プロが語る国際政治・経済・金融の最前線!

The Gucci Post [国際政治・経済・金融 × プロフェッショナル]

2020/09/08 05:00  | 米国 |  コメント(1)

米大統領選の展望


トランプ氏がバイデン氏上回る、賭け業者の予想オッズで(9月2日付ロイター)

米大統領選(11月3日)まで2か月を切りました。先月に党大会が終わり、昨日、レイバーデーが過ぎたことで、選挙戦はいよいよ「本番」に突入しました(以下の記事参照)。

「米大統領選の本格化」(9/2)

ここからは、世論調査のデータを含め、あらゆる情報が最終結果に直結する意味をもってきます。上記記事で述べたとおり、最新の世論調査の中には、バイデンのリードが縮小しているものがあります。また、ブックメーカーによっては、トランプ大統領の勝率がバイデンを上回るものが出てきています。

では、トランプの勝機は見えてきたといえるのか。最新のデータを踏まえて解説します。

***********
米大統領選の展望
***********

●トランプの支持率
●激戦州の攻防
●第3勢力の影響力

***********
あとがき
***********

自民党総裁選が再来週に行われる見通しですが、菅官房長官が本命候補になっています(ほぼ確実でしょう)。国内政局は本メルマガの担当外ですが、菅長官については、昨年5月に以下の記事でコメントしていました。

「菅官房長官の訪米」(19/5/13)

このとき私は、「菅官房長官の訪米は05年の安倍幹事長代理(当時)の訪米にかぶる」「米側は次期首相の最有力候補として受け止めた」「国内でも菅次期首相の方向に動いている」と書いていました。

もちろんこれは1年以上前の時点の話であり、そこから色々な事情の変化があったので、これをもってどうこう言うことはできません。ただ、今から振り返っても、一つのヒントにはなっていたと思います。

メルマガ「世界情勢ブリーフィング」をお読み頂くにはご登録のお手続きが必要です。
既にお手続き済みの方はこちらから今月の配信済みメルマガの確認と再送信が行えます(ログインが必要です)。

お申込みについてはこちらをご参照ください。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

One comment on “米大統領選の展望
  1. KB より:
    カニエにそんな効果があったとは・・・

    突拍子もない印象があったカニエ。でも「第3党の影響力」を読んで大変興味深いと思いました。
    彼自身、ミネソタの悲劇で遺された家族に経済的な支援をしている、との報道もあり、正直売名行為?(スミマセン・・・)とかうがった見方をしていましたが、もっと大きな影響があるかもしれませんね。ということで、メルマガ内で「よく見る必要」があるとおっしゃられていてナルホドと思いました。
    全体感から細かい戦況、さらには第3勢力の動きまで、米国の選挙の話題にはメルマガは欠かせません。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。