プロが語る世界情勢・政治・経済金融の最前線!

The Gucci Post [世界情勢・政治・経済金融 × プロフェッショナル]

2021/10/08 18:00  | 編集部 |  コメント(0)

メルマガ「経済ZAP!!」のご案内


編集部の磯部です。
昨晩は、関東地方を中心に非常に強い地震が起きましたが、皆さまのお住いの地域は被害など大丈夫でしょうか?

さて、今回はSaltさんのメルマガ「経済ZAP!!」のご紹介です。

Saltさんは、これまで国内や欧米の金融機関を経て、独立後も金融マーケットに向き合っておられてきた方です。

Saltさんと同じく欧米の金融機関にいらっしゃった、ぐっちーさんとは出会ってすぐに意気投合、様々な仕事をご一緒するだけでなく、ワインや様々な美味しいものを食べたり飲んだりと、お付き合いは多岐に亘りました。

ぐっちーさんが逝去されたことで「週刊ぐっちーさんの経済ZAP!!」は休止いたしましたが、こうしたご縁から、執筆を引き継いでいただくことに。2019年12月から「グッチーポストの経済ZAP!!」がスタートしました。

メルマガ経済ZAP!!は、毎週月曜朝に配信しており、次回発行のメルマガで、記念すべき第100回を迎えます。

主に、米国の経済統計を中心に、マーケットや景気に与える影響などを含めて分析・発信されているメルマガです。

私などは毎週の定点観測から伝わる米国の「コロナからの経済・景気回復の足取り」は大変興味深く、また読み応えがあると感じています。

例えば今であれば、私もそうですが、読者の方の大半は、インフレを身をもって経験したことがないかと思います。しかし、経済統計から「インフレの足音」や、「インフレの可能性」がリアルに伝わってきます。

このように、知識と実体経済がリンクする部分や、マーケットのモメンタムとのズレなど、その時々で味わう、旬の面白さが満載です。

メルマガの詳しい内容は、ブログ記事「メルマガ『グッチーポストの経済ZAP!!』のご紹介」に掲載しておりますが、

ここではメルマガの基本構成をお伝えします。

先週のマーケット
 主要指標や日銀の週間動向、国内マーケットのトピックもピックアップしています。

先週の米国経済統計(結果)
 先週発表された米国経済統計の結果が確認できます。

経済統計分析
 このメルマガのメインコンテンツ。今の米国経済を掘り下げておられます。
 特に注目される経済統計、金融政策、市場動向を公表データを基に分析していきます。

今週の米国経済統計(予想)
 次週の米国経済イベントを市場予想とともに網羅しています。

あとがき
 グルメから社会問題、時には政治ネタまで幅広く徒然なるままに・・・

この基本構成に沿って、具体的にどのようなことが書いてあるかについては、上記メルマガご紹介のリンクでサンプルを見ることができますので、ぜひご覧ください。

なお、上記「経済統計分析」でこれまで取り上げている指標は以下のようなものがあります。

・消費関連指標(小売売上高、消費支出、消費者物価など)
・住宅関連指標(着工、販売、住宅価格など)
・雇用関連指標(雇用統計、求人数、失業保険申請など)

米国の統計といえば、やはり、雇用統計や小売売上などがメジャーどころですが、特にコロナ後は住宅関連指標や製造・非製造業の毎月のレポートなども抑えてくことで、より正しく米国経済の実態がつかめる、ということに改めて気づかされます。

初めは随分マニアックな話だな・・、と思ったものですが(笑、失礼!)これも読み続けていくとなかなか味わい深い。

日本の経済統計はここまで実態にリンクした鮮度の高いデータが配信されることは少なく、Saltさんのメルマガのように、米国の経済統計を定点観測しながらの分析は、実体経済の動向を掴むうえでも最適です。

また、Saltさんはこれまでもまた現在も、金融マーケットの最前線でお仕事をされていますので、国内マーケットを始め、米国以外の金融市場の「今」もタイムリーにメルマガ内で語っておられます。実務経験も豊富ですので、より踏み込んだお話もお楽しみいただけると思います。

さらに、読者の方のご質問にお答えしたり、企業決算の分析、国内のマーケット事情などにも触れられることがあり、重要なイベントが起きた場合には、臨時レポートの配信もありますのでご期待ください。

メルマガの登録をお考えの方はこちらから。

メルマガ「グッチーポストの経済ZAP!!」のご登録

緊急事態宣言をはじめとした行動制限が全面的に解除され、ビジネスや小旅行などで人々が動き出している様子です。

とても過ごしやすいこの季節、引き続きご体調にはご留意いただき、素敵な秋をお過ごしください。

メルマガの申し込みにはご登録のお手続きが必要です。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。