ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2019/09/29 10:28  | お知らせ |  コメント(164)

ぐっちー編集長こと山口正洋氏、逝去

去る9月24日17時40分、ぐっちー編集長こと山口正洋氏が逝去されました。
享年59歳、死因は食道癌でした。
葬儀は29日にご家族のみでしめやかに執り行われました。本人及びご家族の希望により皆様には逝去後すぐにお伝えすることができなかったことをここにお詫び申し上げます。

経済講演会後体調を崩し入退院を繰り返していましたが、メルマガを休載することなく病床でも執筆を続けておりました。しかしながら19日締切りだった雑誌アエラの連載と21日締切りの東洋経済オンラインの記事が絶筆となり、日曜22日締め切りのメルマガ原稿はドクターストップがかかり、執筆することはできませんでした。

これまでぐっちー編集長のブログ、メルマガをご愛読いただいた読者の皆様、経済講演会に足をお運びいただいた皆様、こだわりの通販をご購入いただいた皆様、その他グッチーポストにご支援いただきましたすべての皆様に、今一度御礼と感謝を申し上げます。

なお、前橋伸哉氏の有料ブログ「クロコダイル通信」、JD氏の有料メルマガ「世界情勢ブリーフィング」については引き続きグッチーポストにて購読、配信されますので引き続きご愛顧願えれば幸いです。

グッチーポスト編集部

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。
尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

164 comments on “ぐっちー編集長こと山口正洋氏、逝去
  1. わい より:
    ありがとう

    グッチーさん、リーマンショック前からブログ、メルマガお世話なりました。
    グッチー節が聞けなくなるなんて…あまりにも早すぎる。
    どうか安らかに…

  2. sato より:
    衝撃です

    社会の潮流に巻き込まれることなく真の社会を見ていらした唯一の方だったので、あまりにも衝撃的過ぎます。この若さで食道癌とは・・。
    お悔やみ申し上げます。

  3. ピン之介 より:
    ありがとう

    グッチーさんご逝去の知らせを読んだとき、本当に驚きました。

    グッチーさんの中立かつ深い経済分析は、リーマンショックの前頃から、私にとってたいへん大切な羅針盤でした。

    本当にありがとうございました。

    安らかにお眠りください。

  4. MK より:
    今までありがとうございました

    まさか私の母と同じ享年で、同じ食道癌とは・・・
    闘病生活はさぞおつらかったでしょう
    どうか安らかにおやすみください
    ご冥福をお祈りいたします

  5. tskamok より:
    ありがとうございました

    20年以上お世話になりました。「本質を自ら知る」ことを学びました。突然の訃報に言葉もありません。心からお悔やみ申し上げます。

  6. 秋夜 より:
    神様は不平等だ。

    まだ1年ほどしかメルマガを購読してない者ですがメルマガを読んで思わず声をあげました。

    あまりにも早いしあまりにも若い。

    神様はなぜ不公平なのか。

    まだまだぐっちーさんからたくさんの知見を教えていただきたかったです。これからももっと活躍していただきたかったのですが。非常に残念です。

    ご冥福をお祈りいたします。

  7. より:
    ありがとうございました。

    本当にありがとうございました。
    ご冥福をお祈りいたします。
    スタッフの皆様もありがとうございました。

  8. 有賀 より:
    早すぎです。

    早すぎです。。
    今までありがとうございました。
    ご冥福をお祈りいたします。

  9. piranha より:
    残念です

    ひと足早く「溜池通信」で訃報を知ったのですが、いまだに信じられません。家族や自分の病気で今まで一度も講演会に足を運ぶことができなかったことがいまだに悔やまれます。
    ホルダーにある数多くのメルマガを読み返し、今まで教えていただいたことをもう一度頭に叩き込んでおこうと思っています。

    どうか安らかにお眠りください。

  10. HM より:
    本当にありがとうございました。

    社会人になってからぐっちーさんのメルマガにはお世話になりっぱなしでした。
    ぐっちーさんのおかげで、大手メディアのノイズに振らされることなく、常に本質を見る癖をつけることができました。
    メルマガが復刊するのを楽しみにしていたため、突然の訃報に接したことは残念でなりません。
    御冥福をお祈り致します。

  11. やまさん より:
    ご愁傷様です。

    2005年からブログ、メールマガジンでお世話になりました。また、2013年には東広島でお会いし、著書にサインもいただき握手していただいたのが忘れられません。他にも広島カープ応援で野球観戦にも2回招待いただき、色々としてもらってばかりだったと思ってます。
    何か目に見える形で恩返ししたいと思っていたのですが、残念です、、、。直接お会いしたのは、去年の11月の上での講演会ですので、もう少しいろいろお話などお聞きすればよかったと思っております。
    お悔やみ申し上げます。

  12. haru より:
    ご冥福をお祈り致します

    出来の悪い一読者ですが、ブログ、メルマガ、書籍等、出来が悪いなりにも
    いろんな気づきや刺激を受けました。有難うございました。
    心よりご冥福をお祈り致します。

  13. でろり餡 より:
    泣きそうです

    本当に今までありがとうございました。
    突然の訃報を聞き泣きそうです。
    心からご冥福をお祈りいたします。

  14. ペップ より:
    ありがとうございました

    初めて参加させていただいた先日の講演会を思い出し感慨ふけっております。
    ブログを通してですが、経済だけでなく多くのことを学ばさせていただきました。心からありがとうございました。
    ご冥福をお祈り申し上げます。

  15. oda_susi より:
    ご冥福をお祈り致します

    今まで、世界のマクロ経済金融に限らず、数々の貴重な情報や考え方を提供して頂き、ありがとうございました。

    ご冥福をお祈り致します。

  16. なかのゆ より:
    本当にありがとうございました

    ぐっちーさん

    本当に、本当にありがとうございました。
    物の見かた、考えかた
    本当に、本当に好きでした。

    失ったものが大きすぎて
    今は
    船長のいなくなった船に乗っている船員のように
    ただ漠然とした大きな不安だけが、悲しみだけが
    心を占めています。

    でもいままでぐっちーさんが示してくれた、教えてくれたものを
    大切にして
    未来に向かいます。
    少しでも人の役に立てるようにがんばります。

    安らかにお休みください
    本当にありがとうございました。

  17. いまむう より:
    本当にありがとうございました。

    突然の訃報に驚いております。
    グッチーさんの事を、本当の経済分析を教えてもらった恩人だと勝手に思っておりました。

    ぐっちーさんが常々仰っていた事を実践し、マスメディアに踊らされない、本当の羅針盤を携える事が、恩返しになると考えます。

    本当にありがとうございました。
    安らかにお眠りください。

  18. ナガティー より:
    ありがとうございました。

    10年以上メルマガを購読させていただきマクロ経済の見方を教えていただきました。ワインや演奏会も楽しませていただきました。亡くなるにはあまりにもお若くまだご自身精力的だったため残念でなりません。大変寂しく思っております、安らかにお眠りくださりますよう心からお悔やみ申し上げます。

  19. kn より:
    59歳って・・・

    人生100年時代といわれているさなかに、59歳で亡くなるなんて空気を読まないにもほどがあります。早く生まれ変わってきてください。

  20. しゅんすけ より:
    グッチーさん。ありがとうございました。

    突然の訃報、残念でありません。
    講演会などで直接お会いすることはありませんでしたが、2013年よりメルマガ毎週読んでました。いつもの定点観測とコメントが突然なくなるとは。。
    お悔やみ申し上げます。ありがとうございました。

  21. レッスルマニア より:
    早すぎますよ

    ご家族の方々には、謹んでお悔やみ申し上げます。

    メルマガを購読し出して1年足らず、来年は講演会にも行こうかと思っていたのに、早すぎる訃報に衝撃を受けております。今は、ゆっくりお休み下さいとしか申し上げられません。

    あと、編集部の皆様には、フライングな投稿をしてしまい、ご迷惑をおかけしたことを、お詫びいたします。言い訳になりますが、これは吉崎達彦先生がフライングしたせいです。かんべえ先生の大誤報なら良かったんですけどね。

  22. 宮本農業 より:
    ありがとうございました

    憧れのぐっちーさんに、お仕事をご一緒して頂けましたこと、いまだに信じられません。一生の宝物です。
    こんなに慕われるお人柄なのに何故早く旅立たれるのか、本当に言葉がありません。どうぞ安らかにお眠りください。本当にありがとうございました。

  23. kazoo より:
    残念です

    ぐっちーさん

    あのメルマガを二度と読めないことがわかって
    とても残念です。

    ぐっちーさんのように経済や金融の世界の本質を
    わかりやすく解説してくださる方にはしばらく会えないと思います。

    ぐっちーさん自身が無念だとは思いますが
    今は安らかにお休みくださいとしか言えません。

    今まで本当にありがとうございました。

  24. りこママ より:
    かっこ良かったゾ~

    豪快で、男気があって、女性はもちろん、男性も惚れる、そんなぐっちーさんとお知り合いになれて、幸せです。
    娘に、ぐっちーさんに会えたらなんて言う?と問われ
    「わたしも、がんばる!」と伝えたいと答えました。
    娘を授かってすぐ出会ったぐっちーさん、生き様として、背中を見せながら、たくさんのことをほんとうに多くの人に教えてくれました。そして、子供が大好きで、ぐっちーさんを見ると、娘もいつも抱きつきに行っていたぐっちーさんでした。

    ほんとうに、カッコよかった!

