プロが語る国際政治・経済・金融の最前線!

The Gucci Post [国際政治・経済・金融 × プロフェッショナル]

2017/11/30 05:00  | 中国 |  コメント(7)

中国のインフラ外交(2)


本日は、「中国のインフラ外交(1)」の続きです。

前回は、中国のインフラ外交の特徴と問題点を説明しました。

今回は、中国の外交戦略と権威主義体制の関係、さらに一帯一路とAIIBの展望について解説します。

※ここから先はメルマガで解説します。アウトラインは以下のとおりです。

***********
中国のインフラ外交(2)
***********

●中国の野心とアジアの権威主義
●AIIB

***********
あとがき
***********

ヘンリー王子との結婚が発表された女優メーガン・マークル、どこかで見たなと思ったら、ドラマ『スーツ』に出ていた人ですね。

王室といえば、来週か再来週に皇室にまつわる記事を書く予定です。

ドラマといえば、映画『エイリアン・コヴェナント』を見ました。『エイリアン』シリーズは80年代の多感な時期の私には大きなインパクトを与えた作品で、思い入れがあります。

前作『プロメテウス』は映画館で見ましたが、予想を裏切る展開と映像美に圧倒されました。今回もまた同様の衝撃を味わいました。

AIへの警鐘も感じさせるストーリーでした。アンドロイドは『エイリアン2』と『ターミネーター2』では頼もしい味方だったのですが、やはり人間性や創造力をもつことが仇となったのか。これは今後も、より現実感を伴うかたちで、様々な作品でテーマになるのでしょうね。

監督のリドリー・スコットといえば『ブレードランナー2049』ですが、これはかんべえさんが辛口の批評をしてましたね。私にとっても避けては通れない作品なので、がっかりすることを覚悟でしっかり見届けたいと思います。

メルマガ「世界情勢ブリーフィング」を購読するためにはご登録のお手続きが必要です。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

7 comments on “中国のインフラ外交(2)
  1. ベルドン より:
    合体

    だが・・
    中国も底なしの財布を持っている訳ではない・・
    米国とEUに絞められては・・
    血液に合わせた行動になる・・
    まだエイリアンの認識が弱いのでは・?!

    ひどい咳の風邪・・肺移植したように痛む・・頭も正常に動かない・・
    覚えている体位の数を数えたら・・片手・・脳障害起こしたかも知れない・・
    ( ^ω^)・・・(笑

  2. 下北のねこ より:
    点滴

    ベルドンさん、すぐ近くの病院行って診てもらったほうがいいですよ。
    そして、点滴打ってもらって、咳止めのお薬処方してもらったほうがいいです。
    風邪はすぐ病院に行って、長引かせないのがベストです。

  3. 下北のねこ より:
    追記・吸入薬

    咳がひどいのなら、吸入薬がいいと思います。
    あと、そろそろ加湿器を普通に使用していいんじゃないでしょうか。

  4. ベルドン より:
    下北のねこさん

    御親切に・・
    やはり・・若い女房をもらって・・背中撫ぜられゴロゴロ喉を鳴らしてるのが・・
    いちばん早いか( ^ω^)・・・(笑

  5. KB より:
    なるほど

    「一帯一路」+「AIIB」で、これからどんな世界が広がるのか・・・、楽しみです。

    中国がどうやって周辺諸国を取り込んでいるか、という視点だけでなく、ここ2回の記事のように「取り込まれる側」の視点をこのようにいくつも検証してみると、とても興味深いものがありますね。

  6. JFKD より:
    ぺルドンさん

    まずい症状ですよ。人間極限状態に追い込まれると、楽しく覚えた記憶を数えて思い出すらしい。リーガルハイの主人公、古美門研介の場合は、ウルトラ怪獣の名前を数え出した。何かしたのでは。身に覚えはありませんか。笑
    今年のインフルエンザはたちが悪く、予防接種も間に合わないとか。髄膜炎でなければいいのですが。笑 油断禁物。でも若い人ほど感染能力が高いらしい。まだ若いということでは。私は年々感染しなくなってきた。

  7. ベルドン より:
    なる程

    JDは・・
    見たエイリアンの数を思い出しているのか・!
    質の悪い風邪らしく・・
    今では3体位より・・思い出せない・・
    明日になれば・・
    何も思い出せず・・童貞だと信じているのだろうな・・
    ( ^ω^)・・・(笑

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。