ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2016/11/18 11:20  | ワイン |  コメント(24)

ボジョレーヌーヴォー

本日、昨年に引き続き、紫波 4832にてヌーヴォーの会をやります。

元々、このヌーヴォーというものは地理的に近いブルゴーニュのその年のヴィンテージを測る、という目的が主で、つまり2年後にリリースされる2016年のブルゴーニュの値段をつけるためのテスト、という位置づけだったためワインとしての味、品質は二の次という傾向が強いものでした。

ところが、このボジョレーに産するガメイ種というぶどうのポテンシャルが実は高い、という意見が若手の醸造家を中心に広がり、近年ではテストワインとしてではなく、あくまでもガメイ種を使った赤ワインとしてある意味独立したカテゴリーになりつつある、という背景があります。

こうした背景があるために、例えば我々が販売している、フィリップ・パカレのヌーヴォーなど、いわゆるビオディナミの最先端を行っているワイン・・・パカレは元々あのロマネ・コンティの醸造部長だった位で、その味は素晴らしいものになっています。

その意味ではブルゴーニュのテストワインから、新たなカテゴリーになりつつあるボジョレーヌーヴォーは是非飲んで頂きたいもので、特に我々が取り扱っているパカレ、デコンブ、ビオディナミの祖とされるラピエールは自信を持ってお勧めできるものばかりです。

紫波に来ていただける方はもちろん、読者のみなさまにはぜひ味わっていただきたく、例年すぐ売り切れてしまい、もう追加注文はできませんので、お早目にお買い求めください。クリスマス、お正月までも十分に楽しめるものでございますので、ストックされることをお勧めします。もう寒くなっているので、保存にもそれほど気を使われることはありません。玄関などの暖房がないところに置いておけば十分です。

当ブログのバナーからお買い求め頂けます。

お薦めの飲み方は最初少し冷やした状態で飲んで見てください。

そのまま室温に任せて、その味の変化を楽しむ、というのがよろしいかと思います。その辺のスーパーで買うようなヌーヴォーは人口酵母を使ったいわば工業製品でありまして、パンに例えるなら山崎パンを食べているようなもの。まずいとまではいいませんが、まあ、それなりですよね。

であれば、やはり我々が取り扱う、この完全なビオのものをぜひ味わって頂きたい。その差は歴然としております。

何と合わせればいいのですか? という御質問を良く受けます。
基本はみなさまが食べたいもので一向にかまわないのですが、強いて言うならヌーヴォーの場合「酸味」がキーになるかと思います。

酸味と言えばレモン、ストロベリーなどのフルーツが思い浮かびますよね。このあたりはダイレクトに相性が合います。

更に、これらのものを組み合わせたもの・・・例えば生ガキにレモンを振って食べる、チーズにストロベリージャムを合わせる等々、応用がいくらでも効きます。酸味及び発酵つながりという事でいうと、キムチが意外に相性がよかったりもします。そのあたりは皆様のこれだ! というのを見つけて頂くのもまたヌーヴォーの楽しみ方と言えるでしょう(ボルドーのオールドヴィンテージではこうはいきません)。

ということで、今年も自信のラインアップ。
パカレあたりになると既にボジョレーを超えた、とフランスでは評されており、このお値段はかなりお得です。

みなさまもぜひヌーヴォーパーティーをお楽しみ下さい!

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。
尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

グッチーポストの有料コンテンツをお読み頂くにはご登録のお手続きが必要です。
既にお手続き済みの方はこちらからログインしてください。

お申込みについてはこちらをご参照ください。

24 comments on “ボジョレーヌーヴォー
  1. ペルドン より:
    ボジョレーヌーヴォー

    も・・
    やはり変らねば・・生き残っていけないか・・
    生き残る処が・・ボジョレ・oldになるか・・
    そんな楽しみ方・・
    年の取り方・・
    いいなぁ・・
    もえちゃん・・忘れられただろうなぁ・・・(笑

  2. ぐっちー本人 より:
    お世話になります・・・・・

    ぺルドンさん、もえちゃんとは何もございませんのでお手柔らかに!

