ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2017/10/31 05:00  | 中国 |  コメント(3)

習近平体制2期目(1):「皇帝」の誕生

先週、中国最大の政治イベント、5年に一度の共産党大会が閉幕しました。

あらためて新常務委員を書いておきます。

1 習近平(Xi Jinping) 総書記(64)
2 李克強(Li Keqiang) 首相(62)
3 栗戦書(Li Zhanshu) 党中央弁公庁主任(67)
4 汪洋(Wang Yang) 副首相(62)
5 王滬寧(Wang Huning) 党中央政策研究室主任(62)
6 趙楽際(Zhao Leji) 党組織部長(60)
7 韓正(Han Zheng) 上海市党委書記(63)

「速報」でも述べたとおり、私の予想と異なった点は、王滬寧と趙楽際でした。ただ、この2人はダークホースに入れていたので、予想の範囲内におさまっていました。したがって、党大会前に述べたポイントから大きく異なるところはありません。

「中国共産党大会と習近平体制2期目の展望」

今回は、党大会の結果が出たことをふまえ、習近平2期目体制について、より踏み込んだ私なりの見方を示したいと思います。キーワードは、現代によみがえる「皇帝」と「中華」です。

※ここから先はメルマガで解説します。アウトラインは以下のとおりです。

***********
習近平体制2期目(1):「皇帝」の誕生
***********

●現代の「皇帝」の出現
●新たなる「中華」世界構築

***********
あとがき
***********

昨晩、トランプ陣営の元選対部長のポール・マナフォートが起訴されたというブレイキング・ニュースが飛び込んできました。

状況が分かり次第コメントしたいと思いますが、とりあえずマナフォートとロシアゲートについては以下の記事をご確認ください。

「クレムリンゲート問題の拡大」(3/7)
「ロシアゲートとトランプ弾劾の行方」(8/8)

メルマガ「世界情勢ブリーフィング」をお読み頂くにはご登録のお手続きが必要です。
既にお手続き済みの方はこちらから今月の配信済みメルマガの確認と再送信が行えます(ログインが必要です)。

お申込みについてはこちらをご参照ください。

3 comments on “習近平体制2期目(1):「皇帝」の誕生
  1. ペルドン より:
    皇帝と中華

    妥当な分析・・
    次回も楽しみ・・

    ただ・・辛口神託吟味としては・・
    穴馬二名が当たったのは・・見事だけれど・・
    その場合・・
    弾き出される二名も神託しておけば・・パーフェクトだった・・・
    ( ^ω^)・・・(笑

  2. マヨルカ より:
    昨夜のbreaking news

    あとがきで書かれていた昨夜のbreaking newsは、わたしも気になっています(国内メディアも日経が速報メールを流していましたね)。何にどれくらいのインパクトがあるのでしょうか。解説を楽しみにしております。

  3. ペルドン より:
    王岐山人事

    王岐山氏、来年国家副主席に就任か=香港紙

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。