プロが語る国際政治・経済・金融の最前線!

The Gucci Post [国際政治・経済・金融 × プロフェッショナル]

2009/09/29 14:15  | Weblog |  コメント(15)

亀井プロレス説


さすがにかんべえ先生。鋭い読みです。
100%アグリーですね。

溜池通信 かんべえのマスメディア日誌 9月28日(月)

しかも最近のプロレスでは見ない技なので相手も場内もどう受けていいのか、相手にしていいのかがイマイチわからないんです。20年前の後楽園ホールだったらいまどきやんやの喝さいだったのになんでだろう、ってやつですね。

突然場内に乱入してきてサーベル振り回して場内が騒然としてるところでそのサーベルの柄(サーベルの先っちょは絶対に使わない)のところで猪木を血だらけにして、帰っていくあれ。(当然タイガーと猪木は翌日ホテルオークラで仲良く飯を食っている)

はたまたそんなことで本当にギブアップするのか、なぜか3フォール奪われてしまう鉄の爪、フリッツ・フォン・エリックとか。

いまどき誰もギブアップしない四の地固めで次々とギブアップを奪っていたデストロイヤーもいた。

そう、スピニング・トーホールド、ってのも必殺技というにはあまり痛そうじゃなかった。

ちゃんと技を受けてくれる相手とそれを待ってましたとばかりにアプラウズする観客がいないと成り立たないゲームで、その意味では今や技をちゃんと受けてくれる人もいないので、プレーヤーとしてはさみしくリングを去っていくか、危ないぞ、といって誰かが本気で刺しちゃって選手生命の危機になるか、って感じなのかもしれませんね。

そういえば猪木みたいな選手はもちろん、やられ上手の大木金太郎みたいな選手もちょっといないですもんね〜、民主党には。

こういう芝居がかった演出ができなくなっていることもまあ、そういう時代になったのかもしれませんね。技を高度化させていくとみている方はおもしろいのかもしれませんが、あまり過激な技を受け続けていると三沢さんみたいなことになるのかもしれない。

政治はプロレス、そういう時代でした。

ただ、亀井さんもそのあたりの時代の読みが少しまずい。
昔ならサーベル振り回して大受けしたんですけどね、今は受けません。
えらい被害が起きないうちに早々に引き揚げられて、つくばで旨いカレーショップでも開いてください、って(笑)。

http://currydb.supleks.jp/shop/1757

雰囲気的にはフリッツ・フォン・エリックの鉄の爪か。

グッチーポストの有料コンテンツをお読み頂くにはご登録のお手続きが必要です。
既にお手続き済みの方はこちらからログインしてください。

お申込みについてはこちらをご参照ください。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

15 comments on “亀井プロレス説
  1. ぺルドン より:
    プロ・・

    鉄の爪・・ねぇ・・

    あの時、
    いつまで経ってもオールドボーイが四人、厳しい監視下にある四人が家出した。

    秘密のアジトは、ダチの弁護士が管財している洒落たマンションで、何から何まで揃った環境であった。足がつくはずがない。

    ここで時間に、奥方に捕らわれずマージャン三昧、朝がくると少し仮眠して、夫々の仕事場に。仕事が終われば、このアジとに舞い戻り、パイを握る。

    残された女房殿達は、家出を警察には届けまい、と踏んでいた。
    夢の・・憧れの生活であった。青春の残り火が燃えたのだ。
    何日目かの夜、
    チャイムが鳴った。出前かと管財人が出た。すぐに戻って来る。
    『帰るぞ』
    と突然言う・・えぇぇと顔を見上げた。

    顔に縦一文字の鉄の爪跡があり、血が噴出していた。
    われ等は夢の生活が終わった事を知った。
    あの時青春が終わったのだ・・鉄の爪で引き裂かれたのだ。
    とても、そんな奥様とは思えなかった・・

    借りてきた猫よりも慎ましやかに家に舞い戻った。
    勝ち誇った笑みをたたえた奥方が待っていた。

    今でもあの家出を忘れられない。

  2. リオ・マリーニ より:
    黒字倒産

    http://www.dotcolumn.net/column/details.php?bid=151

    こちらの意見の方が心情的には納得いく。

    税金や政策で助ける企業と助けない企業がある事がおかしい。

    中小だろうと、金融だろうと破綻したら倒産なら納得する。

  3. かんべえ より:
    わあ、ビックリした

    お取り上げいただき深謝。もちょっと詳しい話は、今度、お目にかかった際にでも。

  4. あっちー&こっちー より:
    プロレス会場は?