    これから先、ぐっちーさん以上の人に出会えるとは思いませんが、
    これからも精進して、ぐっちーさんが伝えたかったことを少しでも実践して生きていきたいと思います。

  25. masasan より:
    巨星墜つ…

    訃報をメールで拝見し愕然としました。
    リーマンショックの2年ほど前から、ブログを拝見しており、ご慧眼にしばしば感服しておりました。

    あまりのお忙しさと、お酒が大好きなようで、休載とうかがい心配しておりましたが…

    最期まで全力で走り抜けた人生だったと拝察します。
    同年の者として、私も全力で走りつづけようと思います。

    お疲れ様でした。

  26. 笹原 より:
    お悔やみ申し上げます

    メールを見て、唖然としました。。。
    2010年4月からメルマガを購読していました。マクロ経済の指標にしていました。

    ぐっちーさん、安らかにお眠りください。
    ご家族の方々には謹んでお悔やみ申し上げます。

  27. china より:
    別れの言葉

    余りにも早すぎるご逝去、衝撃を受けると共に深い悲しみを感じております。生前何度かお話をさせて頂く機会があり、ここ一年は特に「人生やりきった」という趣旨のことを良くおっしゃっていました。とても濃く刺激的な人生をまさに全力で駆け抜けられたかのような生きざまでしたね。その意味でもとても稀有なお方でありました。

    gooブログの頃からの愛読者としてはぐっちーさんの存在は余りにも大きく、訃報を聞いた時は心にぽっかりと穴があいたような気持ちになりました。でもあちらには生前可愛がっておられた猫ちゃん達が待ってくれているでしょうから、煩わしい人間関係から早々に解放され天国へ旅立たれたことは、ある意味ご本人にとって幸せなことであったようにも思います。

    月並みな台詞ですが、私達が覚えている限りぐっちーさんは私達の心の中に生き続けるのだろうと思います。私達に出来ることは、彼の偉業を記憶に留め置くこと、そしてグッチーイズムを引き継ぎ、晩年特に力を入れていらっしゃった地方再生と志ある人々の支援、これに対し何が出来るかを考え続ける事なのかなと思います。

    ぐっちーさん、長い間ありがとうございました。そして、お疲れ様でした。
    その魂が安息を得られますよう、この地より祈っております。
    さようなら。

  28. Kazoo より:
    早すぎるよ…

    メールを見て思わず声をあげました、「ウソだろ!」って。ずっと癌と戦ってたんですね。まだまだご活躍して頂きたかった…。本当に残念です。ご冥福をお祈りします。

  29. マキアヴェッリ先生 より:
    ただただ残念です。

    何度か会食をさせていただき、プロジェクトで支援もいただきました。
    毎週のメルマガや書籍を通じて、ぐっちーさんの知見、そして、人柄に触れさせていただきました。
    地域活性化に大切なことをたくさん教わったので、その教えを胸に、これからも精進しますので、見守ってください。
    御冥福をお祈りします。

  30. Kat より:
    ありがとうございました

    ブログ時代からメルマガまでずっと拝読させて頂き、多くのことを学ばせて頂きました。
    これまで本当にありがとうございました。
    心よりご冥福をお祈りいたします。

  31. X Shoichi より:
    ありがとうございました。

    リーマンショック後に正しい経済情報を探していたときに、ぐっちーさんに出会いました。
    ぐっちーさんには、経済情報のみならず美味しいものをたくさん教えて頂きました。

    ご冥福をお祈りいたします。
    本当にありがとうございました。

  32. いちろう より:
    御冥福をお祈りします

    経済面のみならず多くの指針を授けて頂き感謝しかありません。

    ぐっちーさんがいなければテキサスのシェール油田やストックホルムのSSTには行きませんでした。

    本当に悲しいです。

  33. アルゴリズム より:
    RIP

    ぐっちーさん、私は、喪失感でぽっかり穴が開いてしまったようです。泣きながら書いています。

    本業のIT以外にも見聞を深めようと、Mag2の頃からずっと拝読して参りました。経済のみならず、AIに関しても著書を出され、ぐっちーさんのご活躍された領域の幅広さに大変感銘を受けました。

    正しきことを正しく見抜き正しく言う、貫かれるぐっちーさんのアルゴリズムにいつも励まされていました。

    6月、早稲田でお会いした際、教えていただいたワインのこと、そして頂いたワインリスト、宝物にします。

    長い間、たくさん、たくさん、教えてくださり本当に有難うございました。

    どうぞ安らかに。

  34. 森くま次郎の飼い主 より:
    謹んでお悔やみ申し上げます

    突然の訃報に驚いています。
    毎週のメルマガ楽しみにしていました。
    まだまだやり残した事も有るでしょうに非常に残念に思います。

    心からご冥福をお祈りいたします。

  35. 早川 より:
    ありがとうございました

    ブログ時代から十数年間、金融に携わる者として、アナリストレポートや日経金融には書かれない毒饅頭の本質など、得難いモノの見方を教えていただきました。
    金融から事業会社に移った現在でも、毎週楽しみに、頼りにしていました。
    今すごく不安ですが、データと裏側見ろよ。とグッチーさんに教わったことを忘れずに、自分なりの見通しを持って、出来れば世の役に立つように生きたいと思います。
    本当にありがとうございました。

  36. Shigesho3 より:
    残念です。

    グッチーさん、心より御冥福をお祈りします。
    とても残念です。まだまだグッチーさんのメルマガ読みたかったのに。同い年でグッチーさんの経済視点凄く頼りにしていたんですが。誰を信じて良いものやら、これから漂流して何処に辿り着いてしまうのだろう。
    これまでありがとうございました。

  37. 子持ち より:
    ありがとうございました

    ただただ残念です。
    これからの社会に、とても大切な方でした。
    グッチーさんから教えて頂いた事、決して忘れることなく、これからに活かし、拡げていきます。
    どうぞ安らかにお休みください。

  38. 上沢央 より:
    ありがとうございました

    メルマガで訃報を知り、しばし呆然としました。
    メルマガ読者として、三年間、大変有意義に勉強させていただきました。
    ありがとうございました。
    ご冥福をお祈りいたします。

  39. ぐっちーさんのファンの一人です より:
    ぐっちーさん、ありがとうございました

    ぐっちーさんのメルマガを読んでなかったら、知らなかったことが、いっぱいありました。本当に沢山の学びをありがとうございました。
    ぐっちーさんの、動物たちに対する愛情や地方再生への提言にも、尊敬の一言しか浮かびません。
    どうか、向こうの世界に行かれても、美味しいワインを飲みながら、読者の皆を見守っえくれるといいな、とか思っちゃいしました。
    安らかにお休みください。
    ありがとうございました!

  40. タケツグ より:
    本当に残念です

    今まで長年このブログを拝読しておりました。

    あまりに驚き衝撃をうけました。。。

    本当に、本当に残念です。。。

    どうか安らかにお休みくださいませ

  41. ユリアヌス より:
    お疲れ様でした。

    病と闘いながらの活動であった事、敬服いたします。
    しまさん始め、先に逝かれた方々の所に行ければと願っております。

  42. ぽこ より:
    悲しいです

    メルマガ長年愛読していました。深い悲しみの中にいます。
    教えていただいたことを心に、私なりにすこしでも社会に役立つことをなしていきたいです。ありがとうございました。

  43. OnsidekickRecover より:
    残念です

    内視鏡屋としては、毎年検診を受けてらっしゃるとのとこでしたのに、なぜ?という気がしてなりません。
    病気ですから仕方がないのですが、なんとかならなかったのか。。。
    御冥福をお祈りいたします。

  44. 明かり より:
    お悔やみ申し上げます。

    ただただ残念の一語に尽きます。
    長いことメルマガを通じてお世話になりました。
    地域活性化に関して『仕事のないところに繁栄はない、地元の人が自分で稼ぐ、稼ぎ方を教える』ということを一貫して主張されていて、私にとって目から鱗が落ちるとはこのこと。うに、トウモロコシ、枝豆、カキ。そして紫波のバレーボール。ほんとにすごいと思います。関係の方は地元の宝を使ってしっかり稼ぐ仕組みを作り、成功を体験されたことでしょう。誰でもできることではありません。
    後藤新平は、人を残して死ぬのは上、仕事を残して死ぬのは中、金を残して死ぬのは下といったとか。ぐっちーさんは地方に仕事を作って金を稼げる人を残していったわけだから、これはもう想像を超えています。

    一緒に仕事をしていた方々、大変うらやましい。
    縁の深い人ほどお辛いでしょうが、頑張ってください。

  45. りき より:
    ご冥福お祈りいたします

    残念です、正しいことを普通に言ってくれる方が短命なのか
    私も、昨年癌の宣告をされましたが癌の種類によって
    違いがあるものです。
    ゆっくりお休みください。

  46. 三宅 修 より:
    早過ぎるよ、ゆっくりお休み下さい。

    講演会の後の飲み会で話したこと、それ行けクラッシックでも楽しい時を有り難う御座いました。
    なんか、言葉もありません。
    いろいろ教えて頂いたこと、これから実行して行きます。
    ゆっくりお休み下さい。さようなら!

