プロが語る世界情勢・政治・経済金融の最前線!

The Gucci Post [世界情勢・政治・経済金融 × プロフェッショナル]

2021/05/24 00:00  | 今週の動き |  コメント(0)

今週の動き(5/23~29) 米韓首脳会談、イスラエルとハマスの停戦、米国の中国対抗法案、EU・中国の包括的投資協定の審議停止


ガッキー・星野源の「逃げ恥」婚ショック、Saltさんがマーケットへの影響を心配していましたが、株式市場は動揺しなかったようですね(仮想通貨には影響が出たようですが)。

石原さとみさんのときの東証ショックについては私も書いていました。果たして次は、どなたのおめでたい発表がショック要因になるのか・・。

***********
先週の動き
***********

5/16(日)
・ブリンケン国務長官がデンマーク、アイスランド、デンマーク領グリーンランドを訪問
・米・カタール、エジプト、サウジ、フランス、パキスタン外相電話会談
・イスラエルがガザを空爆、ハマスがイスラエルをロケット弾で攻撃(~20日まで継続)
・国連安保理がパレスチナ情勢に関する公開会合(NY)

5/17(月)
・米・イスラエル首脳電話会談(バイデン大統領が停戦への支持を表明)
・バイデン大統領が米国で生産した新型コロナウイルスワクチン2000万回分を6月末までに輸出すると表明
・米国とEUが鉄鋼・アルミの追加関税の解決に向けた交渉の開始を発表
・バイデン大統領夫妻の納税申告書が公表(課税所得は61万ドル)
・香港の裁判所が香港紙・蘋果日報(アップル・デイリー)創業者の黎智英(ジミー・ライ)氏ら9人に無許可集会組織罪で有罪判決
・世界経済フォーラム(WEF)が8月にシンガポールで予定していた年次総会(ダボス会議)の中止を発表

5/18(火)
・バイデン大統領がミシガン州のフォードのEV工場を視察
・バイデン政権がコロニアル・パイプラインへのサイバー攻撃を受け、米雇用計画におけるサイバーセキュリティー対策の詳細を発表
・米財務省が中国軍関連企業への投資禁止措置の実施時期を5月27日から6月11日に延期
・米共和党のカピート上院議員率いる共和党議員団がブティジェッジ運輸長官とレモンド商務長官とインフラ計画について協議
・米上院の民主党のシューマー院内総務が「米国イノベーション・競争法案」を上院本会議に提出
・ペローシ下院議長が22年の北京冬季五輪について選手団以外の外交使節の参加を見送る「外交ボイコット」をすべきと発言
・NY州の司法長官事務所がトランプ・オーガニゼーションについて刑事捜査を開始したと発表
・エジプトがハマスに5月20日午前6時からの停戦を提案し、ハマスが同意したとイスラエルのメディアが報道
・国連安保理がパレスチナ情勢に関する公開会合(NY)
・IEAが2050年までに温暖化ガスの排出量をネットゼロにするためのロードマップを公表

5/19(水)
・米・イスラエル首脳電話会談
・北極評議会の閣僚会合(レイキャビク、~20日)
・米ロ外相会談(同)
・米国務省がノルドストリーム2に関する制裁について事業会社とCEOへの制裁の見送りを公表
・米下院が連邦議会議事堂襲撃事件の独立調査委員会を設置する法案を可決
・テキサス州で人工妊娠中絶を禁止する法律が成立
・イラン核合意の当事国会合(ウィーン)

5/20(木)
・米・イスラエル首脳電話会談
・米・エジプト首脳電話会談
・バイデン大統領が気候変動の金融リスクへの政府の対応に関する大統領令に署名
・米財務省が国際的な法人税の下限税率を15%とする案をOECDに伝えたと発表
・米国でアジア系住民へのヘイトクライム対策を強化する法律が成立
・イスラエルがエジプトの仲介によるハマスとの停戦を受け入れるとの声明を発表
・欧州議会がEUと中国の包括的投資協定(CAI)の承認に向けた審議を停止する決議を可決
・G7気候・環境相会合(オンライン、~21日)
・国際戦略研究所(IISS)が6月にシンガポールで予定していたアジア安全保障会議(シャングリラ会合)の中止を発表
・日経アジアの未来(〜21日)