    例えて言えば、イラクの戦場でプロレスごっこやる馬鹿はいないだろう。
    自分の後援会場で、支持者相手にやればいい。
    国会で鳩相手にやってどうするんだ?!
    場所をわきまえろ、この無礼者!
    (ってとこですかね)

  5. ino(しがないエンジニア) より:
    延髄斬り!

    アントニオ猪木...と言えば「延髄斬り」ですよね?

    じつは亀井大臣、鳩ポッポの「延髄斬り」を受けるつも
    りでいるのかも。
    亀井延髄斬りでダウン、無情の3カウント!
    聴衆は鳩ポッポを大喝采。そして敗れた男加盟は静かに
    リングを去ってゆく...

    そんなこと有るわけ無いですが、このまま行くと本当に
    鳩ポッポ「延髄斬り」しないと不味いかもしれないです
    ね。

  6. ゆうのネネ より:
    亀井氏は正しいと思う

    大企業が成功しているは、日本の7割の中小企業の力があつてこそだと思うから、少しの間ぐらい返済猶予してあげても良いと思います。
    日本を、支えて来てくれたのだから景気がよくなれば復活出来ると思う。
    亀井氏がんばれ!!

  7. しかたない より:
    亀井は切れない

    ぐっちーさんが入れたフォローを悉く無駄にする鳩総理が、亀井大臣に表現を弱めつつ同調してますね。ぐっちーさんも鳩山総理と同じ考えになるんでしょうか。

  8. ねこ より:
    カンベエ

    久しぶりに、
    かんべえ先生のところに訪問したの。

    いつの間にか…
    黒幕?
    黒い幕の上に、やんわりと
    するどい白い文字が並び
    ポイントにカラフルな
    色づかいが素敵って思ったの。

    その中でも、ぐっちーさんの文字が
    いつも「紫」。
    高貴な色ね、いいかも。。

    やっぱりかんべえ先生も格別な、お人だわ。

  9. ダンダン より:
    借金の重み

    いつも鋭い情報有難うございます。
    決算時に何時も思うのは、
    借金の返済額を経費で認めてもらうことが
    出来れば、とても楽になるのですがね・・・
    この辺を考えていただきたいな・・

  10. 黒須 より:
    かんべえさん完璧に悪役でしたね。

    サンプロでは、かんべえさんこそ立派な悪役でしたよ。
    亀井さんは、よく言えば大岡越前かな。
    国民の見方はそんなもんです。
    資本家たちは必死ですね。
    でもこの案、通るんじゃないかな。
    社会資本主義国家になったんすよ。

  11. あっちー&こっちー より:
    北朝鮮戦略。

    ムムム。
    法案通れば万々歳。
    駄目だっ!っていうんなら、取引しようぜっ、てことですか?
    要は、族議員っつーか、国民のことなんか、考えていない。
    民間銀行痛めて、郵便局に恩売ってるんだな、たぶん。
    利権漁りですよ、利権。
    あー、わかめスープ!

  12. たなか より:
    4の字

    あの…
    実際の4の字固めはとても痛いです。
    細足のおねえさんにかけてもらっても十分痛いです。
    今夜お試しを…

    ちなみにかけられた方が裏向き(うつぶせ)になると4の字返しで攻守逆転。
    こちらの方がお好きでしょうか…
    今夜お試しを…

  13. ともちゃん より:
    亀井さん頑張れ!!

    金融を守るの錦の御旗で大手の銀行を守った自民党、今度は国民を守ると宣言した民主党。私の知り合いも銀行の貸しはがしで倒産しました。銀行の悪どさはひどすぎます。もちろんケースバイケースですが、支払い猶予や少しぐらいの赤字でも応援するところはわきまえてほしいものです。借りたら返すのは当然のこと。

  14. 少数意見 より:
    モラルハザード

    亀井徳政令についてのこのブログ内コメントを見るにつけ、すでにモラルハザードは始まっている。

    もっともらしい理由をつけて、平気で他人に責任を押し付ける風潮が…

    再分配策だけで、これからも幸せに生けていけると本気で思っている。

    誰かが新たな富を運んで来てくれる、と。

  15. とおりすがり より:
    亀井のほうがまともに見えるときがある

    タイでは、タクシン政権下で「向こう3年間、農民の負債返済を猶予する(この期間、政府が利子を負担)」というようなことをやってますね。荒唐無稽の政策ではないのかも。
    心情的には待ち望んでいる人もいるでしょう。推進派も反対派も、過去に実際に行われた政策の効果や影響を示して議論してほしいと思います。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。