ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2019/02/23 17:15  | マーケット |  コメント(28)

東洋経済オンライン

今週はワタクシです。たった今リニューされましたので、是非お読みください。
ここは・・・・・

炎上大歓迎、

です。こっちのHPは面倒だからやめてほしい(笑)

ぐっちー

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。
尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

28 comments on “東洋経済オンライン
  1. ペルドン より:
    今・東洋経済コメント・・

    読んできたが・・
    やはり凄いの一言・!
    年期が入った筋金入りばかり・・
    ぐっちー親衛隊コア軍団・・・
    ぐっちーを罵倒する事で・・固く結ばれている・・
    あぁいう愛の絆もあるのか・・・
    ( ^ω^)

  2. oda_susi より:
    饅頭キライ?

    知能指数が低すぎるコメントが氾濫するのは、ご勘弁。

    とはいえ、それでも数年間も書いたり読んだりしていると、少しずつ変化してくるんで、文字にしてアウトプットし続けるのは大事か。。。

  3. グッチー軍団の末席 より:
    バカの壁

    罵倒する人に、地方再生に何がやれるのか、きいてみたいです。
    箱を作っても、箱は富を創出しないし、そもそも箱を活かす人材がいないのにねー

  4. 空の財布 より:
    熱量が凄い…

    負けた…苦笑

  5. メルマガ読者 より:
    東洋経済

    ぐっちーさんの意図は分かりますが、今回のはちょっと・・・

  6. 空の財布 より:
    ガッテン、ガッテン!

    >アエラ

    アベマリアブラックパレスの誕生ですか?

    その可能性は?どうなるんでしょうね…

    何でもかんでも税金…更に上がる?…最後は日銀救済…国民の税金で…?

  7. タチバナ より:
    東洋経済新

    記事を読んだフランス在住の方が「パリに行けばわかることですが、多くの人は午前中2時間くらい働いて、ランチでゆっくりワイン飲んで会話を楽しんで、17時には家に帰っています。」の部分をそんな夢物語みたいな事、ある分けがないと指摘していました。記事の大意は納得できるのですが、細かな部分でやはりぐっちーさんの見ているハイソな世界と現実の世界は随分違うのではと少し違和感を感じました。

  8. ペルドン より:
    現在は知りませんが・・

    ローマ人は・・
    昼過ぎ・・遅くとも二時までに仕事を終え・・
    後は大抵ローマ大浴場へ・・

    江戸・・旗本・御家人は三日に一度の出勤・・
    役職の人びとは、朝四ツ時(十時)登城、九ツ半(十三時)に退出、
    泊番のある人びとは七ツ半時(十七時)より登城・・・
    優雅ですね・・・

    パリよりも・・江戸時代にタイムスリップしたい・・
    奥方は置いて・・・
    ( ^ω^)

  9. ぐっちー本人 より:
    どうんなんでしょうか。

    パリだと普通に郵便配達のおじさんたちと一緒にワイン飲んでます。公務員だから優遇されている可能性はありますね~。

    それにしても・・・・・
    この競馬の外し方は非常にまずい・・・・
    完全にスランプと言っていいだろう。このまあG1シリーズに乗り込むには極めて危険だと認識しています。やばい・・・・・

  10. 人力 より:
    人口動態

    部分的には勝ち組の地方も存在しますが、全体的には負けが約束されている日本。根本的な問題は人口では無くて人口動態。

  11. ぐっちー本人 より:
    例えば・・・

    東京だって満員電車に乗っていないやつもいるけど、そうでない奴もいるわけ。
    パリだって、おれの同業のやつらは血眼になって働いるから、ランチ10分とかのやつは結構いる。ま、エリートだよね、金稼ぐことに人生のプライオリティーがある。その点パリは・・・・・と言う話であって、フランス在住の方がなにやってんのかによって、変わるに決まっている訳だから、ひとりの友達を出してきて話されても、こういう場では議論になりませんね。それは一体どういうバックグラウンドのどういう人か、という属性がわかりませんからね。私は一応属性の一部を書いています。

    ニューヨークの話をしても、そうじゃない人もいる、って必ず突っ込んでくるばかがいるんけど、まあ、そのあたりは考えてよ。

  12. エンゾ より:
    今回はまた

    東洋経済オンラインのコメント多いですなぁ┐(‘~`;)┌
    多ければ多いほどビジネスチャンスがあるんじゃないですか?

