プロが語る世界情勢・政治・経済金融の最前線!

The Gucci Post [世界情勢・政治・経済金融 × プロフェッショナル]

2021/11/09 07:30  | 米国 |  コメント(0)

バージニア州知事選とオフ・イヤー選挙


米ヴァージニア州知事選で共和党勝利 各地市長選では黒人やアジア系の市長誕生(11月3日付BBC)

バージニア州知事選は共和党のグレン・ヤンキンが民主党のテリー・マコーリフを2ポイントの僅差で破って勝利しました。日本のメディアも「驚きの結果」と大きく取り上げていたようですが、以下の記事で述べたとおりの展開でした。

「バージニア州知事選」(11/2)
 
またニュージャージー州知事選は、上記記事で民主党現職のフィル・マーフィーの勝利が間違いないとお伝えしていましたが、予想に反して大接戦に。結局マーフィーが勝利する見通しですが、共和党のジャック・チャッタレリは現時点で2.6ポイントの僅差まで迫りました。

その他にも、NY市長選(以下の記事参照)、バッファロー市長選、ボストン市長選などが行われ、ボストンでは台湾系2世の36歳であるミシェル・ウーが勝利。初の有色人種・女性の市長に就任することになります。

「NY市長選挙(民主党予備選)」(7/12)

バージニアはもちろん、他にも示唆に富む結果が多いオフ・イヤー選挙でした。ポイントを解説します。

※ここから先はメルマガで解説します。目次は以下のとおりです。

***********
バージニア州知事選とオフ・イヤー選挙
***********

●バージニア
●ニュージャージー、バッファロー、NY、ミネアポリス
●民主党と共和党の今後

***********
あとがき
***********

自民党の新幹事長・茂木敏充氏の“超忖度トリセツ” 枕、タバコ、室温まで官僚作「対応マニュアル」入手(11月2日付AERA dot.)

茂木新幹事長が外務副大臣だったとき、私はワシントンDCにいて、お迎えロジなどやったことがあります。まあ、たしかに、イメージとしてはだいたい記事のとおりです(※ここから先はメルマガをご覧下さい)。

メルマガ「世界情勢ブリーフィング」を購読するためにはご登録のお手続きが必要です。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。