苦労されてますなw

    グッチー氏が女性路線のお題ばかりで、なんとか本筋へ戻そうとされておりますですな。

    では、小生は少しドキリとしてもらいますか

    例の埼玉の事件ですわ・・・

    仲間内ではいろいろご存知でしょうが、元々噂のあった人物でしたな。

    損をした逆恨みで、などと伝わってますが、そんな単純な事件ではなさそうですぜ。

    ご用心を・・・

  6. 只野主任 より:
    奏者固有の音

    グルダのチェンバロのようなタッチ、デュシャーブルのポリー二とはまた違う硬質な音、ラローチャの輝かしい音、アラウの深々とした美音、他アックス、ピリス、内田光子などイントロ当てクイズに出したい様な個性的な音は天性もあるでしょうが、奏法、ピアノブランドでのぐっちーの解説聞いてみたいですね。私は一耳でわかるあまり透明感のない味付けの濃いゲテモノ系(ロシアが多い?)の音も好きですが。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。