プロが語る世界情勢・政治・経済金融の最前線!

The Gucci Post [世界情勢・政治・経済金融 × プロフェッショナル]

2021/07/19 06:30  | 経済 ZAP !! |  コメント(0)

第88号 6月米CPIは大幅上昇、インフレは一時的なのか


一時に比べ、米国の長期金利が落ち着きを取り戻しているためか、このところ「インフレ」議論が少し下火になっています。それもそのはず、パウエルFRB議長もあらためて「一時的」と強調しているのですから当然です。

しかし、今回発表となった消費者物価指数や小売売上、各連銀のサーベイなどからは、アラートとも読める「変調」が見て取れます。予兆を認識して、今後のマーケット動向に注視する。混沌とした環境だからこそ丁寧に見ていきましょう。

それでは、今週のアウトラインです。

●先週のマーケット
 ・日銀展望と景気先行きは?
●先週の米国経済統計(結果)
●経済統計分析
 1. 消費者物価指数(CPI)6月
  ・一時的インフレ要因
  ・上昇基調を強めた住居費
 2. 小売売上高 6月
 3. ミシガンサーベイ 7月(速報値)
 4. 主要連銀製造業サーベイ 7月
  ・NY連銀製造業景況指数 7月
  ・フィラデルフィア連銀製造業景況指数 7月
  ・顕在化する賃金上昇圧力
 5. 新規失業保険申請者数
  ・継続受給者の減少
 6. 今週のひとこと
●今週の米国経済統計(予想)
●あとがき

それでは、さっそくまいりましょう。

※ここから先はメルマガで解説します。

メルマガ「経済ZAP!!」を購読するためにはご登録のお手続きが必要です。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。