プロが語る国際政治・経済・金融の最前線!

The Gucci Post [国際政治・経済・金融 × プロフェッショナル]

2017/11/03 09:00  | 中国 |  コメント(3)

李克強が留任した理由


読者の方から、李克強が常務委員に留任した理由は何かというご質問をいただきました。

「習近平体制2期目(1):「皇帝」の誕生」

今回、私の見方をお伝えします。

※ここから先はメルマガで解説します。

メルマガ「世界情勢ブリーフィング」を購読するためにはご登録のお手続きが必要です。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

3 comments on “李克強が留任した理由
  1. KB より:
    現地の状況

    習近平が李克強をどう見ているか、とても分かりやすい解説でした。
    強力なNo2なのですね。

    お忙しいと思いますが、是非できるだけ最新の現地の情報もUPしてください。
    楽しみにしております。

  2. KB より:
    現地の情報

    お忙しいと思いますが、是非、現地の情報、状況をご教示ください。
    楽しみにしております。

    李克強の立場、彼のバックの存在などとても分かりやすかったです。
    ここまでのメルマガで分析された習近平と彼の目指す世界と合わせて、今週はとても中国の理解が深まった週でした。

    あ、そういえば、まだ続きがあるのでしたよね・・・(笑)

  3. ベルドン より:
    李克強

    JDの解説は妥当だが・・
    習近平の党での方針に・・李克強は賛成したのか・? 反対したのか・? 
    反対ならどの方針に異を唱えたのか・? 人事・党主席・・
    判明していない。
    勿論それらは党の内部情報であり・・非常に重要で・・今後を予測する根拠になる。特に中国共産党の内部抗争は・・百鬼夜行・・表だけでは判断出来ない・・

    習近平一期目で・・首相の役目経済担当を既に習近平に取り上げられているとする・・専門家の分析もある・・経済政策の失敗を押し付けられる役目になっている・・との憶測も露わになっている・・・
    ( ^ω^)・・(笑

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。