  13. ペルドン より:
    ぐっちーが・・

    トランプ式やり方をやっただけさ・・・
    ( ^ω^)

  14. 牧神のギガ より:
    釣り球

    典型的な釣り球は、外角への変化球。ストライクゾーンからボールに落ちる球や、外へ逃げて行く球。

    今回の東洋経済オンラインの記事は、高校球児だったぐっちーさんの老獪なピッチングに翻弄されて、釣り球に手を出してしまっているコメがたくさんある。

    「日本人の人口」はテーマではない。精々、「ある地域の人口」が導入として出てくるだけ。それも、重要じゃない、と切り捨てられてしまう。

    釣り球に引っかけるには、伏線が必要。例えば、決め球が外角低めのストレートだという伏線があれば、外角への釣り球は有効でしょう。

    この伏線を張ったのは、やっぱり財務省じゃないか、と思う。高齢者が増えて、社会福祉関連の負担が増える、とか、生産年齢人口の減少速度は、人口全体のそれを上回る、とか。増税を納得させる為に、外角低めを意識させて来た。

    地方のお役所にとっては、地域の人口を増やすという話がストライクゾーンのど真ん中。地方自治体の収入のうち、地方交付税も住民税も人頭税だから。

    でも、地域再生にとって、ストライクゾーンはそこじゃない。皆、そろそろ気がついてくれないかなあ?

    これが記事の主旨だと思う。

    それにしても、木下氏の「交流可能圏域人口」という捉え方はセクシーですね。私の故郷、神戸が輸入港として栄えた時代は、この交流可能圏域は凄く広かったし、ワクワクするような雰囲気を醸し出してくれるモノやヒトが世界中から集まって来ていたのですが、今は、普通の政令都市に成り下がってしまった。

    最後にベストなコメントはコレ。
    「銀行法第4条第1項の規定に基づく銀行業の免許を取得されていらっしゃるのでしょうか?」

    打者の背中の側を通る大暴投!

  15. ぐっちー本人 より:
    有難うございます!

    いつのまに牧神のギガ、となった訳なんですな。

    的確なコメント、ありがとうございます。
    面白いように振ってくるので、満足してます。

    そう、神戸なんですよ。
    この部分100%アグリーです。

    神戸が輸入港として栄えた時代は、この交流可能圏域は凄く広かったし、ワクワクするような雰囲気を醸し出してくれるモノやヒトが世界中から集まって来ていたのですが・・・・

    我々頭の中にあるのはいつもこれで、人口じゃない。だって貧乏人が100万人来たら町は潰れる。

    この訳が分からず、わくわくするような雰囲気を醸し出す人が集まる街が、例えばシアトルであったり、サンセバスチャンであったりして、その都市は発展する、と考えているんですね。要するに変な奴(一般の枠組みに囚われたくない人)がたくさんあつまる、ってのが都市にとって一番必要なんじゃないかな、と思う訳ですよね。その点、当時の神戸はまさにそうでしたね。多国籍だったし。

    ああいうのを目指していきたいな~、というのはほんとにそう思います。私が紫波に引っ越してきてから確かに変な奴がたくさんやってくるようになりましたが、まだまだですね。やっぱり、地元に変な奴がいて、そいつが中心にならんとだめなような気がします。

  16. 楽譜 より:
    ワイン

    あ,今朝グッチーポスト見忘れたぞ…
    と思って見たらもうロゼ売り切れですよ.
    ありゃりゃ.

    ニューヨークは,確かにニューヨーク州と,
    ニューヨーク市と,マンハッタンで全く違いますよね.
    マンハッタンと周辺以外は自然が一杯.
    同僚はロングアイランドのvineyardで結婚式挙げてました.
    突拍子過ぎて「びにゃーどで結婚式するんだ」って
    何言ってるんだか最初全く分かりませんでした.

    自分は激安だったのでPalmerを好んで飲んでいましたが….
    他のも試してみます!

