プロが語る世界情勢・政治・経済金融の最前線!

The Gucci Post [世界情勢・政治・経済金融 × プロフェッショナル]

2022/05/02 06:30  | 経済 ZAP !! |  コメント(0)

第129号 FOMCプレビュー、注目は引き締めペース


先週は、17年ぶりに「ダウ平均4月は高い」というアノマリーが覆りました。ダウは前月末比-4.9%、ナスダックに至っては-13.2%と2008年の金融危機以来最大の下げとなりました。また、S&P500が年初来で-13.31%と下げているのも、1939年以来、83年ぶりの大きさで、とにもかくにもボラティリティの大きい1カ月の締めくくり週となりました。

マーケットがボラティリティを高めた理由のひとつには、今週開催される5月のFOMCがあります。今回はプレビューとして見どころをまとめましたので、こちらも併せてご覧ください。

それでは、今週のアウトラインです。

●先週のマーケット
 ・日銀は緩和継続固持
●先週の米国経済統計(結果)
●経済統計分析
 1. 新築住宅販売件数 3月
 2. 中古住宅販売成約指数 3月
  ・金利上昇による減速
 3. 新規失業保険申請者数
 4. GDP 1Q(1次速報値)
 5. 個人所得・消費支出 3月
 6. 先週のエネルギー市場
 7. 5月FOMCプレビュー
  ・利上げペース及び、最終的水準
  ・FRBの保有資産縮小
 8. FEDの思惑
●今週の米国経済統計(予想)
●あとがき

それでは、さっそくまいりましょう。

※ここから先はメルマガをご覧ください。

メルマガ「経済ZAP!!」を購読するためにはご登録のお手続きが必要です。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。