プロが語る世界情勢・政治・経済金融の最前線!

The Gucci Post [世界情勢・政治・経済金融 × プロフェッショナル]

2015/07/02 00:00  | 映画・文学・芸術 |  コメント(2)

映画『ブッシュ』


Hulu、いいですね。私はこれで映画と海外ドラマをたくさん見ています。新しく追加される作品もなかなか魅力的で、時間がいくらあっても足りません。その中で、先日見たのがジョージ・W・ブッシュ元大統領の半生を描いた映画『ブッシュ』(オリバー・ストーン監督、2008年公開)。

W. (2008) Official Trailer – Josh Brolin Movie

公開当時、ブッシュは現役の大統領でした。まさか現職大統領を映画のネタにしてしまうとは、さすがオリバー・ストーン、その大胆さに度肝を抜かれたものです。

ちなみに、本作品の原題は「W.」です。なんのこっちゃ?と思うかもしれませんが、これはジョージ・W・ブッシュのニックネームで、「dubya(ダブヤ)」と発音します。「W」のテキサスなまりの発音です。

米国人はみんなブッシュ大統領を「ダブヤ」と呼んでいました。かなりインフォーマルな言い方なので、親しい友人でない限り、敬意をもっている人はあまり言わないと思いますが、ブッシュ大統領を好きとか支持しているという人に会うのはとても難しいので(笑)、たいがいの人はこの呼び方をしていると思ってよいと思います。

映画の内容ですが、思っていたより良かったです。現職の大統領が主人公ですから、現在進行中の話でもあり、一つの作品に収めるのは難しいだろうと思われましたが、そこはさすがオリバー・ストーン、ブッシュ家の栄光と影に翻弄されるダブヤの生き様をドラマチックに描いています。テンポのよい演出が抜群で、エンターテイメントとして普通に楽しめます。

たとえば、ブッシュがホワイトハウスでサンドイッチとコーラを頬張りながら、ディック・チェイニー副大統領とイラク戦争について話し合うシーンがありますが、このときのブッシュの振る舞いが、本当にこうだったのか分かりませんが、食べ方から笑い方に至るまで、さもありなんというリアリティに満ちていて、とても味わい深いです。

また、日課のランニングにやたらとこだわる場面がありますが、筋トレの記事で書いたフィットネスへのこだわりを思い出させます。それにしてもこのランニングの場面で映るテキサスの自然の美しいこと。南部の保守主義を育む環境を何となく感じさせます。

ジェブ・ブッシュも「良くできた弟(smart brother)」として少年時代に登場します。今回の大統領選を意識しつつ見るのも一興です。映画の中で、ダブヤが、恋人のローラから「ブッシュであることは強みでもあり、弱みでもある」と言われる場面がありますが、「ジェブ・ブッシュの出馬」で述べたとおり、これはそのまま今回のジェブにあてはまることになりそうです。

そういえば、この映画が上映される数年前、『That’s My Bush』というシットコム(『フレンズ』みたいなコメディーTV番組)がありました。当時米国にいてよく見てましたが、これも、現職の大統領に対してここまでやるのかって感じですよね(笑)。さすが米国、アホにはとことん容赦がない。

こういうパロディーは『サタデーナイトライブ』などでもよくあります。そっくりさんがしゃべっていると本人がやってくるという、コロッケと美川憲一の茶番みたいなこともよくやります。たとえば、この映画が公開された当時、大統領選の最中に候補者のジュリアー二とかロムニー本人が出てきて、物まね芸人と絡んでいるのを見ました。こういうところの懐の深さはさすがと思います。

この映画も、そっくりさんばかり出てくる安っぽい映画に見られる懸念もありましたが、たしかにそんな場面もあったものの(笑)、全体としては、洗練された演出が上質のユーモアに見せることに成功していた印象です。そんなわけで、古い映画ですが、米国政治とオリバー・ストーンが好きな人なら一見の価値のある作品と思います。

ちなみに、トレーラーの音楽はTalking Headsの「Once in a Lifetime」、1980年の曲ですね。Talking HeadsはNYパンクの雄、ニューウェーブの先駆け的存在として有名ですがアフロミュージックを取り入れたるなど、高い音楽性と知性を感じさせるグループでした。

『羊たちの沈黙』の監督ジョナサン・デミが1984年にライブ映像を映画化した『ストップ・メイキング・センス』はライブ映画の傑作としても有名です。私が大学を卒業した頃にリバイバル上映されてたのをおぼえてます。トレーラーを見たとき懐かしくなってしまいました。

メルマガ「世界情勢ブリーフィング」を購読するためにはご登録のお手続きが必要です。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

2 comments on “映画『ブッシュ』
  1. ペルドン より:
    ストーン&ブッシュ

    ストーンの映画・・それなりに観たが・・「ブッシュ」は別・・
    あのような「複雑」な人物を「単純」に描くのは・・あるいは・・
    あのような「単純」な人物を「複雑」に描くのは・・
    ストーンの才でも手に余るりでは・・・?(笑)

  2. sissi より:
    Hulu愛好してます

    わぉっ、JDさんもHuluがお好きなのですね。
    デバイスを変えても、いつでもどこでも見られるので(国内のみですが、私の場合・・)、毎度見ていますが、はい、見切れないです。
    (英語、ドラマを見るには不自由なので(^^;;、米国旅行中はでは見るのを諦めました〜。)
    『ブッシュ』、早速今夜見てみます。
    夜、ベッドの中でiPad miniで(笑)
    とことんMac派です。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。