プロが語る国際政治・経済・金融の最前線!

The Gucci Post [国際政治・経済・金融 × プロフェッショナル]

2020/01/22 05:00  | 回顧と展望 |  コメント(1)

2020年の展望(2)

色々なことが起こるので遅れてしまいましたが、「2020年の展望(1)」(1/10)の続きです。

前回は、20年の主要イベントを概観した上で、米国の選挙と外交全般の見通しについて解説しました。

今回は、米国の外交の各論(中国、北朝鮮、日本、中東)を掘り下げ、その後、主要な地域情勢として中東、BREXIT、アジア、中南米の展望について解説します。

※ここから先はメルマガで解説します。アウトラインは以下のとおりです。

***********
2020年の展望(2)
***********

●米中交渉
●米朝交渉
●日米交渉
●米国の中東政策
●中東の政治変動
●BREXITの苦難
●アジアの選挙
●中南米の混沌

***********
あとがき
***********

Islamic State’s ‘very own Jabba the Hutt’ captured in Mosul(1月17日付Stars and Stripes)

ジャバ・ザ・ジハーディスト」という通称の「イスラム国」のリーダーをイラク軍が捕らえたというStars and Stripes(星条旗新聞)のニュースです。写真を見ると、なるほど「ジャバ・ザ・ハット」ですね・・『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の公開もあり、ちょうど良いタイミングだったのでしょうか。

メルマガ「世界情勢ブリーフィング」をお読み頂くにはご登録のお手続きが必要です。
既にお手続き済みの方はこちらから今月の配信済みメルマガの確認と再送信が行えます(ログインが必要です)。

お申込みについてはこちらをご参照ください。

One comment on “2020年の展望(2)
  1. KB より:
    2020を見渡して

    あまりに年初から慌ただしすぎで・・・。いけませんね。気持ちを落ち着かせて拝読。
    トランプにとって優先度低めの北朝鮮情勢も、国内ではどうしても話題にならざるを得ない上に、韓国情勢のブリーフィングも、とても役立ちました。
    駐留米軍経費については、成果を得ればトランプの選挙戦でのアピールになるのでしょうか?どんな交渉になるのか興味があります。
    やはり色々起きそうな2020ですね!

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。