  47. ガル より:
    R.I.P

    長年ブログとメルマガを楽しみに読ませていただいていました。
    メールで訃報を知った時は、思わず「嘘だろ」と叫んでしまいました。
    未熟者ではありますが、ぐっちーさんのように、常に本質を見誤らないよう精進していきたいと思います。
    今まで本当にありがとうございました。

  48. Nobody より:
    早すぎます

    天才は駆け足で人生を走り抜けてしまうのでしょうか。早すぎます。
    残されたご家族の皆様、編集部の皆様のお悲しみは言葉にできないほどのものとお察し申し上げます。

    リーマンショックの少し前からブログを拝読するようになりました。その頃、経済の基礎知識さえもなく大切な示唆を含む内容も理解できない未熟者でした。今も未熟なままですが、言葉でなく原典のデータにあたり考えるという姿勢を教えていただいたと考えております。

    ありがとうございました。

  49. 健太 より:
    残念だ

     何とも言いようがないです。無知を承知でいろいろ投稿しましたが、ありがとうございます。来年は講演会へと思っていました。
     訃報を聞いて、恐怖感を覚えました。

  50. ぼんぞ より:
    心よりご冥福をお祈り申し上げます

    私のような小市民とは違い、激動の人生を送られたことと推察いたします。
    安らかにお休みいただくことを願いつつ、ご冥福をお祈り申し上げます。

    普段SNS関係にはめったに送らない者ですが、これまでのメルマガに感謝を
    申し上げたくコメントを送信させてもらいます。

    メルマガは大変勉強になり、何よりもデータをきちんと精査して、そこから
    どこが重要か、ポイントを抜き出してお伝えいただいていたあたりは、経済
    の分析のみならず、色々な仕事に通じるものがあり、参考にさせていただき
    ました。大変ありがとうございました。

  51. 浜田川 より:
    今までありがとうございました

    ぐっちーさんのメルマガ、講演会がなければ今の私の
    経済の分析力はありません。

    ぐっちーさんには感謝の気持ちしかありません。
    本当にありがとうございました。

    ぐっちーさんから頂いた事を糧にして
    これからの人生を歩んでいきたいと思います。

  52. berfree より:
    ぐっちーさん ありがとうございました

    ご家族の方々には謹んでお悔やみ申し上げます。
    ぐっちーさん 長い間、本当にありがとうございました。
    心が締め付けられます・・・悲しいです・・・
    安らかにお休み下さい。

  53. yuna より:
    グッチーさん、ありがとうございました。

    悲しいです。
    まだ、信じられません。
    ずーっと続くと思っていました。
    グッチーさんにはたくさんの事を教えていただきました。
    その事を忘れずに生きていきます。

    グッチーさん
    向こうへ行っても辛口の論評をしてくださいね。
    そうして、ゆっくりお休みくださいませ。

    ご家族の皆様には謹んでお悔やみ申し上げます。

    合掌

  54. ちゃま より:
    ご冥福をお祈り申し上げます

    ぐっちー様

    突然の訃報に、ただ呆然としております。

    先日の講演会のやせたお姿が気になっていましたが、その後の懇親会では、楽しそうなお姿に、安心していたのに・・・

    ぐっちー様、働きすぎたのでしょうね。
    天国で、ゆっくりお休みください。

    これまで、本当にありがとうございました。

    そして、本当に悲しいです。

    さようなら、ぐっちー様

  55. もも より:
    ご冥福をお祈り申し上げます

    突然の訃報にただただ驚いています。
    有料メルマガ開始時から購読し、アメリカ経済の勉強させて頂いていました。

    人間、いつ死ぬかわからないんだな、生きているのは当たり前ではないんだなと改めて思い知らされました。

    正直、混乱していて何を書けばいいのかわかりません。
    ただ、感謝の気持ちと、安らかにお眠り下さい。

  56. ほのぞう より:
    ぐっちーさん、大変お世話になりました。

    ご冥福をお祈りいたします。
    自ら根拠を確認して、本質を見極めることの大切さを教えていただきました。
    ありがとうございました。

  57. マンドラン より:
    やはり

    9/26に、編集部から、グッチーさんが参照しているという、A.B.Cのリストが
    配信されたとき、病気休養中にしても、これが出てくるとなると、遼陽は長くなるのかな… そうだとすると酒飲みだし、脳の障害で再起不能なのか…それともと、大変違和感を覚えました。
    なるほどです。24日にすでに亡くなられていたのですね。納得です。

    リーマンショック以前から、随分お世話になりました。60歳直前での旅立ち。早すぎますが、全力で駆け抜け、日本と世界に警鐘を鳴らし続けたグッチーさんの思い、我々も全力でその一端を若い世代に伝えていきたいと思います。
    ご冥福を祈ります。

  58. あきら より:
    御冥福をお祈り申し上げます。

    6月スケジュールが合わず、秋には青森に来てもらう約束をしておりましたが、このような結果となり無理にでもスケジュール調整してればと、悔やまれます。モルガン・スタンレー時代から20年以上にわたり、様々な局面でお世話になりました。御冥福をお祈り申し上げます。

  59. シノ より:
    ありがとうございました

    サブプライムローンの頃からたくさん勉強させて頂きました。毎週のメルマガが楽しみでした。本当に残念でなりません。
    安らかにお眠りください。

  60. 南国 より:
    突然の訃報

    突然の訃報に驚いています。
    10年以上前からブログやメルマガでお世話になっていて、それが突然途絶えてしまうことに戸惑いと深い悲しみを感じております。
    これまで多くのことを教えていただきありがとうございました。

    ご冥福をお祈りします

  61. KB より:
    またいつの日か!

    ぐっちーさんの笑顔、すてきです。
    もっともっと色々お話したかったですし、たくさんの「吠え声」や「ばかやろ~!」を聞きたかったです。

    教えていただき続けた「本質を見よ」という普遍的なテーマはこれからもずっと私の教訓であり、宝です。

    ご家族の皆様や編集部の方々には謹んでお悔やみ申し上げます。
    お辛いことと思いますが、どうぞお力を落とされませんように。

    最後に。ぐっちーさん!いままでありがとうございました。また、お会いする日まで!

  62. hi-yan より:
    ショックです。

    いろいろとお世話になりました。経済、金融等だけでなく人としての生き方なんかも教えて頂いた気がします。ご冥福をお祈りします。

  63. ほいほい より:
    一人立ちします

    10年余のご教授でした。
    最近ではグッチーさんと意見・見通しが異なることも増えて来ました。
    そしてそれこそが貴殿の教えを血肉にできた証なのかなと少し嬉しく思っていました。
    あと10年はさらに深く学ばせていただけるものと、勝手に安心していました。
    突如羅針盤を失った気持ちです。
    でもお声を聞けるならば、グッチーさんはきっと、お写真のようにガシッと笑いながら
    「これを機に一人立ちしろよ!」
    と、そう仰るのだと思います。
    今まで本当にありがとうございました。
    いただいた知識はすべて血を通わせて、世に貢献して行こうと思います。

  64. のんき より:
    余りにも早過ぎます

    かんべえ先生の誤報であって欲しかったですが……本当に残念です。

    何度か直接お話もさせて頂きましたが、
    ぐっちーさんは私にとって、憧れの格好いい大人でした。

    今まで本当にいろいろとありがとうございました。

  65. 熊谷 より:
    ご冥福をお祈りします。

    「なぜ日本経済は世界最強と言われるのか」
    「日本経済ここだけの話」
    「本当は凄い日本経済入門」
    など、拝読し、感銘をうけた小職です。

    残念です。ご冥福をお祈りします。

  66. 素人投資家 より:
    早すぎるでしょ!

