プロが語る世界情勢・政治・経済金融の最前線!

The Gucci Post [世界情勢・政治・経済金融 × プロフェッショナル]

2022/02/21 06:30  | 経済 ZAP !! |  コメント(0)

第119号 市場を揺るがす有事でインフレ加速も


ウクライナ情勢にかき消されがちな感がありましたが、インフレを示す統計も相次ぎ、地政学リスクとインフレリスクの間を行ったり来たりするマーケットが続きました。

そのウクライナ情勢は、先週も様々な情報が飛び交い、マーケットも一喜一憂で、何とも落ち着かない1週間となりました。本メルマガでは、ウクライナ情勢から波及する、原油をはじめとした資源・エネルギー、農産物の需給について詳しく取り上げました。米国のインフレを大きく左右する要素でもありますので、是非ご覧ください。

それでは、今週のアウトラインです。

●先週のマーケット
 ・見直し賛成ゼロ
●先週の米国経済統計(結果)
●経済統計分析
 1. 生産者物価指数(PPI)1月
 2. 小売売上高 1月
 3. 連銀製造業サーベイ 2月
  ・NY連銀製造業 2月
  ・フィラデルフィア連銀製造業 2月
 4. 新規失業保険申請者数
 5. 住宅着工件数 1月
  ・住宅建設業者の景況感
 6. 中古住宅販売件数 1月
 7. ボラタイルな資源価格
  ・価格押し下げ要因も
  ・有事はインフレ要因
 8. ウクライナ情勢
 9. FOMC議事要旨
●今週の米国経済統計(予想)
●あとがき

それでは、さっそくまいりましょう。

※ここから先はメルマガで解説をしています。

メルマガ「経済ZAP!!」を購読するためにはご登録のお手続きが必要です。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。