    それから、この場を借り増して、今回大儲けをしたのはわたくし個人ではない、と明確に書いておりますぞ。某非上場会社の大社長が大儲けされたわけでありまして、まあ、それはわたくしのおかげと言えば言えなくもありませんが、既にフィーも頂いているので、これ以上お金を頂くこともございません。

    まあ、この方の場合、あまりにもうまく行き過ぎておりまして、同じことはなかなか起きないなと感じております。ただ、あのリーマンショックの最中、アメリカ人が指一本動かさなかった不動産を買い向かった度胸、といいますか、根性は立派であります。皆様もその日に備えて蓄財と度胸の訓練をされるよう、願っておりますぞ!

  3. ペルドン より:
    忘れていた・!

    我れらが関白殿・・
    芽出度く・・トランプ王にお会いになれたとか・!

    誰が・・強力な紹介者になったか・?
    論理的には・・
    「オバマ」大統領以外ないな・・大分払ったな・・夫人の慈善団体に・・・(笑

  4. 空の財布 より:
    いいね!!(笑)

    永遠に。
    その日に備えて。
    蓄財の訓練してると、
    言い聞かせ、
    納得させる。

  5. 人力 より:
    Add sugar

    息子の保育園の友人は今は母国アメリカでワイン造りの勉強中。お爺ちゃんはナパでワイナリーの支配人だった。

    その彼にワイン造りの話しを聞いたらadd sugarを連発。どうやら糖度の低いブドウは砂糖を加えて醸造するらしい。

    ドイツのリースリングもこの手でバッチリだって。

    その彼が友人と生まれて初めて醸造した記念すべき赤ワイン。しっかり砂糖も加えて!!醸造したけど、味は…。ワインの世界は奥が深ですね。

    アラン.パーソンズの曲にボジョレーってのがあります。安っぽい女に例えた歌ですが、翌日は二日酔いが酷いと嘆く。昔は安ワインの代名詞でしたが、時代はどんどん進化するんですね。飲みたい、美味しいボジョレー。

  6. 只野主任 より:
    日米露 三国・・・ ガラッと変わる?

    話はプーチンとの日露交渉?。来月ですよね。そりゃーオバマの紹介で次期大統領と話し合っておかないと。勝手に決められません。
    トランプ・安倍、プーチン、3人とも、中国で稼がなければならないが、安全保障上中国が問題。だが崩壊されても困るので、中国を支えなければならない。3人はけっこう相性が良く、これからのキーマンになるのでは。ますますぺルドンさんの得意問題だな。講義よろしく(笑)。

  7. パードゥン より:
    米ヘッジファンドの取り分は、20%

     ベルドンさんは〇〇ノ映画出演話で奥様が
    針の筵を用意したようですが、グッチーも
    女性の話は最近、ピリピリですね

     グッチーの私設ファンドなら、紫波を中心に
    一人100万くらい飛ばしてもOKの人が
    100人はいるから、1億円
    オバゼキ競馬より確立高そうだからゼロもありで
    レバレッジ10倍して10億は
    簡単に集まったのに残念~~
    今回みたいな時は特別条項で、グッチーの取り分が
    多くなる場合を入れていいですよ

      無料ブログは”面白、おかしく”の基準
    だったと思いますが、最近そうもいかなくなった?

     

  8. 二宮 より:
    ワイン初心者ですが

    去年のヌーヴォーの会、当日飛び入りで参加させて頂きました。
    銘柄を伏せてのテイスティング、大変楽しかったです。
    その時は心臓に悪かったですが(笑)

    ど素人の舌にもパカレのワインだけは全く違う風味で素晴らしかったです。別格の意味を知りました。
    ラピエールも身体に染み渡るような味わいで、先月も感動しながら頂きました。

    今年のも昨日届きました。紫波に思いを馳せつつ今晩頂きます。

  9. 楽譜 より:
    紫波の

    今年は紫波ワインもあるんですね.
    以前は酷評されていたと記憶しておりますが….

