ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2007/05/01 09:50  | M&A |  コメント(4)

三角合併解禁

1年遅れましたが遂に本日より解禁。日本企業にとっての「第二の敗戦」とならんように願うのみですね(笑)。


これにより、買収企業は買収資金を現金で支払わずとも自社株の受け渡しによって買収資金を払う事ができます。いくら日本の企業の時価総額が低いとはいえ、何兆円もの資金を確保するのは相当な負担ですが、自社株で支払えるとなればある種無尽蔵に渡せる訳です。


これは海外の企業による買収という事のみならず、日本国内でも再編のきっかけになりうる訳で、例えば借金まみれのソフトバンクが大黒字の新日鉄を買収する事は資金繰りから不可能でした。しかし、時価総額でみればどっこいどっこいですから、理論的には充分届く範囲です。


もちろんご推察の通り、渡した自社株が買収した相手によって売りにさらされる危険はありますが、乗っ取ってしまえばそういうコントロールも効き易いので事実上、あらゆる企業が敵に回る可能性があります。


アメリカでは20年も前にこういう事態がおきたので様々な事例を見る事ができますが、今日本の企業が(新日鉄はもちろん、三越とか狙われやすい企業はみなさん)こぞって導入している防衛策は殆どがアメリカで使われてみて、実際効果がなかった机上の空論ばかりです。「使えなかった武器」に大枚をはたいているのはなんとも納得がいかないのですが、安心料でしょうか。


最終的には何がなんでも企業価値を高めるしか無い訳です。GEがあれだけコングロ化した事も、あのモルガンスタンレーがディーンウィッターなどという「マチキン」に毛の生えたような会社を買ったのもこのコンテクストで理解できる訳です。


時価総額を初めとする企業価値を高める事こそが殆ど唯一の防衛策だということはアメリカのM&Aの歴史が見事に証明しています。


ただ、一つだけ・・・・これは有効だったね、という作戦があるとするとGEが考えた所謂クロスディフェンスという方式。これは企業版日米安保条約みたいなもんで、買収されそうになったらオプションを行使してもらいそれなりの株数を確保してもら、という約束をまずするのです。これは普通ですね。


所が実際は、いざ買収を仕掛けられた時にこのオプションを行使するとイリーガルと判断される可能性が高いのです。(他の株主の利益が希薄化によって毀損される) ただ、そのオプションの保有者がGEのような会社だった場合、更にそれを大々的に宣伝されて、いざとなればおれは出動するからね、と記者会見でもやられてしまうと、買い手の企業は買収を仕掛けた瞬間から未来永劫GEを敵に回す羽目になるので、うーん、大丈夫かよ、ったなことで買収に慎重になる訳です。


日本を攻撃するとアメリカが敵になるって図式が日米安保条約にそっくりですね。これは実に効果的だったのですが・・・相手が裏切らなければ・・・・という前提がありまして、庇を貸して母屋をのっとられっるおそれは充分にありますな。


ですから、この場合、2枚舌のイギリス人や3枚舌のオランダ人をパートナーにしてはまずい訳です(笑)。やはりカウボーイアメリカなんでしょうね、頼りになるのは。この種のアライアンスが簡単に組めればいいのですが、それなりの果たさざるを得ない義務が大きいのも安保条約といっしょです。(基地も提供したり思いやり予算とか・・・・)


ただひとついえることはどうやら日米の同一化が、企業レベルでも加速しそうだ、という事ですね。敵対的買収だけが注目されるのですが、本件はこういった角度から見ておく必要もありそうです。


という訳で、ぐっちー的には国際的な企業再編ももちろんおきるでしょうが、様々な日米クロスボーダーの防衛策の出現により、ドル円はほんとうに動かなくなっちゃうんじゃないか、とそちらの方が心配になる訳でして、心配するというよりはもう円を持ってる意味があまりないのかな・・・・とまあ、そんなことまで考えさせる材料ではあります。


買収そのものについて申し上げますと、まずはキャッシュフローの安定いている食品業界が目玉という見方でよいと思いますが、六本木MTが最後の東京の一等地と呼ばれているくらい東京の都市中心部の不動産は不足しています。時価総額が3000億円しかない三越は確かに真剣に心配した方が良いと思います、私は・・・・

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。
尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

4 comments on “三角合併解禁
  1. ペルドン より:
    三角・・・

    集団自衛権と空母を中心とした機動艦隊、

    経済も軍事も実態と発想が同じになってきましたか。

    新しいビジネスチャンスは、企む連中にもチャンスだし、振り込み詐欺で年間何百億の被害が出る日本では、どうなることでしょうか・・・?

    素早い司法の存在が、ますます必要不可欠になると思いますが、大丈夫でしょうか、日本の裁判所・・・?

    三角解禁は避けられないとしても、この一年間に勉強したのかなぁ?

    公判しながら勉強するだって?

    う・・・ん

  2. 含みといえば より:
    Unknown

    時価総額のさらに小さいセイコーなんてのはどうですかね?

  3. st より:
    Unknown

    日米の同一化がますます進んで行くんでしょうね。お互い先進工業国だし付き合いが長く気心も分かっているし相思相愛で良いんじゃないんでしょうか。アメリカは裏切る事はないと思いますが、日本の馬鹿な政治家が裏切る可能性があるので見張っていないと心配です。裏切ったらアメリカは怖いですからね。

  4. バッファロー66 より:
    日立に引き続き

    >三越は確かに真剣に心配した方が良いと思います

    またヒット出ました?

    並みの投資顧問も真っ青ですよホンマに。。。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。