プロが語る国際政治・経済・金融の最前線!

The Gucci Post [国際政治・経済・金融 × プロフェッショナル]

2020/08/04 11:00  | バックナンバー |  コメント(0)

バックナンバー(2020年7月)


先月のバックナンバーです。

過去の記事も読んでみたい、と思われた方はぜひご覧ください。
また、第33号より、FEDの資産買い入れ状況についても掲載しています。

記事の構成は以下の通りです。

●今週のマーケット
●先週の米国経済統計(結果)
●今週の米国経済統計(予想)
●経済統計分析
●あとがき

以下は経済統計分析の主なテーマです。

7/6 第32号 米雇用回復から透けて見える不安要素
 ・ISM製造業景況指数 6月
 ・雇用統計 6月(平均時給、プライム年齢層、パートタイム、長期失業者、雇用統計総論、今後の雇用市場を見るポイント、失業者の誤分類は解消された?)
 ・新規失業保険申請件数
 ・FOMC議事要旨(6月9日・10日開催分)

7/13 第33号 ISM、JOLTS、新規失業保険、中国株暴騰、etc
 ・ISM非製造業景況指数 6月
 ・JOLTS 5月
 ・新規失業保険申請件数
 ・中国株暴騰

7/20 第34号 強い統計結果に漂う不確実性
 ・消費者物価指数(CPI)6月
 ・ニューヨーク連銀とフィラデルフィア連銀の製造業レポート
 ・小売売上高 6月
 ・住宅着工件数 6月
 ・新規失業保険申請件数
 ・不確実性が残る米銀決算
 ・第2四半期GDP予測

7/27 第35号 16週ぶりに増加に転じた失業保険申請
 ・中古住宅販売件数 6月
 ・新築住宅販売件数 6月
 ・新規失業保険申請件数
 ・第2四半期GDP 先行予測
 ・過去最高値に迫るNY金先物

「今週のマーケット」「あとがき」のテーマについては、各ブログもご参照ください。

配信の手続きについてはこちらをご確認ください。

メルマガ「経済ZAP!!」をお読み頂くにはご登録のお手続きが必要です。
既にお手続き済みの方はこちらから今月の配信済みメルマガの確認と再送信が行えます(ログインが必要です)。

お申込みについてはこちらをご参照ください。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。