プロが語る世界情勢・政治・経済金融の最前線!

The Gucci Post [世界情勢・政治・経済金融 × プロフェッショナル]

2018/10/17 05:00  | 南アジア |  コメント(6)

パキスタン現代史(5):軍・ISI、日本との関係


For Pakistan’s 13th IMF Bailout, Expect Tougher Conditions(10月12日付Bloomberg)
タリバーン指導者と米特別代表、アフガン和平に向け協議(10月14日付CNN)

「パキスタン現代史(4):中国・中東・核開発」(10/12)の続きです。

長期連載になった(笑)「パキスタン現代史」もいよいよ最終回です。今回は、パキスタン軍、それにパキスタンと日本の関係について解説します。

投資・ビジネスに関する情報も含んでいます。また、ぺルドンさんから軍の「情報部」について解説の依頼があったので、これも取り上げます。

軍の情報部とは「軍統合情報局(Directorate for Inter-Services Intelligence、通称「ISI」)」のことでしょう。ISIは米国のCIAや英国のMI6に相当するインテリジェンス機関で、泣く子も黙るパキスタンの謀略を支える組織として世界的に有名です。『ホームランド』など海外ドラマでも、米国を苦しめ、時としてパートナーにもなる手強い組織としてしばしば登場します。

前置きも長くなりました(笑)。本論に入ります。

※ここから先はメルマガで解説します。アウトラインは以下のとおりです。

***********
パキスタン現代史(5):軍・ISI、日本との関係
***********

●軍の歴史
●ISIの暗躍
●軍の現在
●軍の統制
●日本との関係

***********
読者の方からのお便り
***********

読者の方からいただいたお便り(抜粋)をご紹介します。

>JDさん
>いつもありがとうございます、勉強になります。
>私がパキスタンにいたころ(1980頃)ゴルフ場に一人で行くと一緒に回ろうとローカルのおじさん連中とプレーすると大体、軍人でアメリカでゴルフ覚えたという人多かったです。
>ゴルフボールも軍でまとめて買っていて、日本価格より安かったです。
>ブットの娘は、商社の人の間では評判悪かったですね、どうしようもないと。
>パキスタンの前にいた、ナイジェリアでは、ナイジェリアの軍人との対抗戦で、カナダオープンに出ていたのと私(ハンデ6、現状実際は12~3)もいてアメリカ帰りのナイジェリアに完敗でした。
>いや~、タイガーみたいな飛距離のやつらでした。
>パキスタンでは、中国人が来ると野良犬がいなくなる!とパキスタン人が言ってました!

>パキスタンで会った、軍人さんの一人は本当に素晴らしいパーソナリティの方でした。紳士でしたね。
>サンダルを履いた、自分のキャディーの連れてきていて、打たせてみたらプロ級なのには、驚きました。サンダル履いて270ヤードでした。
>ついでに、その当時使っていた下請けの社長が、第二大戦当時、パキスタンのGDPは、韓国と同じくらいだったのに、今ではご覧の通りだ。GDPの半分が防衛費じゃ、発展なんて出来る訳がないと、怒ってました。

1980年頃のパキスタンの風景とご経験談、興味深いですね。私からもメールで感想などお伝えし、意見交換をさせていただきました。ありがとうございます。

以前には、カンボジアとインドネシアのスマトラ島のレポートを書いたとき、現地に駐在されている方からご連絡をいただいたこともあります。貴重なお話をお聞かせいただきました。あらためて感謝申し上げます。今後、こうしたお便りも、ご本人の承諾が得られれば随時ご紹介したいと思います。

***********
あとがき
***********

「パキスタン現代史(3)」(9/28)のコメント欄でぺルドンさんからクリケットについてコメントがありました。

私も、英国やインド、パキスタンといった旧大英帝国領でのクリケット人気には驚きました。公園や空き地で若者が草クリケットに興じているのを何度も見たものです。

ロンドンのナショナル・ポートレート・ギャラリーに行くと、歴史上の偉人のようにクリケットの選手の肖像画が飾られています。たぶん彼らはクリケット界のベーブ・ルースやイチローのような存在なのでしょう。私は見たこともない人たちですが・・(苦笑)。

インドのグルガオン(デリー近郊の最先端都市)にはクリケットのバッティングセンターがあります。私もトライしました。球が小さくて硬く、ワンバウンドするので、ケージの中でもプロテクターを付けないと結構怖い・・慣れもあるのでしょうが。

メルマガ「世界情勢ブリーフィング」を購読するためにはご登録のお手続きが必要です。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

6 comments on “パキスタン現代史(5):軍・ISI、日本との関係
  1. KB より:
    そうだったのか、ISI

    CIA、ビンラディン、タリバン・・・、なるほどそういうことですね!!

    それから、軍の内情も興味深く、特に今回は、JDさんの記事と、読者の方のお便りとが、とてもいい感じでリンクしていて、面白く読みました。

    こういうコーナー、とても興味深いく理解やイメージが深まるので、またお願いします!

  2. ペルドン より:
    御苦労様

    いいい情報だな・・
    知っている氷山の天辺より・・
    披露していない雰囲気があるな。
    クリケットを知らない人間に・・クリケットを教える難儀さはあるにしても・・
    フォローをお忘れなく・・
    パキスタンの軍情報の権威者になりましょう・・・
    ( ^ω^)

  3. JD より:
    ぺルドンさん

    御苦労様って・・上司か(笑)。

    このテーマ、正直なところどこまで読者のご関心があるか疑問でしたが(笑)せっかくのリクエストなので書きました。

    今回の情報は、日本ではまずお目にかかれません。ここまで書ける人はほとんどいないはず。私は外務省の担当者含め地域の専門家を知っていますが、みんなずっと一つの地域に専従できるわけではないし、現役は突っ込んだことを書けませんからね・・

  4. ペルドン より:
    悪いJD・!

    勤め人の経験皆無・・
    言葉遣い無知・・
    上司ではなく・・戦友と逃げておきましょう。
    良いレポート・!
    殆どの人はパキスタンの軍と軍情報には無知でしょう。
    ホームランドを見た方は鋭ければ・・感じるかも知れないが・・
    だからこそ・・啓蒙が必要であります・・・
    ( ^ω^)

  5. china より:
    珍しい・・

    JDさんがつっこみしてますね・・しかも結構ハードに・・
    御苦労様・・敢えてお使いになられているのかと思っていたら天然でしたか・・

    興味・・私に限って言えばこれは後づけがの場合が多いです。面白いコンテンツに触れて初めてもっと知りたいという欲が湧きます。是非これからも私たちの知識欲を掻き立てるチャレンジングな記事を期待しております。

  6. ペルドン より:
    chinaさん

    天然とは何だ・?
    嫌味の回し方は・・奥方と瓜二つ・・
    結婚したら・・亭主を浮気に走らせる公算大だな・・・

    ( ^ω^)

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。