プロが語る世界情勢・政治・経済金融の最前線!

The Gucci Post [世界情勢・政治・経済金融 × プロフェッショナル]

2021/07/05 06:30  | 経済 ZAP !! |  コメント(1)

第86号 強弱感が入り混じる、6月米雇用統計


先週は、週末発表される雇用統計を控えて、日米とも市場は様子見ムードが充満していました。新型コロナ感染拡大による経済の最悪期から約1年経過し、「統計の歪み」を軽視する発信や、「統計のブレ」に慣れてしまっているともとれる分析が散見されます。

しかし、FRBを始め今後の金融政策を決定する上ではこうしたデータは軽視できるものではなく、雇用の回復は最も重要なポイントです。今回発表となった6月の雇用統計は内容にばらつきがあり、非常に難しいものでした。今週はその点を丁寧に読み解きます。

それでは、今週のアウトラインです。

●先週のマーケット
・過去最大の税収の立役者は?
●先週の米国経済統計(結果)
●経済統計分析
1. 中古住宅販売成約指数 5月
2. ISM製造業景況指数 6月
3. 新規失業保険申請者数
・上乗せ給付停止州の変化
4. 雇用統計 6月
・雇用統計総論
●今週の米国経済統計(予想)
●今週のひとこと
●あとがき

それでは、さっそくまいりましょう。

※ここから先はメルマガで解説します。

メルマガ「経済ZAP!!」を購読するためにはご登録のお手続きが必要です。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

One comment on “第86号 強弱感が入り混じる、6月米雇用統計
  1. KB より:
    ちょっと得意げ

    「雇用統計が過去と比較が可能か否か」という議論が市場にあり「そもそもその比較は無意味なのではないか?」みたいな話をしている人がいました。
    「はっはー、この人季節調整や連続性をぶっ飛ばして話しているなぁ・・・」とほくそ笑んだことは言うまでもありません。
    統計しかり、FRBの政策しかり、定点観測から全体像、連続性を掴むことの大切さを思い知った、コロナ禍の経済です。
    これからは、金融政策もまた見どころ満載となりますでしょうか?楽しみにしております。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。