    メール配信見て驚きました。。。
    まだ、まだ、教えて欲しいことはたくさんあったのですが
    残念でなりません。
    59歳は、早すぎますよ。
    衝撃的すぎて、何をコメントしたらよいやら。。。
    いままでありがとうございました。
    ご冥福をお祈り申し上げます。

  67. たわ より:
    はやすぎふ

    本当に早い。
    今まで、メールマガジン読んでいたときは、未だ学生で理解できなかったたのですが、回数を重ねるにつれだんだんと理解できるようになり、最終的には毎週の配信が楽しみになり、結果的に自分の投資戦略にも大変役に立ちました。
    あまりにも早いご逝去、突然すぎて何を申し上げたらいいか分かりませんが、とは言う物の、何も言わないでおくと、ぐっちーさんの成し遂げた偉業を告げる場がないと思い、ここにコメントさせていただきました。
    長い間メールマガジンを拝読しておりました。セミナー等には参加する事はなく今まで来て参りましたが、ここに改めて御礼申し上げます。
    今まで誠にありがとうございました。私の経済を読む感覚そして次を予測する能力は全てぐっちーさんのおかけで培われたと言って過言ではございません。

    引き続きメールマガジンも頂戴できるものと思っておりましたが、そうでは無いことがあって誠に残念でなりません。しかしながら、教えていただきました自分でデータをもとに考えることを大切にして、今後とも頂戴したリストをもとに、熟考しこれからの日本を考えて参りたいと思います。
    どうぞ安らかにお眠りください。
    これまで本当にありがとうございました。

  68. 整形医 より:
    同年、同病者として

    同病者として合掌。
    私も同じ59歳ですが、食道癌(正しくは食道胃接合部の腺癌)の手術を53歳で受け、とりあえず5年を経過してなんとか生き延びています。それまでは煙草をつまみに酒を飲むというハイリスクオヤジで、毎年内視鏡は受けていたものの、手術の2年前から逆流性食道炎とされていた病変が実は癌とわかり、急遽食道と胃を半分以上取る手術を受けました。もしや、ぐっちーさんもこのクチだったのではないかと。というか、ピロリ対策が進んで普通の胃がんは減っているものの、自分の周りをみてもどうもこの種の癌にやられる同年代の戦友を見かけます。美食家、酒豪の方は警戒を。

  69. PUK PU K より:
    前に

    最後の最後、前に倒れた。流石です。

  70. 山﨑 より:
    ご冥福をお祈りします

    ご冥福をお祈りします。そして、今までありがとうございました。駆け出し証券マン時代からブログを読ませていただいていました。
    生産者有利と言われる日本の金融業界で失望せずに働いてこれたのはぐっちーさんのおかげです。
    本当にありがとうございました。

  71. たわ より:
    早い

    本当に早い。
    今まで、メールマガジン読んでいたときは、未だ学生で理解できなかったたのですが、回数を重ねるにつれだんだんと理解できるようになり、最終的には毎週の配信が楽しみになり、結果的に自分の投資戦略にも大変役に立ちました。
    あまりにも早いご逝去、突然すぎて何を申し上げたらいいか分かりませんが、とは言う物の、何も言わないでおくと、ぐっちーさんの成し遂げた偉業を告げる場がないと思い、ここにコメントさせていただきました。
    長い間メールマガジンを拝読しておりました。セミナー等には参加する事はなく今まで来て参りましたが、ここに改めて御礼申し上げます。
    今まで誠にありがとうございました。私の経済を読む感覚そして次を予測する能力は全て持参で可愛くしてでは培われたと言って過言ではございません。

    今後ともリストをもとに、今度は自分自身で考えるこれからの角を判断したいと思います。
    どうぞ安らかにお眠りください。

  72. さくら より:
    酷いよ。

    ぐっちーさん
    とでもとても信じられません。
    えー
    えー
    本当なんですか?
    あまりにも突然です。
    ぐっちーさん
    ぐっちーさん
    どうして神様は‥

    残酷ですね。

    才能ある人を愛でられては、連れていかれる。

    悲しすぎます。
    そして、突然過ぎます。

  73. ハナ より:
    感謝

    10年以上ブログ、メルマガを愛読していました。ブログを読み始めた頃はニューヨークに住んでいましたがその後日本へ戻り、音楽会などのイベントにも参加させていただき楽しい時を過ごしました。
    同じ年代という事もあり、まだ信じられないというのが実感ですが、どうぞ安らかにお休み下さい。ありがとうございました。

  74. ああ より:
    まじか

    突然過ぎて絶句。
    当たり前のことだが忘れていた。人は死ぬんだなと。
    ご冥福を祈ります。

    いずれこのブログも歴史の片隅に眠るんだろう。ぐっちーさんそして読者の皆様、ありがとうそしてさようなら

  75. さくら より:
    え?え?え? 嘘でしょ?

    仕事終わって帰宅後、ちょっと一杯と晩酌しつつ、ツイッターを見ていたら?
    え?え?
    嘘でしょ?
    え???
    神様、うそでしょ?
    そんなに急いで連れて行かなくてもいいじゃないですか?? 酷いよ。

    ぐっちーさんは、いつからご自身に残された時間を知っていたのでしょうか?
    またまだやりたいこと、たくさんたくさんあったはずなのに‥
    いまさらながらこの言葉が浮かんできます。

  76. カマキリマン より:
    ありがとうございました。

    このサイトもメルマガもたいへん勉強になりました。
    ありがとうございました。
    御冥福をお祈り申し上げます。

  77. びぃじぃ より:
    ありがとうございました

    ブログ時代よりお世話になり、経済そして社会の見方について色々教わりました。

    人生に永遠は無いですが、まさかこんなに早くお別れの時が来るとは思っておりませんでした。

    ご冥福をお祈り申し上げます。

  78. moto より:
    まだまだ話を聞きたかった

    2012年からのメルマガ読者です。ブログ時代からだと10年近くでした。
    本当に色々なことを教えて頂きました。
    もっと話を聞かせてほしかった。ただただ無念です。
    グッチーさんは私の経済の先生と呼べる方でした。
    今までありがとうございました。

  79. まさこ より:
    千の風になって

    世界中を飛びまわっていらっしゃるのでしょう。

  80. パグ犬 より:
    目が覚めても同じ

    昨晩、何気なくチェックしたメールが、訃報のお知らせでした。
    1番恐れていたこと、そんな風にならなければいいな、と考えていた最悪の結果でした。
    今朝、目が覚めても夢ではなかったようです。
    切なすぎます…。
    沢山、学ばせていただきました。今まで本当にありがとうございました。

  81. 空の財布 より:
    最後までカッコ良すぎる…泣…

    かんべえさんのフライングは責められるべきものではないでしょう…ご逝去から二、三日でお見送りが普通でしょうし…それが5日となると、その間ご家族と濃密な時間を過ごされ、声は無くとも語り合われた…泣…

    ドクターストップも、失礼ながら想像を逞しくすれば、最後の最後まで病床でパソコンを離そうとしないぐっちー編集長に対して、たまたま居合わせた看護師さんが、最後は仕事から離れてご家族と一緒にいてください!と叫んで懇願したとか…泣…

    伝説になったぐっちーさん…いつの日か映画化されて、講演会の実写映像を使って、スクリーンからまた私達に語りかけてください…泣…

  82. show より:
    ご冥福をお祈りします

    グッチーさんの訃報には驚きました。
    今年は私の大切な友人が何人も亡くなり、嫌な感じがしていましたが、
    唐突!という他有りません。

    他の方も書かれていましたが、リーマンショック前からの読者で、銀行
    や証券会社が次々と破綻していく時に、的確な情報を得る事が出来たの
    はこのブログだけでした。
    また、「FRBレポートの英文をどう読むか?」などの解説も、私の周
    りでは他に見る事が出来ません。

    とても大切な人を失い、本当に残念です。

  83. まんぺい より:
    残念です。

    まだま、「金持ちまっしぐら」の先導師として導いてもらいたかったのですが、さすがに「あまえるな、我儘ですよ」と言われたようで、、、、、残念です。
    これからは、ぐっちーさんの教えを少しずつ自分の身につけるように、自分で考え調べて「金持ちまっしぐら」にむけて頑張っていこうと思います。

    これまで、ありがとうございました 合掌。

  84. フジタ より:
    ご冥福をお祈りいたします

    いつもの月曜日の朝、グッチーさんの突然の訃報に接し頭が真っ白になりました。
    悲しみに耐えません。
    心よりご冥福をお祈り申し上げます。

  85. てつ より:
    驚き

    10年間、感謝しかありません。
    毎週楽しみにしていました。
    ただただ唯一、信頼して読める情報でした。

    どうぞ安らかにお眠りください。

  86. Major7 より:
    心よりご冥福をお祈りいたします

    言葉もありません。。今朝いつものようにグッチーさんのコメント何か出てるかな、とサイトを開いたら。。あまりのショックに言葉を失いました。。
    これまでグッチーさんにはたくさんのことを教えて頂きました。金融の業界で働く身として、常にグッチーさんの鋭い指摘、本質を突いた知見には感服させれられてきました。なのに。。。どうして人から愛される人ほど早く神様はおぼし召しになられるのか。。心よりご冥福をお祈りいたします。
    にしても、神様なぜですか。。

