プロが語る世界情勢・政治・経済金融の最前線!

The Gucci Post [世界情勢・政治・経済金融 × プロフェッショナル]

2021/12/06 06:30  | 経済 ZAP !! |  コメント(1)

第108号 オミクロン株で不確実性高まるも、インフレ退治に舵を切ったFED


前回、「パウエルの発言には要注意」などと申し上げておりましたら、さっそくハトからタカに様子が変わっているようです。そこには、米国の様々な事情もあるようで・・・。

今回は11月の雇用統計にも触れていますが、今月14日からのFOMCを控えブラックアウト入りとなり、FED要人発言もなくなりますので、先週のパウエル発言もしっかり押さえておきましょう。

12月に入り、マーケットもクリスマス休暇を控える中で、慌ただしい1カ月になりそうです。

それでは、今週のアウトラインです。

●先週のマーケット
 ・相場雑感
●先週の米国経済統計(結果)
●経済統計分析
 1. ISM製造業景況指数 11月
 2. ISMサービス業景況指数 11月
 3. 新規失業保険申請者数
 4. 雇用統計 11月
 5. 雇用統計総論
 6. パウエル議長タカに旋回
 7. OPEC+は増産計画維持
 8. 原油価格急落
●今週の米国経済統計(予想)
●あとがき

それでは、さっそくまいりましょう。

※ここから先はメルマガで解説しています。

メルマガ「経済ZAP!!」を購読するためにはご登録のお手続きが必要です。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

One comment on “第108号 オミクロン株で不確実性高まるも、インフレ退治に舵を切ったFED
  1. KB より:
    バイアスのない解釈が必要

    マーケットに与える外的要因が多岐に亘り(さらにそれらが入れ替わり立ち替わり・・)見通しが容易ではなくなっています。

    シチュエーションごとによって、「雇用増」も受け止められ方が違い、さらにその原数字と調整後の数字に大きなギャップがあるとか・・もう処理不能です(笑)

    だからこそ大局(トレンド)を捉えて・・ということと、その他の周辺事情も、時に視点を広く見ていく必要があるのですね。感謝祭の話も、今年の事情などをふまえて、またこれまでの統計分析と合わせると、学びが多いですね。

    データ×実態×周辺情報、でよりリアルな情報を、引き続きお待ち申し上げております。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。