    これも以前申し上げたことですが
    成城石○で,紫波のぶどうジュースが売っていたことがありました.
    これが別格のぶどうジュースで御座いまして,
    「ぶどうがこれなら,紫波にもぐっちー様の
    お眼鏡にかなうワインがあるんじゃないかなぁ」と勝手に思っておりました.

    ちなみに当然ながら日本ワインのヌーヴォーも存在します.
    単体では薄くて飲めたものでは御座いませんが,
    鯛の刺身など繊細なものと合わせるとあら不思議,
    不思議なマリアージュを呈します.
    テロワールは食文化も含むのかも知れません.

  10. ぐっちー本人 より:
    恐れ入ります・・

    楽譜さん

    いつもすみません。
    紫波につきましては、ワインにせずにブドウジュースで売れ、と言っているのはほかならぬワタクシです。

    この機会に紫波のワインをプロモーションしたい、という地元の声がありまして、はっきりいって逆効果だと思うのですが、この際やめさせるきっかけになるかとも思い、ラインアップに入れてあります(笑)。これ、関係者が見たら怒るだろーなー、と思いつつ、うそは言えないので(笑)。

    ブドウジュース、マジでうまいです。ワインを作るだけ無駄な経費がかかりますね。因みにこれ、地方創生予算が死ぬほど入っていますので、皆様の税金で作っている、まずいワイン、という何とも言えない結末です・・・・

  11. dowahaha より:
    エエ話w

    まずいものはまずい!
    あたり前の事がなかなか言えないもんだ

    ワインってなものは簡単に作れるもんじゃネエし
    売れるもん作るのはどれだけ大変か
    テキトーに作って、他のもんもこの程度か!なんて思われたら逆効果だしな
    紫波ブランドに傷がつく

    先日、復興に協力を!(まだやってるんだわ)でスイーツを買ったって、おすそ分けもらったんだが、その辺の菓子屋のよりまずい
    おまけにけっこうな値段で売ってる(笑)
    こだわりがある訳じゃなく、その辺のとなんも変わらん
    こういうのはちょっと違うだろ!

    紫波ぶどうジュース大いにけっこう
    ホンモノは少ないし単価も高いはず
    無添加でウマイもん出来るんなら小生が何本でも買う

  12. 空の財布 より:
    ダメ押し?

    味覚の悪い人はワインなんて作る資格無いんじゃないですかね?…美味しくないという自覚、味覚がないんですよね?…偉そうに書きましたが、私には作れないでしょう…(苦笑)

  13. oda_susi より:
    赤ワインは苦手、、、

    白ワインは好きなんですが、赤ワインは何故か苦手です。一万円越えくらいのピノとかを一口飲ませてもらったら、結構美味しいと感じましたが。

    とはいえグッチーさんオススメのヌーボーだし、久しぶりに赤へトライしてみるか。。。

  14. 空の財布 より:
    不味い話で申し訳ない…。

    >民進党の安住淳代表代行は18日の記者会見で、安倍晋三首相がトランプ次期米大統領と米ニューヨークで会談したことについて「当選して1週間後に飛んでいくというのは、朝貢外交でもやっているつもりではないか。私は評価しない」と述べた。

    残ってる真面な議員はこんな人の発言に迷惑千万だろう。野合の衆・党、もうどこかの時点で解答・解凍・解党だろうな。

  15. 一刻者 より:
    地方創生ワイン

    あれだけ批判している地方創生予算がたっぷり入ったワインをしれっと
    売るなんていい根性してますな。何かよからぬ魂胆がありそうだ。
    知らずに飲んだら相当悪酔いしそうだ。

  16. volcano より:
    安倍トランプ会談

    オモロイでんな~。45分の筈が、トランプの要望で90分に。当初、夕食を共にする筈だったが
    「オラはまだ大統領なんだじょ~、二人で夕食なんてザケンナ~」
    とオバマからクレームが入り、取り止めに。
    日本政府広報から、その時の写真が公開されますた。が、トランプはユダ金の手先の全米メディアを一切排除。全米メディアもその写真使用を拒否。大統領選挙中、徹頭徹尾ヒラリーを応援し情報操作した全米メディア。トランプもムカついてたんですねえ。
    玄関まで送ってくれたトランプ「オバマが怒るから会談内容は秘密にしておこう」

