プロが語る世界情勢・政治・経済金融の最前線!

The Gucci Post [世界情勢・政治・経済金融 × プロフェッショナル]

2022/02/01 09:00  | バックナンバー |  コメント(0)

バックナンバー(2022年1月)


1月のバックナンバーです。

過去の記事も読んでみたい、と思われた方はぜひご覧ください。
記事の構成は以下の通りです。

●今週のマーケット
●先週の米国経済統計(結果)
●経済統計分析
●今週の米国経済統計(予想)
●あとがき

各週のテーマと経済統計分析の主なテーマはこちらです。

1/3 第112号 いよいよ2022年スタート
 1. 2021年経済予測の検証
 (1)経済成長
 (2)雇用
 (3)失業率
 (4)労働参加率
 (5)インフレ
 (6)金融政策
 (7)住宅投資
 (8)住宅価格
 (9)住宅在庫
 (10)経済的ダメージ
 2. 米株を押し上げたのは?
 3. 簡単ではない2022年

1/10 第113号 引締めシナリオに動揺を隠せない株式市場/2022年米国経済予測
 1.ISM製造業・サービス業景況指数 12月
 2.新規失業保険申請者数
 3.FOMC議事要旨
 4.雇用統計 12月
 5.雇用統計総論
 6.2022年米国経済予測
  (1)経済成長は?
  (2)雇用は?
  (3)失業率は?
  (4)労働参加率は?
  (5)インフレは?
  (6)利上げは?
  (7)住宅着工件数・新築住宅販売件数
  (8)住宅在庫と価格

1/17 第114号 政治も経済も神経質な年になりそうな2022年
 1. 消費者物価指数(CPI)12月
 2. 生産者物価指数(PPI)12月
 3. 小売売上高 12月
 4. 新規失業保険申請者数
 5. FOMCメンバーはタカ寄りへ
 6. 主要金融決算4Q
 7. 緊迫するウクライナ情勢
 ・経済制裁の返り血は?

1/24 第115号 インフレ退治に荒れる市場、迫る1月FOMC
 1. NY連銀製造業 1月
 2. フィラデルフィア連銀製造業 1月
 3. 新規失業保険申請者数
 4. 主要金融決算4Q
 5. インフレ退治に荒れる市場
 6. 迫る1月FOMC
 7. 政権も金融引き締めを支持

1/31 第116号 1月FOMC通過、インフレ退治まっしぐらも、ロードマップには含みも
 1. 新築住宅販売件数 12月
 2. GDP 第4四半期(1次速報値)
 3. 新規失業保険申請者数
 4. 個人所得・消費支出 12月
 5. 1月FOMC
  ・公表は概ね想定内
  ・FOMC statement
  ・BS縮小のための原則
  ・記者会見はタカ姿勢
  ・兎にも角にもインフレ退治
 6. 長短金利差縮小

■ 配信の手続きについてはこちらをご確認ください。

■ 過去のバックナンバーはこちらをご覧ください。

メルマガ「経済ZAP!!」を購読するためにはご登録のお手続きが必要です。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。