プロが語る世界情勢・政治・経済金融の最前線!

The Gucci Post [世界情勢・政治・経済金融 × プロフェッショナル]

2015/06/11 00:15  | ロシア |  コメント(1)

G7エルマウ・サミット - プーチン訪日


プーチン大統領の年内訪日に意欲 安倍首相会見(6月9日付朝日新聞記事)

安倍総理、プーチン訪日を本年中に実現させる、と言い切りましたね。一般的な外交の感覚からいって、ロシア国内での調整に相当の時間が必要になりますから、今から準備を始めて12月に間に合うかというところでしょう。

どんなやりとりを経たのか実際のところは分かりませんが、ケリー国務長官のロシア訪問から始まり、ナルイシキン下院議長との会談を経て、今回ウクライナ訪問ということで、何か起こる気配はありましたが、直後にいきなりG7のタイミングで発表するとは。ちょっと驚きでした。

米国の了解をとっていることは間違いありません。G7での対応を見ると不安を感じなくもないですが、ロシア抜きのサミットであれば、まああのぐらいのメッセージを出すのは必然でしょう。米国の動きは、これからもっとよく見る必要があると思います。

こうなると、プーチン訪日で何を成し遂げるかが問題になります。日本側としては、当然のことながら北方領土を狙うのでしょうが、そのためには見返りが必要です。中国のようにインフラ開発のプロジェクトを沢山提供することができれば良いのですが、どんなタマを用意できるのか。当然のことながら、ここでも米国への配慮が必要になります。

それにしてもオバマ大統領、バイエルン到着早々にメルケル首相とビールを飲んで満面の笑顔。上機嫌でしたね。

Obama jokes, swigs beer with Bavarians at start of G7 trip(6月7日付Reuters記事)

こんなにリラックスするオバマ。盗聴問題で内心怒り収まらないであろうに大歓迎のポーズを見せるメルケル。さすが、いずれも海千山千の大物ですね。

メルマガ「世界情勢ブリーフィング」を購読するためにはご登録のお手続きが必要です。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

One comment on “G7エルマウ・サミット - プーチン訪日
  1. ペルドン より:
    プーチン訪日

    右手で握手・・左手拳固・・
    本当に来るか・・当日まで判らず・・
    判らないが・・
    北方領土・・プーチンで片附ける以外ない・・ないと思わせる・・
    日米間に・・割り込みたい・・
    ちょろい日本を・・誑かす・・

    原発再開するなら・・
    安値で売ったウラン・・高値で買い戻す以外ない・・
    鴨だぜ・・
    プーチン・・口笛吹きながらやってくるか・・
    海百山百関白・・数字の桁の差・・気付いているでしょうねぇ・・

    メルケル・・怒った振り・・騙された振り・・巧い・・
    東独の盗聴網で生き残ってきた女性・・トトカマ振りも上手い・・・(笑

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。