5/21(金)
・米韓首脳会談(ワシントンDC)
・ブリンケン国務長官とパレスチナ自治政府のアッバス議長が電話会談
・バイデン政権が「米国雇用計画」の規模を1.7兆ドルに縮小し、共和党に再提案しているとサキ大統領報道官が発言
・中国とフィリピンの2国間対話メカニズム会合(オンライン)
・欧州委員会とイタリアの共催のグローバル・ヘルス・サミット(ローマ)
・EU財務相会合(ポルト、~22日)

5/22(土)
・米上院環境・公共事業委員会が3,305億ドルのインフラ法案を発表

●米韓首脳会談

バイデン大統領が韓国の文在寅大統領とホワイトハウスで会談しました。バイデンが外国首脳をホワイトハウスに迎え入れるのは、首相に続く2人目です。

両首脳は、共同記者会見で、70年にわたる同盟関係の強固さをアピール。文在寅は、朝鮮戦争に参加した退役軍人(94歳)に名誉勲章を贈る式典にも参加しました。また、商務省で開催された官民合同会議に参加し、韓国の主要企業が400億ドル規模の投資を米国で実行すると発表しています。

バイデンは北朝鮮担当特使にソン・キム東アジア・太平洋担当国務次官補代行を起用すると発表。また、韓国軍55万人に新型コロナウイルスワクチンを提供すると表明。さらに米国でのK-POP人気や韓国人のアカデミー賞の受賞も讃えていました。

今回の会談についてとりあえずのコメントを述べます(※メルマガに限定)。

●イスラエルとハマスの停戦

イスラエルとハマスが停戦で合意しました。ガザでの戦闘は12日間で終了したことになります。以下の記事で、停戦は「今週中に」実現する(2週間以内に終わる)と述べましたが、そのとおりの結果になりました。

「イスラエルとハマスの戦闘」(5/18)
 
停戦合意は維持され、ガザには人道支援物資が到着しています。今回の停戦の意義について解説します(※メルマガに限定)。

●米国の中国対抗法案

民主党のシューマー上院院内総務が中国に関する包括的な法案である「米国イノベーション・競争法案」の詳細を発表しました。以下の記事で述べたとおりの展開であり、ポイントはすでに述べたとおりですが、最新の状況をアップデートします(※メルマガに限定)。

「米国の中国対抗法案」(4/29)
 
●EU・中国の包括的投資協定の審議停止

欧州議会がEUと中国の包括的投資協定(CAI)の承認に向けた審議を停止する決議を可決しました。中国が3月に欧州議員や政府関係者に科した制裁を解除するまで再開しないとしています。コメントを述べます(※メルマガに限定)。

***********
今週の動き
***********

(※メルマガに限定)

***********
あとがき
***********

「ベルセルク」作者の三浦建太郎さん死去、54歳 世界中から悲しみの声(5月21日付AFP)

BBCやCNNでも報じられ、ツイッターでも世界の人々が追悼のメッセージを寄せていました。ファイナルファンタジー14では、ダークナイト(ガッツのような剣士)のジョブのプレイヤーたちが集まり、葬送の列を作ったそうです。

これほどまでに広く世界で評価された作品だったのですね。私が『ベルセルク』を初めて読んだのは大学生の頃、ちょうどTVアニメにもなったときでした。20年以上前のことですが、当時の衝撃は今でも鮮明におぼえています。どういうイマジネーションがあればこんなものを描けるのかと思ったものです。

さらに驚くべきは、この作品がスタートしたのが、私が読み始めるさらに10年前、今から30年以上も前だったことですね。ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』を見たときも打ちのめされましたが、これは『ベルセルク』に通じる感動だったのかも、そうだとして、それを30年前にたった1人で作り上げるなんて、どれだけの才能なのかと思います。

連載が長期化し、休載が多かったことで、私もタイムリーについていくことができなくなり、完結したときに一気に読もうと思っていました。それがこんな結果になろうとは。一大叙事詩のような作品が未完に終わったことが本当に惜しまれます。それでも世界中の読者の心には、私が感じたような衝撃がいつまでも残ることでしょう。ご冥福をお祈りします。

メルマガ「世界情勢ブリーフィング」を購読するためにはご登録のお手続きが必要です。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。