  87. より:
    いただいたリストは、大事にします。

    リストたくさんいただきました。ありがとうございました。大事にします。合掌。

  88. はぬまん より:
    ありがとうございました

    リーマンショックの時ボーとしてるとヤバイと思いしったころ、かんべえさんとこのつてで出会えた「金持ちまっしぐら」でした。
    最近のご活躍がより加速されていた印象を持ってましたが、ほんとまっしぐらに人生を駆け抜けられたんですね。
    僕も60年生まれで猫飼い、山口さんには新人類の魂を見せてもらいました。
    ありがとう。

  89. 北原 より:
    ご冥福をお祈りいたします。

    これまで本当にたくさんのことを学ばせていただきました。
    ありがとうございました。

  90. ガイセン より:
    さようなら、ありがとう。

    いつものように、月曜日が来ました。
    しかし、いつものように、メルマガは届きません。
    これも、ぐっちーさんが、突然遠くに行ってしまったからです。
    どうして、黙って行ってしまわれたのですか・・・

    病気の身を押して、活動されていたこと今さらながら知りました。
    もう、メルマガを読むことも、お話を聞くことも、会うこともできなくなりました。本当に残念です。
    今までありがとうございました。
    安らかにお眠りください。

  91. 高見涼太郎 より:
    心よりお悔やみ申し上げます。

    これまでのご活躍とご経験、英知に基づいたメルマガを発行頂き、本当にありがとうございました。心より御礼申し上げますとともに、ご冥福をお祈り申し上げます。一応理解してはいるつもりなのですが、月曜日にメルマガが受信できなくなったことは、とてもさみしい気持ちでいっぱいです。著作を通じて教えて頂いたことを大切にしながら、子供たちにも考え方や見方を伝えてゆきます。どうもありがとうございました。

  92. H.M より:
    ありがとうございました。

    ブレのないコメントを毎週配信していただき、本当にありがとうございました。これまでに頂いたメルマガを読み返し、グッチさんに少しでも近づけるように研鑽いたします。

  93. yagozaemon より:
    やすらかにお休みください

    メルマガ配信中止の知らせを聞いても、そのうち復活して再開してくれるだろうとのん気に構えていた自分の鈍さにあきれている私です。
    趣味に仕事に大活躍されて本当にすごい能力をお持ちの方だなと思っていましたが、人並み外れた能力の上に人並み外れたエネルギーを使っていたのですね。
    今まで本当にありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。

  94. さとちゃん より:
    ありがとうございました

    ブログとメルマガを合わせるとおそらく10年以上になると思います。グッチーさんの深い洞察のおかげでメディアに振り回されることなく、自分の考えを持つことの大切さを学びました。

    メルマガ休刊のお知らせを頂いた時もイヤな予感はしましたが、まさかのシナリオ。昨晩「訃報」のメールを読んだ時は、喪失感と「これからどうしよう・・・」と途方にくれました。

    数年前に一度だけセミナーに参加したことがあったので、その時のお姿を思い返しています。毎週月曜日のグッチー節で一週間の気合を入れていましたが、寂しくなります。

    ご冥福をお祈り致します。スタッフの方もいろいろとありがとうございました。

  95. YKK より:
    ありがとうございました

    GFC前からメルマガを拝読していた読者です。

    編集部からのメールで訃報に絶句しました。喪失感の大きさに圧倒されています。

    最後まで全速力で走り切ったその生涯には敬服する思いしかありません。唯一信頼していた船頭を失ってしまったような思いですが、教えて頂いたことを大事に、自分で真実を確かめながら、生きていきたいと思います。円ありがとうございました。そして安らかにお休みください。ご冥福をお祈りします。

  96. アイドル より:
    最期までありがとうございました

    メルマガ文面には、お身体が悪くなっている様子など微塵も見せることなく、見事な千秋楽でした。世の中にぐっちーさんに育てられた人々が数多くいること、凄いことだなと思います。どうぞ空の上でゆっくりお休みください。その分我々ががんばります。

  97. matelier より:
    ぐっちーさん、ありがとうございました。

    入退院を繰り返しながらもメールマガジンを配信されていた事を知り、感謝の念に耐えません。

    911以降、もっとアメリカや世界情勢を知りたくて色々探しているうちに、かんべえ先生のサイトからぐっちーさんの金持ちまっしぐらを知ってから、もう何年でしょうか。

    ぐっちーさんから教わった事は経済の事だけではなく、人としての生き方そのものだったように思います。

    今まで本当にありがとうございました。
    心よりご冥福をお祈り申し上げます。

  98. T・H より:
    ありがとうございました

    突然のことで言葉がみつかりません。
    ただひとつ言えるのはこの言葉だけす。

  99. 銀草 より:
    お礼を

    先ほど、メールにて訃報に接し、絶句しました。
    うそだろ・・・と。
    メルマガ発刊から今まで、ぐっち-さんにはどれだけ勉強させてもらったか。
    ただ、感謝。ただ、祈ります。
    本当にありがとうございました。
    さようなら。安らかに。

  100. bontaro より:
    ありがとうございました

    かつて自分が起業したてのころ信頼するものがなく、不安なまま過ごしていた時、ぐっち-さんを知り、それ以来ブログを欠かさず見ては感心したり、元気をもらってきました。今後も期待していただけに本当に残念です。寂しいです。ご冥福をお祈り申し上げます。

  101. しも より:
    これまで ありがとうございました

    悲しい。家族で花巻温泉からオガールへ。グッチーさんが居なければ知らなかった。証券マンの私としてはグッチーさん最高でした。上司と真逆の意見もあったりで、でもグッチーさんは正しかったし、これからも正しい。ご冥福をお祈りいたします。

  102. 平山 より:
    グッチ-さん、安らかに・・・

    先日の講演会後の懇親会でお話をしたのが最初で最後でした。
    以前から、機会をうかがっていたのですが、なかなか懇親会に出られず・・・。
    こんなことになるなら、もっと前から懇親会の時間を確保しておけばよかった泣。

    お痩せになっていたので心配していたのですが、まさか闘病中だったとは。
    来月には再びメルマガを読めると思っていたので・・・。

    ご家族の方々、スタッフの皆様におかけする言葉も見つかりません。
    安らかにお休みください。

    合掌

  103. MB より:
    ありがとうございました

    悲しみに打ちひしがれております。
    6か月という短い間でしたがメルマガではたいへん勉強させて頂きました。大病と戦いながら最後まで講演会に立たれ メルマガを送信していただき本当にありがとうございました。8月には初めてお会いできて色々アドバイスを頂いた事が私にとっての一生の宝です。本当にありがとうございました。

  104. Masataka Miki より:
    ありがとうございました

    毎週月曜日に届くメルマガがこれから届かないのかと思うと寂しい気持ちです。
    ぐっちーさんには、正しい情報をいただいていた以上に、物事の本質の捉え方や、考え方をたくさん学ばせていただきました。
    美味しい食材やお店、食べ方など教えていただきました。
    お金について、人間性について、人生について、本当にたくさんのことを学ばせていただき、感謝の念に耐えません。本当にありがとうございました。
    何だか「おつかれさまでした」という言葉はぐっちーさんには似合わないような感じがしますね。少しでもぐっちーさんのような、豊かな生き方ができるように、自立していきたいです。
    久留米でご一緒に撮らせていただいた写真は、ささやかな思い出になっています。これからもぐっちーさんなら、と自問しながら前を向いて進んでいきたいです。
    ありがとうございました。

  105. えしぇ蔵 より:
    ありがとうございました。

    まだお若いのに残念でなりません。

    これまでメルマガで教えてもらったことは一生の財産です。

    慎んでご冥福をお祈り申し上げます。

  106. しぶ3 より:
    絶句、、、

    メールチェックしていなかったので、今朝初めて知り、絶句しました。
    3度ほど、オガールの講演会等で姿を拝見させていただきましたが、勇気をもってお話させてもらえばよかったと、後悔。
    日本ブルックナー交響楽団に御協力できたのが、最後となってしまいました。
    ご冥福をお祈りいたします。

  107. R より:
    無念!

    先日、お見掛けした時、医療従事者のはしくれとして「こりゃまずいな」と
    心配しておりました。
    現実となってしまいました。
    残念です。
    ここから10年が本領発揮だったのに・・・。

  108. 楽譜 より:
    早すぎる人から学んだこと

    なんなんですかね.

    この世で最も信頼する思想の持ち主が早くして
    逝去されてしまうというのは.

    色々な事を学んでいます.
    世の中にあふれている情報の真偽,
    いわゆる大手のメディア,企業,代理店,
    役人の仕事の仕方….

    世の中からそもそも隔離されがちなアカデミアにいる
    自分からすれば,まさに世の中を見る時の羅針盤でした.

    ただ一つ,自分の身に出来たものがあるとすれば
    「自分で原著にあたって,自力で考えろ」という
    ことです.ただこの事はこれから一生
    自分を支え,導いてくれる気がします.

    さ…て…

    ぐっちー様のメルマガを改めて解読し,米経済に関する
    簡易AIのプログラムを作ることを当面の目標にしますよ!

