ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2010/07/05 00:00  | 有料配信 |  コメント(12)

グラフ(メルマガ7/5号)

今週のメルマガ用のグラフです。

アメリカの雇用統計が出た訳ですが、相変わらず酷い内容でした・・・・

と言っても報道は相変わらずなので、細かく説明させて頂いています。

これだけ長期にわたり雇用が復活しない不況は資本主義史上初めてだとクルーグマンは言っています。

長期雇用不況とも呼ぶべき新たな時代が来ているのだと思います。

それでも日本は大分ましなのですが、はたしてどこまで頑張れるのか?

それから生命保険会社などの運用上限撤廃に伴い、日本国債を今のように買わなくなるというご指摘がありましたが、間違いです。

生命保険などの保険会社の日本国債購入に占めるウェートはせいぜい10%程度です。あとは銀行、そしてみなさまの郵貯。
生保・損保の存在感は国債市場ではあまりありません。

さらに、たとえば外貨建て資産の上限は確か30%だったのですが日本の保険会社は伝統的に10%がマキシマム。一時的に15%なんてこともあったんですが、まあ、それでもその程度です。

やれるもんならやってみなはれ、というのがせいぜいではないですかね(笑)。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。
尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

グッチーポストの有料コンテンツをお読み頂くにはご登録のお手続きが必要です。
既にお手続き済みの方はこちらからログインしてください。

お申込みについてはこちらをご参照ください。

12 comments on “グラフ(メルマガ7/5号)
  1. ポン介 より:
    このグラフは

    このグラフは何だ?
    26週以上の失業者が急速に増えていると言うことは、アメリカがおかしくなっているということの証なのか。
    「貧困大国アメリカ2」に書かれていることの表れか。

  2. ぺルドン より:
    今週のメルマガ

    二つのグラフは・・
    オバマの失敗を・・赤裸々に・・表している・・
    万事塞翁が馬・・我等の日本は・・

    スティグリップは・・
    ルーズベルトが・・途中で怯え・・緊縮型に・・これが大恐慌を長引かせてしまった・・との見解・・
    結局・・第二次大戦で救われたが・・何でアレ・・膨大な支出が解決・・と・・

    理性は心地よいが・・総て・・理性のみでは動かない・・
    官邸は・・経済・政治オンチのオンパレード・・

    子供に借金を残さない・・立派・・
    子孫に美田を残さず・・の格言もある・・
    借金も・・富も・・悪なら・・
    子供達が・・子孫が誇れる・・国を造るのが・・専決事項では??・・

    日銀がリップサービス・・怒涛渦巻く海に・・船出する・・おバカさんは・・いるでしょうか?・・?・・・

  3. ジム より:
    スペイン

    それに、、、スペインがどっちの危ない橋をわたろうか、どうしようかと、、、ギリシャはどうもその予行演習のようだったみたいですね。

  4. にゃん。 より:
    世界がこんな状況で。

    日経平均が6994円を割ってきても
    やっぱり増税するんでしょうか・・・ね?

    くるかどうかはわからないですけど、試しにきたら早いですよね、きっと。

    いまの時代、自給自足できる人が、いちばん強いのかもしれないですねえ。

  5. ぺルドン より:
    今週のアエラ

    それだけ・・
    米有名大学入試・・難しく・・授業料も高額・・
    そこで
    アファーマティブ・アクション・・最高裁までいった・・

    米国内で起きた・・飛行機事故で・・同僚の女パイロットは・・驚くべき低賃金を披露・・休日には・・ウエイトレスをして・・学資ローンを払っているとか・・

    日航の希望退職は・・倒産にも拘わらず・・割増金を払ったとか・・

    どちらが
    良い国か・・と尋ねられても・・パイロットなら・・クルーなら答えられるが・・・

  6. ピーマン より:
    円高は進む?。82円説迄あるが。

    アメリカ経済の長期低迷。欧州の財政不安。中国経済の減速懸念を受け、為替(対ドル円レート)は3月以内に82円迄進むとの説がありますが「ぐっちー」様、どうでしょうか。次週のメルマガで語って頂けないでしょうか。お願いします。

  7. とんとん より:
    中国

    中国が日本の国債を買ってくれるそうです。 ありがたや・・・
    それから治安が良くて風光明媚な日本の土地も大人気だそうです。 学校では英語と共に中国語も必須科目にしなくてはー

  8. へきぽこ より:
    このグラフ

    の凄さといったら例えようがないですね、

    地球温暖化のグラフもこんな感じでアイスホッケーのラケットのようなグラフでしたが、あっちはどうも捏造臭いのでこれはなかなかお目にかかれない物を見てしまった感じがあります。

    この失業率も捏造だったらどんなに気が休まることか・・・

    一応治療は成功したかに見え、峠を越えていたと思いきや、転移が見つかるだけならまだしも本来の患部も全く治癒していなかった…

    と考えるとゾッとしますねこれは・・・

    最近テレビを賑わしている占い師の方々に占ってもらいたいと思うのは僕だけでしょうか?

    最近はイタコはなりを潜めたぐっちーさん!

    タロットでも始めてみませんか?(笑)

  9. ぐっち〜さんまで何マイル より:
    うらしまたろう

    諸事情で2週間ほどネットに繋げず、メールチェックも出来なかったのだが、新聞とTVニュースだけではこうも情報音痴になるものか、、、
    まったく危機感なかったが、かなり悪い流れだ、、、

  10. 青い魔法瓶 より:
    おそろしや、カナリヤは鳴いた。

    恐ろしい記事が日経新聞に出ましたね

    中国が日本国債を買っているという記事です

    この国は遂に金利は1・0%で借りてますが

    とんでもない金貸しから借りてしまいました

    昔の金貸しは
    「おうおうおう、証文の日時は来てるぜ。
    ここにある、証文の金を耳そろえて返してもらおうじゃねーか。返せないって言うんなら、そこにいる娘と家にあるもので金目のものはみんな貰ってくぜ、おいお前ら、家の中探せ!」

    ってなりますね(笑)

    今の日本で、娘と金目のものに当たる物は何か?と考えると

    次のステージは恐ろしいです

    それにギリシャ危機は国債償還の直前のときに
    ギリシャの資金繰りが付かないところを皆が知っていた上で

    仕掛けられました

    人間が動けなくなっていると言う情報を
    得て滅多打ちにしているような物です

    中国にこのように日本は財務的に、確実に
    弱みを握られた感じです

    つぎは外国人参政権と考えると

    やはりこの国には終焉が近いと思わざるえませんよ

  11. とんg より:
    ダウ・・・相変わらず???

    大暴騰ですな・・・不思議だ
    世間が騒ぎ出すと真逆・・・
    普遍の心理ですな

  12. jinjin より:
    何処へ消えた?

    思わせぶりなグラフを7月5日にアップしたきり、ぐっちーさんは何処へ消えたんだろう?
    まさか自分だけ南の島で、彼女とバカンスを過ごしているのか?
    ちょっと前に、イケメンとにや付いていたしなあ。隅におけんぞ。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。