  17. ぐっちー本人 より:
    うーむ・・・・

    グッチーポスト、舐めてるとやばいっすね(笑)。
    お、おれの分が・・・・

    と言いたい所ですが、せっかくですし~。
    では、このウォルファーエステートのロゼがまた抜群にうまいので、お試しを! 私のまとめ買いアイテムの一つ。お早めに!

    http://gotowine-shop.jp/?pid=94684112

    ロングアイランドのビニヤードで結婚式とは、そらまた贅沢な(笑)。
    ハワイなんかでやってる場合じゃありませんよね~、素晴らしいご趣味の持ち主ですな。

  18. ペルドン より:
    ぐっちー推薦ワイン・・

    一度・・
    ぐっちーに・・ロゼではなく・・白・プレゼントされた・・
    僕は一口飲んで・・ヤバイなと止めた。
    奥方はそのまま飲み続け・・気付くと・・
    ワイングラス・握りしめたまま・・前向きに倒れていた・・
    だから・・
    言わんこっちゃない・と思ったな・・ワインの怖さを知っていない・・
    ロゼでも白でも赤でも・・ぐっちーと一緒に飲むときは・・
    女性はくれぐれも用心しなくちゃ・・・
    ( ^ω^)

  19. x より:
    金持ちの集まる魅力あるところを作らなければならない

    ぐっちーさんの仰ることは、要するに金持ちの集まる魅力ある場所を作らなければならない、その為には魅力ある人(ビジネス的な意味で。ジョブズの様に個人的には付き合いたくない人含む)が活躍できる環境が必要、という事だと思います。全く反論の余地は無いですが、下記だけは逆かなと思います。
    >少なくとも年収が3倍くらいあるなら東京でもいいかもしれないが、
    年収が3倍ならパリの方が良いから、パリは金持ちの集まる魅力ある街なのでしょう。年収200万なら、圧倒的に東京の方が物価も安いし安全で健康に暮らせます。
    コンビニで500円以下で(貧乏人的には)そこそこ美味しく1日の食事を満たせますし、ドンキホーテとかイオンとかでまとめ買いすればその半額くらいで生きていけます。家賃も23区内駅徒歩圏でも4万以下ですし(マンションは高いですけどね)、年収2百万のフリーターが土日祝日深夜にフラッと行っていつでも保険適用で病院に受診できるのは(2、3時間位待ったり、点数加算で割高ですが)、日本くらいのものでしょう。
    物価統計は日本とそれ以外の国で比較してる物が、明らかにapple to appleで無いので、ほぼ無意味な数字です。ビッグマック指数の方が適切でしょう。
    貧乏人フレンドリーな方に国全体が適応してしまった事は日本の長所でもありますが、長期停滞の一因でもあります。ぐっちーさんのご指摘は、この貧乏人フレンドリー思考一辺倒からの脱却が、今の日本に必要だと言う喝だと理解しています。

  20. エンゾ より:
    バスクチーズケーキ

    一昨日ラ・ビーリャのレシピで作ってみました。昨夜女性達にふるまったら大ウケ(^-^)v
    すると昨夜の「所JAPAN 」で紹介されてました。次は塩をかけてワインにあわせてみようかと。やはり赤かなぁ(-_-;)

  21. 楽譜 より:
    ロゼ

    御厚配大変恐れ入ります。
    無事注文をさせて頂きました。
    自分もロゼに関しましてはあまり印象が御座いませんので、
    今から大変楽しみにしております。

    マリアージュは…一口飲んでから考えます!

  22. dowahaha より:
    ワレェw

    ホームゲームの抽選券に5万人かい
    ドタバタだったようだがナ
    詳細がわからんが
    どう決めるんだ?
    転売防止の為とか結局同じこったナ

    相場
    つまらん
    日経だけ取り残されてるわ
    今日など好きなように弄られてからに
    馬鹿な解説ばかりでナ

    クロダも現物買いだけじゃなくて先物も買ったらどうよ
    少しは真っ当な相場になるわ

  23. ぐっちー本人 より:
    貧乏人が喜んで住む町

    上手く書けなかった部分をXさんがうまくフォローしてくださいました。多少社会保障の負担やリビングコストなど高くても、居心地のよさからパリの方がいい、でもコストの高い東京は3倍位の年収があるなら、耐えてもいい、という書き方になってしまったんですね。つまり、居心地に金銭的に価値があります、と言う点を上手に書けなかった・・・

    そりゃー、考えてみると基本的社会保障の内容は日本の方がはるかに上で、貧乏なら日本がいいや、という結論は絶対にありますよ。

    でも朝から晩まで働いて、あのラッシュに揉まれて・・・・と言う部分をどうみますか、という事なんです。年収が3倍あったら、それを我慢してもいいかもしれない、という意味でした。

    Xさんにうまくフォローして頂いたので大変助かりました。

    今日もぐっちーは満員電車とは無縁で仕事をして、14時から悠々とコンラッドでシャンパンを飲んで今戻ってきました。主な仕事はパソコンを使って、コンラッドで終わってしまったので、これからインプット(読書)の時間です。

    あ、後藤さんが急に注文が来てびっくりした、とおっしゃってました。みなさん、ご贔屓にして頂いて、ありがとうございます!