    PS
    JD様,クロコダイル様
    大変お気落ちの事と存じますが,ぐっちー様のメルマガ同様,
    御二人のメルマガを頼りにされている方々も大勢いらっしゃるかと
    存じます.先の事はともかく,どうぞまずは御自愛下さい.

  109. yukarittara より:
    信じられない…

    ずっとアエラを購読しています。グッチーさんの毎回のエッセーが1番楽しみでした。 まだ、信じられないですが…
    ただただ、ご冥福をお祈りします。

  110. blue sky より:
    お疲れさまでした。そしてありがとうございました。

    ぐっちーさんのブログを知って15年近く。
    為替の仕事をしていた身として目からの鱗の視点とヒントを頂き、
    大変勉強になりました。
    ワインの話、JALの話。そして地方再生の話までテーマは多岐に
    渡りましたが広島カープの三連覇を見届けられたことは、同じ
    カープファンとして良かったなあ、と。

    可愛い愛猫「しまちゃん」と再会できましたか?
    ゆっくりと休んでください。

    本当にありがとうございました。

  111. ミミ より:
    心からお悔やみ申し上げます

    ぐっちー歴は短いですが、毎週のレポート及び講演会と楽しみにしていました。安らかにお眠りください。

  112. MI-6 より:
    残念で悲しいですが、

    早過ぎる

    ビックリしました。
    私より、ちょうど10歳年下なのですね。
    ブログをめくってみたら、2007年の長嶋茂雄さんのところにコメントしてました。
    2年前から読んでいると書いてあるから、2005年からブログを読んでいたのです。

    当時、サブプライム・ローン問題をぐっちーさんは、しつこく書いていた。
    後に、リーマンショックとして歴史に名を残す訳ですが、ぐっちーさんの先を読む眼に感心至極でした。

    ワインの話も面白かったし、著書の中の日本経済や米国経済の眼の付け処の話なんかも興味深く、参考にさせていただきました。

    残念で悲しいことですが、お別れです。
    さようなら、ぐっちーさん。
    ご冥福をお祈りいたします。

  113. ハルちゃん より:
    お悔やみ申し上げます

    ヘッジファンドの達人からのファンでした、多くのことを学ばせていただきました。
    ご冥福をお祈りいたします。

  114. モズク蟹大好き2 より:
    ありがとうございました。

    リーマンショック時の記事は秀逸でした。ありがとうございました。

  115. momo より:
    早すぎます。

    嫌な予感はしておりました。
    毎週 月曜日のメールを拝読するのが習慣で、今後永遠にメールが
    届かないかと思うと、何か取り残された感じがして孤独感がつのります。
    これからは 頼ることなく自分の頭でかんがえて、これからの世界を生き抜いてゆくしかありません。 それにしても早すぎます。 ご冥福をお祈り申し上げます。

  116. ゆーたろ より:
    今までありがとうございました。

    私はブログ時代からの読者です。ぐっちーさんからは、色々な事を教わりました。
    気づけば10年以上もぐっちーさんのお世話になっていたのですね。
    いつか行こう、行こうと思っていた講演会は結局行けずじまいかぁ。涙。

    ぐっちーさん、早すぎます。残念でなりません。
    ご冥福をお祈りいたします。

  117. えっちゃん より:
    ありがとうございました

    10年以上前からブログを拝見させてもらっている者です。海外に住んでいた時もこちらのブログをのぞいては日本の状況を学んだり、悪いニュースが出た時は適切な分析で励まされたり。本当に残念です。ご冥福をお祈りいたします。そして、ありがとうございました。

  118. 豆大福 より:
    途方にくれる思いです

    現実を受け入れるのが本当に辛いです。
    AERAの記事で率直で勇気ある発言に引き込まれ、講演会にお話を聞きに行ったり、本を読むようになり、不透明な時代を生きる上で、ぐっちーさんの賢者の先導者のようで、心強い常備薬のようでした。

    失ってその存在の大きさに
    呆然とするばかりです。

  119. ささらい より:
    ありがとうございました

    先を見通すことがますます困難なこの時代にぐっちーさんのような慧眼の持ち主はとても貴重で喪失感は計り知れないです。
    今はただご冥福をお祈り申し上げます。

  120. むつごろう より:
    お礼

    あまりに突然で、今日は一日考えていました。このメルマガの一読者に過ぎないはずなのに、この喪失感は何でしょうか。毎週楽しみにしていました。ありがとうございました。ぐっちーさんのように生きたいです。謹んでご冥福をお祈りいたします。

  121. 夏の空(旧名:アシュラ王) より:
    お世話になりました

     これこそまさに   晴天の霹靂 

     月曜だしメルマガでも・・・と思ったら、ほんとに目を疑いました。

     たぶん、サブプライムローン問題が問題となりつつあった頃から、お世話になっておりました。このあたりから、ぐっちー氏、山崎元氏、かんべぇ氏(順不同(笑))にたどり着いた方は多かったのではないでしょうか。

     講演会も何度もお世話になりました。(途中からできた地方枠もありがたかったw)
     最後となってしまった講演会には行けませんでしたが、町や管弦楽への手伝い等、些少ですが参加させていただけてホントに良かったと、今、感じております。

     どなたかが書いておられましたが、あちらで、しまちゃんと再会されているのでしょうねw

     講演会で頒布かつその場でサインを頂いた御著書は、完璧に永久保存版になってしまいましたw

    それと編集部の皆様へ
     参考となるサイトの集大成のメール、本当にありがとうございます。
     この際にあって、なかなかできないことと感激いたしました。
     そこまで投資に時間を割けるわけでもない自分ですが、これには感動しました。
     皆様のプロフェッショナル意識と人間的素晴らしさ(偉そうですみません)、かつ、ぐっちーさんへの思いや、氏の教えが感じ取れました。

     「自分で第一次情報にあたり、自分で考えるように・・・」と教えてくださった、ぐっちー氏の助言で、何カ所かは「お気に入り」に登録などしていたのですが、ほんとに数カ所でw
     少なくとも10年、いや20年くらい先まで、お世話になれるだろうから、もう少ししたら・・・その頃になったら本気で収集を始めるとか、自分の人生的に決着が付いて、ほとんどどうでも良くなってるかなw・・・などと漠然と、漫然と過ごしておりました。
     その点でも、ぐっちー氏には、最後の最期まで、これ以上ない形で教えを頂いたようです。

     わざわざ、「御冥福をお祈りする必要もないのかな・・・」という気がしています。それはもう「当たり前の帰結」であると信じております。

         ほんとうにありがとうございました。

  122. tomyより より:
    大変なショックです

    私は週刊アエラを名長年愛読していました。創刊号より実に500回以上の連載を毎週楽しみにしてました。
    次号からグッチーさんのお話が聞けないとは・・・・
    残念で仕方ありません。それにしても突然の59際の若さでのご逝去とは信じられません。食道癌で亡くなる人は近年少なくなってきていたのに・・・・・
    ご冥福をお祈り申し上げます。

  123. アッキー より:
    ありがとうございました。

    グッチーさん。

    いろいろな視点を自分に与えてくれました。そして、メルマガを読んで考えさせられる。自分にとっては、そんな稀有の存在でした。相当に影響を受けたと感じています。

    データで議論し、そして自ら行動する。意見はハッキリ言う。
    月曜日にメルマガが届かないのはやはり寂しいですが、
    今度は自分自身で背負って、考えながら進むということですよね。
    今の一瞬に悔いのないように頑張ります。

    やすらかにお休みください。
    本当にありがとうございました。

  124. ゆう より:
    やり場のない怒り

    なぜぐっちーさんのような方がこんなに早く逝かなければならないのか。。
    納得できない!

  125. パーコちゃん より:
    お悔やみ申し上げます

    ブログの更新回数が減って、メルマガの配信停止で、胸騒ぎを覚えていたところ訃報に接して、今朝は呆然としてしまいました。
    8月の講演会に行けなかったことが心残りですが、日本ブルックナー交響楽団の寄付に賛同させて頂いたことが、よい思い出になりました。
    難しい金融や経済を小学生でもわかるようなレベルで解説して頂き本当にありがとうございます。
    最後に、この数年懸念されていた日銀の日本株買いの顛末をお示し頂けなかったことが残念ですが、今まで教えていただいた事柄を糧に自分自身でしっかりと生き抜いていくことが、グッチーさんへの最高の感謝になると信じています。
    合掌

  126. なまはげ より:
    ありがとうございました。

    だいぶ長くお世話になりました。

    有価証券の世界にいたときは、いつも正しく痛快なコメントが楽しみでした。
    また、お隣岩手のオガールで3回お会いできて、文字とは違うライブの迫力を感じました。

    仕事柄、オガールの成長はこれからもしっかりチェックしていきたいと思ってます。
    ぐっちーさんの想いの詰まったオガール、応援してますよ!

