ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2019/12/20 05:00  | 中東 |  コメント(1)

イスラエル現代史(15):米国とイスラエル(2)

「イスラエル現代史(14):米国とイスラエル(1)」(11/15)の続きです。

前回は、米国とイスラエルの「特別な関係」、米国のイスラエル支援、在米ユダヤ人の政治的影響力について解説しました。

今回は、米国政治において支配的な影響力を行使しているともいわれる「イスラエル・ロビー」の実像について解説します。

※ここから先はメルマガで解説します。アウトラインは以下のとおりです。

***********
イスラエル現代史(15):米国とイスラエル(2)
***********

●イスラエル・ロビー
●大統領選挙への影響力
●キリスト教シオニズム

***********
あとがき
***********

2019ユーキャン新語・流行語大賞(12月2日付ユーキャン)
Oxford Dictionaries declares ‘climate emergency’ the word of 2019(11月21日付The Guardian)

年間大賞は「ONE TEAM」、TOP10は「タピる」「闇営業」「令和」・・いまいちピンときませんね・・笑

ちなみに英国のOxford University PressのWord of the Year 2019は「climate emergency」でした。Collins English Dictionaryは「climate strike」。温度差を感じますね。こういうところでグレタ・トゥンベリさんの印象の違いなど出るのでしょうか。

グレタさんといえば、マドリードでのCOP25で演説し、無事に帰国したことが話題になりましたが、こんなニュースもありました。

ドイツ鉄道、グレタさんにツイッターで応酬 「混雑し過ぎ」と形容され(12月16日付CNN)

ドイツ鉄道も強烈なパンチで、大人げないとの批判もあったようですが、抗議も受けたということで仕方ない面もあったのかもしれません。それにしてもグレタさんのアピールもドイツ鉄道のツッコミも、ツイッター時代をあらためて実感させます。

また、グレタさんより若い環境活動家も現れているようです。

Meet the Climbing Kids: 8- & 11-Year-Old Siblings Who Rappel from Bridge Demanding Climate Action(12月9日付Democracy Now)
Indian 8-year-old challenges world leaders to act on climate change at COP25 in Madrid(12月11日付The Hindu)

8歳、11歳・・ここまで来るとどうなんだろう、という気持ちもあります。ただ、私が最近北欧の人から聞いて興味深いと思ったのは、教育のあり方です。

北欧では、初等教育から「何かアイデアがあれば人を動かすことが大事」「デモはそのための一手段」として教えられるそうです。社会が子どもに対して「インフルエンサーになれ!」と促しているのですね。そういうコンセンサスができているので、グレタさんの活動も自然と好意的に評価されるようです。

あと、インドについては、大気汚染はとんでもないレベルなので、切迫感が違うこともあるのでしょう。このへんは冒頭の流行語大賞の温度差ともつながる部分ですね。

メルマガ「世界情勢ブリーフィング」をお読み頂くにはご登録のお手続きが必要です。
既にお手続き済みの方はこちらから今月の配信済みメルマガの確認と再送信が行えます(ログインが必要です)。

お申込みについてはこちらをご参照ください。

One comment on “イスラエル現代史(15):米国とイスラエル(2)
  1. KB より:
    AIPAC

    成り立ちや影響力、”正確”に理解すると面白いですね。「ユダヤの影響」と一括りにせず、丁寧に紐解いているところも、特に「キリスト教シオニズム」は大変興味深かったです。(なぜ以前ここを丁寧に取り上げていたのかも、納得です。)
    あとは、JDさんの実体験に基づく、リアルな現地情報、あとがきにも通じますが、やはり面白いですね。こうした、丁寧な理解や読み解きが、先を見通す糧となっていくんだな、と感じます。イスラエルロスになりそうです(涙)

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。