  24. ペルドン より:
    要するに・・

    欧米並みの金持ちなら・・
    好きな処で暮らす・・日本でもいいですよ・・
    そんな金持ちでないのなら・・
    日本で暮らしましょう・・
    治安も医療も・満足・・若しくは我慢できる水準にあります。
    日本の自然・風景・人心を安心させる効力があります・・これが変え難い・・・
    でも日本でも・・もう少し贅沢したいのなら・・
    豪華船で世界一周の旅・・二回別の客船に乗れば・半年は海の上・・
    染み込んだみみっちぃ日本の垢を洗濯出来る・・
    欧米のリッチな暮らしを味わえる。
    戻ってくれば・半年は・・新鮮になった日本を賞味出来る・・

    高級ホテルに住み込むよりも・・豪華客船に棲み込んだ方が・
    楽しいと想像するのですが・・・
    ベストセラーにはならないと判ったから・・競馬万馬券当らないかなぁ・・
    ぐっちー頼み上げます・・・
    ( ^ω^)

  25. ぐっちー本人 より:
    豪華客船・・・・

    ペルドンさん、そりゃ逆にまずくないですか?
    どこにも行けないんですよ。500人乗りとして、嫌な野郎(女性も含む)は最低10人はいると思います。

    そのばかどもと、毎日顔を合わせる・・・・
    しかも日本人だったら毎日日本語で会話する・・・・・

    こりゃ地獄でしょう。
    わたしゃー、毎日自分の船室に籠って、海を見ている・・・・って、だったら海の見える豪華なホテルにいた方が、多分圧倒的にいいと思いますけど(笑)

  26. ペルドン より:
    そりゃぐっちーさん

    日本船に乗れば・・
    その可能性高いでしょうが・・外国船に乗れば・その比率は低くなるでしょう・・
    スポクラはあるし・・医務室もある。
    レストランは色々・・ワインもフンダン。社交を考えなければ・・フリースタイルでレストラン彷徨うのも楽しいと思いますよ。料理はイタリア船の方が旨いと聞きますが・どうでしょうかね・?
    大体一人旅と考えるから・・話が窮屈になる。詰まらなくなる。
    愛人と一緒なら・・或いは恋人同然な新鮮な奥方となら・・部屋に閉じこもっても・・日々色々する事があって・・凝縮された時間・楽しいと想像するな・・・
    お願いだから万馬券を・・!!!
    ( ^ω^)

  27. ぐっちー本人 より:
    馬券は自己責任で・・・・・

    今週の東洋経済オンラインを見て頂くとよくわかりますが、まじ、絶不調です・・・当たる気がしません。

    阪急杯なんて、3連単17-1-3で207,070円!!
    ぺルドンさん、1000円買ってればあっという「馬」に200万円でした・・・・

    これ、あとから見ると、決して買えない馬券ではないんですよ。

    ただ、レッツゴードンキがあと1馬身詰めてくれれば万馬券は私だった訳ですね・・・・チクショー!!

    何せ、一番人気が8着に沈んでる訳ですから、ここを取らなくてどーする!的な馬券なんですが、思わず掠る・・・・

    今週の日曜日は弥生賞で中山に行ってきます。
    気合い入れなおします。

    閃いたらコメントに書きますので、見ておいてくださいよ!!

    買わなかった・・・・は無しっすよ!!

  28. ペルドン より:
    絶不調だから‥

    神頼みになれるのですよ・・
    その後は・・競馬の神様ではないかと思える程・・
    当たるものなのです・・

    僕は馬券は当らないけど・・
    ぐっちーの予想は当るか当たらないか・・いい確率で当たるので・・
    まず予想出してもらわなきゃ・・
    しもきたのねこさん・・組んで買おうぜ・ぐっちーの万馬券・・・
    ( ^ω^)

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。