  127. ロム会員 より:
    残念でなりません

    本当に長い期間、ロムさせていただいていました。
    そのうちに有料会員となって恩返しさせて頂こうと。。。

    そんな告白が似合わない方でしたね。
    経済原則に照らすと、ありえない。有料でも有用ならずっと前から会員になってたはずだろうから、その逆だろうと。
    でもですね。。。
    出世払いって、あるんですよ。少なくとも気持ちの上では。
    そういいつつ当方50を超えちゃいましたが。

    師弟関係に入れなかった者ですが、
    ずっと、山口さんの記事、コメントを反芻させていただきながら、この先歩んで参ります。
    本当に、ありがとうございました。

    *皆さん、大人なコメントばかりで、おかしいだろっ!もっと吐き出せ!
    って思い、初めて投稿しましたが、同じようなコメントに。
    皆さん、本当に悲しんでらっしゃる。。。

  128. maririnn より:
    衝撃が

    あんなにエネルギッシュに活動されてたのに、残念でなりません。なんで、どうしてと。呆然として思考が中断しています。

  129. バッファロー66 より:
    ご冥福を祈ります

    驚きで声も出ません。
    「胃カメラは経鼻じゃダメだって主治医が言うから
    苦しいけどクチから入れてます。特に食道はヨード液を
    スプレーしながら慎重に」と書かれてたグッチーさん。
    そんなに気をつけてても、ガンってのはなるもんなんですね。
    若すぎます。
    ご冥福を祈ることしかできません。

  130. 高幡不動 より:
    びっくりしました

    私の住んでいる地方もここ10年くらいでどんどん寂れていく中、地方再生の記事をよく拝見させていただきました。

    今までありがとうございました。

  131. 山政 より:
    有難う御座いました。

    グッチーさん! 

    長い間本当に有難う御座いました、この場をお借りして深く御礼申し上げます。
    投資においても人生においても私にとってはとても大きい指針でした、今まで頂いたメルマガは家宝とさせて頂きます。
    このページのグッチーさんを見ていると「少しは自分で分析してみなよ!」と言われているような気がして少しだけ寂しさが紛れます。

    他の著者の方々と引合わせて頂いたのもグッチーさんですし、本当に偉大な方だなと感服いたします。

    私はまだまだまっしぐらに頑張りますから見ていてくださいね!

  132. 高木 より:
    感謝を伝えたくて

    京都に住む専業主婦です。

    本当の事、バイヤスのかかってない真実。私のような普通のおばちゃんには手に入れるのが難しい情報。そもそも情報の真偽、正否を判断することもできない無知な私が、全面的に信じられたのが毎週届くメルマガでした。これさえあれば大筋で方向性を見誤ることはないと安心していました。

    これからどうしようかな。自力で勉強しないとな…。でもちょっと今は呆然としています。

    2014年からメルマガを購読し、たくさんの事を学ばせて頂きました。誠実で率直なお仕事ぶりに心から感謝を申し上げたいと最初で最後の書き込みをさせて頂きました。

    本当にありがとうございました。

  133. 人力 より:
    残念でなりません

    メルマガ読者ではありませんでしたが、コメント欄も含めブログのファンでした。

    最近、長年ブログを書かれていた方が健康を理由にブログを閉鎖されたり、亡くなられたりする事が多い様に感じます・・・・。それにしてもグッチさんは若過ぎます。ご家族の事を思うと心が痛みます。

    歯にきぬ着せぬ物言いと、一方で細やかな心遣いがあって、とても素敵なブログでした。私の知らない事も沢山教わり、見識を広げる事も出来ました。

    記事もさることながら、コメント欄がいつも面白く、素晴らしい見識をお持ちの方々のご意見が見られなくなる事が、また寂しい・・・。

  134. イシュメル より:
    これまでありがとうございました

    グッチーさん、

    わたしが大本営発表をうたがい独自の視点を常に維持してこれたのは、すべてあなたのおかげでした。

    世間が何をいっても批判精神を忘れず、いつもまっしぐらだった姿に勇気をもらい、経済や為替のことに限らず、世の中のたくさんのことを教えてくださり本当に感謝しています

    これまで全力すぎたから、もうこのあたりでひとやすみしてください
    心よりご冥福をお祈り申し上げます。

  135. ブルースター作戦 より:
    在りし日の、姿や言葉

    たった今知ったのですが、信じられないですね。数少ない正確で信用できる情報を発する方だったと思います。まだ信じられないですね。

  136. 日本国民 より:
    なんの冗談ですか

    なんの冗談ですか、悪い冗談はやめてくださいな。
    エイプリルフールじゃありませんよ
    病気なんかサッサと治して楽しく勉強になる
    メルマガを早く送ってくださいよ
    たくさんの人が待ってますよ。。。涙。。。

  137. NS より:
    今までありがとうございました。

    ブログ時代から10数年間、
    拝見させて頂きました。

    新聞やテレビでは得られない
    「真実」を教えて頂き、
    本当にありがとうございました。

    私にとってぐっちーさんは
    市場分析の「師匠」です。

    今後、ぐっちーさんのコメントを見ることが
    できないなんで、ただただ残念でなりません。

    ご冥福をお祈り申し上げます。

  138. そんなきぶん より:
    残念です

    本当にびっくりいたしました

    ブログ愛読者でしたので、海外へ行かれたり、広島へ行かれたりと、お元気なイメージしか持っていませんでした

    今にして思えば、時折コメントに書かれていた
    痩せている、ということがそういうことだったのか、と思います

    お人柄にはゆえに、同情なんかはされたく無かったでしょうし、今のままのイメージを皆さんにも、と思われていたのかなと感じています

    全然違うよ、と怒られそうですが

    いづれにせよ、本当に残念です

    ぐっちーさんに限らずですが、突然の逝去の知らせは
    現世にいる私たちへの
    ちゃんと生きてる?と問われている気がします

    合掌

  139. アフターアナキー より:
    諸行無常

    グッチーさんへ
    「原典に当たって自分の頭で考える」というグッチー原則が大好きでした。世間にはびこる数多のナンセンスを快刀乱麻でズッタズタにし、私個人だけでなく、日本社会全部に警鐘を鳴らし、指針を示していただきました。ありがとうございました。
    どんな優れた人物でも、どんな人格者でもこの世を去る時が来る、この世に永遠の存在はない、という諸行無常をひしひしと感じています。ニューヨークより合掌

  140. とんたん より:
    ほんとうにありがとうございました。

    ぐっちーさんのブログには10年以上前に出会い、メルマガが始まってからもずっと拝読しておりました。品川で行われた講演会で初めてお顔を拝見し、メディアにお顔を出されることがなかった頃でしたので、「このひとがあの!」と、憧れにも似た気持ちでお話を伺ったことを昨日のように思い出します。

    ぐっちーさんからは、物事の本質を見極める眼を持つこと、そのために進んで情報にアクセスし、自ら考えることの大切さを教えていただきました。
    この国とともに我々の行く末を考えたとき、一人ひとりの見識や所作の如何が、明日を切り開く唯一の道になると思っています。教えていただいたことを胸に、置かれた場所でこの生を全うできるよう、やってみようと思います。

    ほんとうにありがとうございました。

  141. sissi より:
    ぐっちーさんとのご縁に感謝しています

    ぐっちーさん、ありがとうございました。

    初めてお会いしたときのことを思い出します。
    アエラセミナーを経て、メルマガを配信されるようになり、わたしは多くのことを知り、学ばせていただきました。
    素晴らしい時間でした。

    こんなに早く、お別れがくるなんて…。

    教えていただいたことを心に留め、頑張ってまいります。

    やっと、こちらに書くことができました。

    ぐっちーさん、安らかに。
    今まで、ありがとう。

  142. まーさん より:
    さよなら

    ぐっちーさん!
    ただただ寂しいです。

  143. みわこ より:
    ありがとうございました。

    大阪に住む主婦です。

    先ほど、知りました。
    言葉を失いました。

    ありがとうございました。
    この言葉しか出てきません。

    ぐっちーさんのメルマガがこの先、何十年と続くわけはないと
    思っていたのですが、あまりに早くのお別れ。

    沢山の人の心に多くのものを残していただき、ありがとう
    ございました。

    ゆっくり休んでください。

    あなたのお陰で多くのことを教えていただきました。

    ありがとうございました。

  144. ASより より:
    長い間、お世話になりました。

    長い間、お世話になりました。これからはぐっちーさんの分析に甘える事が出来ませんね。本当に残念で仕方がありません。故人のご冥福をお祈り致します。

  145. ぞうちゃん より:
    早すぎます…

    アエラの記事からブログを読み始め、メルマガを取って6年になります。投資も始めてこれからさらに色々と教えていただこうと思っていたのに、驚きです。羅針盤を失ってしまったように感じます。
    毎週メルマガを読んで、グッチーさんから手紙をもらっていたような感覚でしたが、もう来ないのかと思うと寂しく感じています。
    ご家族に慰めがありますように。

  146. いちファン より:
    ありがとう

    日本は大きな財産を失いました。ぐっちーさん、本当にありがとう。

  147. kaz より:
    感謝

    謹んでグッチーの霊に感謝申し上げます。
    ホリエモンの真意を見抜き、サブプライムローンの規模の大きさを言い当て、中国取引の危険度を指摘して、そして今官製相場を指摘しながら逝ったグッチー。はやすぎるよ!有難うグッチーゆっくり休んでね!さようなら・・・・・

  148. volcano より:
    やっと筆をとる気に

    詐欺師の多い業界で真実を語ろうぜという心意気は感じてました。
    退院はいつか、と考えてまして…..ショックでした。私も入院中、「死」について考えていました。死と共に自分が愛した人のことも考えていました。

    私が考える「寿命」とは…..神様が「もう頑張らなくていいよ」と肩を叩いた時なのだと。ゆっくりお休み下さい

    お通夜は故人について語り合う場。だが、そんな通夜は見たことない。死んだ瞬間に世間は忘れる。編集部の図らいで、このように語り合えたのは良かったのではないかと思います。編集部さんに感謝。

    アメリカ移住してからのblogも楽しみにしていたのですが…..