  17. パードゥン より:
    会うのも1番でなければ、レンポウさん

     世界中が安部トランプ会談を報じてますね
    内容いいよりも最初なら、少なくとも、中国へ牽制にはなる
    民主党もケチな足をひっぱる発言より、何か
    1番の仕事をして、国民に役立ってほしいですね
    期待はしてるんですよ。 グッチーも紫波へ
    招待してるし。 とにかく庶民の生活改善に
    民主は寄与しないと、ヒラリーの2の舞い

     それに、前原民主代表がアメリカ保守にご挨拶
    いった時のほうが、ポチ感がつよかったですね
    自分のとこの事は忘れてしまうのですね

  18. 人力 より:
    白いオバマ

    オバマ政権の1期目。オバマより目立っていたヒラリー。トランプは白いオバマになるでしょう。

    どうやら国家が国民とロビイスト達に分断される時代の新しい政治手法の様だ。

    我々の大統領は頑張っている…というトリック。

  19. エンゾ より:
    本音は

    美味いもんを飲み食いしてねえ奴等に商品開発なんて出来るかよ

  20. パードゥン より:
    広島・黒田と伴に、専任グラブ作りも引退

     朝日に記事がでてましたが、いい話では?
    広島でページを稼いだ
    グッチーポストとしても、褒賞をあげて~!

     大阪のスポーツ具の会社の下請けをしていたが
    時勢で以前に廃業を決断。 製造ノウハウを移管。
    しかしプロの黒田投手には
    メーカーが同じでも、作り手が異なるがわかって
    しまったそうで、わかってくれる人の存在に
    感じて、面識はなくても製作を続ける事に

     西岡さん:
    48年続けたグラブ職人を今季限りで引退する。
    「すーっと肩の荷が下りた。本当にやりきった。
    黒田選手と一緒です」

     日本のこうした職人の価値を認めず
    やたら大卒ばかり作る、文科省の方針は
    いかがなものか?

    48年続けたグラブ職人を今季限りで引退する。「すーっと肩の荷が下りた。本当にやりきった。黒田選手と一緒です」。同じく最高の引き際と感じている。(

  21. 空の財布 より:
    それ言えてる…。

    かれこれ四半世紀前、百貨店勤務者のお言葉、正確には思い出せないが「呉服売り場の社員は並みの育ちの社員では務まらず」…へ~と感じながら皆聞いてましたな。

  22. りこママ より:
    楽しい会でした

    美味しいワインとぐっちーさんのトークに酔いしれました♡4832のお料理もどれも美味しく頂きました。生ハムも熊本のパイもぐっちーさんのちょこっと説明があるだけでぐっと美味しくなりました

  23. 那須の山奥の兄ちゃん より:
    為替介入への警戒

    日本政府が。。。
    というおバカなことは言ってはいけません。
    トランプリスクの円高局面が101円。
    現在、111円をうかがう展開

    10パーセント米ドルが切り上がって
    FRBが何も言わないことないでしょ
    これでアメリカ財務長官が言わないのもおかしい

    のんきにワインを飲んでてもかまわないけど
    週明けはアメリカからの警戒発言を警戒しなきゃいかんでしょうに
    インフレ懸念で通貨高というのはそもそもおかしいから
    どこかでまたね
    円高コース
    円安になってほしいと願っている派は永遠に続くと思うでしょうが
    円高トレンドが変わるわけないでしょうが
    永遠に円安になると思っているという輩がおおいのはバブルですね、笑
    結構、円高になると思っている連中が多かったら
    それは円高トレンドに回帰するのに時間がかかるだけのこと、笑

  24. 楽譜 より:
    恐れ入ります

    コメント恐れ入ります.

    紫波のぶどうジュースがすごいのは
    開けてから時間が経つと少しずつ風味が変わっていくことです.
    「ひらく」ぶどうジュースは初めて経験しました.

    今度,イベント会場でぶどうジュースの
    デキャンタージュをしたら面白いのかも知れません.

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。