  149. anonymous より:
    ありがとうございました。

    訃報を伺ってから、過去のメルマガを読み返してます。
    改めて、よく出来たメルマガだったなと感心するとともに、
    おなじみの活き活きとした語り口に、
    ついぐっちーさんがまだまだ健在なのではないかと錯覚してしまいます。

    メルマガ購読は5年足らずですが、私もこの間、
    重要なライフイベントが数多くありました。
    ぐっちーさんのメルマガ、著作は資産形成のみならず、
    人生観においても本当に頼りになりました。

    絶筆となったアエラの記事は、死の床に就く人間が書いたとは思えない、
    前向きなメッセージ、提言に溢れており、
    ぐっちーさんの生き様を体現しているような気がしました。

    これまでぐっちーさんが教えてくれたことを体現すべく、
    私も精進したいと思います。

    ぐっちーさん、本当にありがとうございました。
    どうか安らかにお休み下さい。

  150. イシダマ より:
    ただただ哀しい

    ぐっちーさんの著書とメルマガの読者でした。

    残念ながらお会いした事はありませんがお会いした事のない方の訃報にこんなに泣けて途方にくれたのは初めてです。
    でもこれからは自分自身でデータを読み世の中を俯瞰するよう自立しないといけませんね。そうでないとぐっちーさんに叱られそうです。

    ここ数年無気力な自分が生きていて精力的な活動をされ続けたぐっちーさんが逝ってしまわれるとは人生の不条理を感じずにはいられませんが、どうか安らかに。

  151. Mika より:
    ショックです。

    一番信用度の高い分析のメルマガだったのに。今後もう同じような情報を発信してくださる方いなくなってしまいますね。グッチーさんいなくなってしまって、またリーマンのようになるとかいい加減な人心を惑わすような輩のメルマガやブログが増えないでくれることを祈るしかないです。本当に残念です。グッチーさんの大ファンだったのに。ご冥福をお祈りいたします。

  152. Audley End より:
    ぐっちーさんは

    本当に社会に貢献されたと思います。

    2018年12月下旬に、編集部を通じて、
    ぐっちーさんに直接お伝えしましたので、
    ここではその内容は繰り返しません。

    ぐっちーさんのご冥福を
    心より深くお祈り申し上げます。

  153. イッチャン より:
    残念です・・・・

    グッチーさんご逝去の報に接し、ショックで言葉もありません。まさか、との思いです。
    10数年、ブログ、メルマガ愛読しておりました。
    経済・金融における卓越した見識にはいつも感服し、それ故によき師匠でありました。
    私は69歳で年上ですが、まだまだこれからもご指導賜れるものと思っていただけに、本当に残念です・
    グッチーさんの壮絶な人生に献杯!
    ありがとうございました。

  154. シノザキ より:
    ぐっちーさんは、もういない

    今後何かあっても、ぐっちーさんの考えを知ることはできない。

    でも、ここに来れば、自分がどう考えたらよいか、遺してくれている。
    最後の投稿が、過去の投稿を見返しているのも、ぐっちーさんらしい。

    ぐっちーさんがいないことを嘆くより、ぐっちーさんに触れられたこと
    の感謝の方がずっと大きい。

    それが故人の遺志だと思います。

    ほんとうに、ありがとうございました。

  155. 引退アナリスト より:
    巨星落つ・・・

    信じられません。あんなにエネルギッシュだったあなたが天に召されるなんて。
    10年以上前に、丸の内での初めての講演会で、あなたと名刺交換したことを昨日のことのように覚えています。正直、私たちの業界では賛否両論ありましたが、私はあなたが大好きで、二歳年下のあなたを心から尊敬していました。
    まだまだ、あなたにはやるべき使命はあったはずです。悔しくてなりません。
    残念ながら神様は本物から順番に自分のそばへ連れて行ってしまうようです。
    せめて天上界にいる愛猫しまと再会を祝って下さいね。 合掌

  156. じーたん より:
    感謝、感謝、感謝・・・(泣)

    ぐっちーさんには、メルマガ、講演会を通じ、数え切れないほど多くのことを学ばせて頂きました。
    今の自分を形作る基礎になったことは間違いありません。
    本当にありがとうございました。ただただ感謝です。
    でも、いくらなんでも早過ぎます。残念でなりません。
    ぐっちーさんの教えをいつまでも大切にしていきます。
    ご冥福を心よりお祈り致します。

  157. ななぱぱ より:
    羅針盤が...

    自分の羅針盤を失いました…
    代替するものをみつけるのは、もう…
    ご冥福をお祈り申し上げます。
    これまでありがとうございました。
    感謝あるのみです…

  158. KoBe より:
    悲しみの月曜日・・・

    月曜日になるとぐっちーさんを思いだします。
    悲しいですが、最後に頂いた情報ソースで自分で勉強することが、これまで購読していたぐっちーさんの教えかと思って原情報にあたります。

  159. jimie より:
    ありがとうございました。

    ぐっちーさんの訃報を知り愕然としています。
    約10年ほどぐっちーさんにはお世話になっておりますが、また元気に再会できると勝手に思っていました。
    たまたまレポートを配信して頂いていたスマホの調子がおかしくなり、受信出来ていなかった時に訃報のお知らせがあったのでしょうか?
    今日たまたま他のサイトで訃報を知り、ショックでショックで仕方ありません。
    いつも元気なぐっちーさんに知識と元気の両方を頂いていたと思います。
    マスコミの報道に惑わされぬ様に導いてくださったぐっちーさんに感謝感謝です。
    同年齢なので余計親近感をおぼえたかもしれませんね。だから余計に今回の訃報はきつく私にのしかかっています。
    残念ですが、お別れなのですね。。。ありがとうございました。
    ご冥福をお祈り申し上げます。

  160. ださださ より:
    寂しいです

    毎週月曜日に、メルマガを読むのが日課で、
    それが届かないんだと思うと、寂しいです。

    でも、かなり前のエントリーで
    誰かに引き継ぎするつもりもなく、各人が自分で考えるように
    とおっしゃっていたので、今後は自分でがんばってみます。

    ありがとうございました。

  161. みほ より:
    残念です。

    10年以上毎週月曜日楽しみに読ませてもらっていました。 
    経済音痴の私ですがそんな私でもでもわかるように書いてくださっていて、ここまで続けることができたのだと思います。

    訃報をいただいたときはショックで、しばらくグッチーポストも開くことができませんでした。

    長い間お世話になりました。
    本当にありがとうございました。

  162. やまちゃん より:
    ありがとうございました。

    訃報驚きました。
    残念でなりません。
    ぐっちーさんとの出会いは私にとってとても貴重なものでした。
    これまでありがとうございました。
    ご冥福をお祈り申し上げます。

  163. ひで より:
    ただ寂しい

    ブログからメルマガに至るまで10年近くお世話になっていました。毎週月曜日の配信を貴重な情報源として楽しみにしていました。ありがとうございました。今まで大忙しだったかと思いますので、ゆっくり休んでください。

    でも、、、メルマガの来ない月曜日はとても寂しいです。ただただ寂しい。

  164. ツヅキ より:
    ありがとう、そしてこれから

    ぐっちーさん
    命を賭して、メルマガを毎週毎週書き続けてもらっていたと思うと、感謝の念とともに心の底から尊敬いたします。
    私も私自身の道でぐっちーさんの生き方を見習わせて頂きます。
    ご冥福お祈り申し上げます。

    編集部の方へ
    ぐっちーさんにはアメリカを中心とした経済に関する議論をする仲間が沢山いたとメルマガ内で言及されています。
    このネットワークを利用して編集部の方独自の続ぐっちーさんメルマガ是非発行していただきたいです。
    待ってる読者も大勢いるかと思います。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。