ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2019/06/27 05:00  | 中東 |  コメント(2)

イスラエル現代史(4):イスラエルの建国

「イスラエル現代史(3):シオニズム」(6/13)の続きです。

前回は、シオニズムの誕生とその発展、そして現代のイスラエルまで続く潮流について解説しました。

今回は、シオニズムの思想に基づき、パレスチナに移住したユダヤ人たちがイスラエルを建国するまでの過程について解説します。

※ここから先はメルマガで解説します。アウトラインは以下のとおりです。

***********
イスラエル現代史(4):イスラエルの建国
***********

●アラブ人との衝突
●反英闘争
●イスラエルの独立宣言

***********
あとがき
***********

政治家に猫耳、記者会見の生中継で顔に猫フィルター パキスタン(6月18日付BBC)

新手のサイバーテロ・・ではなかったようです(笑)。強面のパキスタン人の閣僚と猫耳のギャップがすごいですね。

「私だけでなく、一緒に座っていた官僚2人も同じように猫フィルターにやられていた」・・このコメントも、狙っているのか分かりませんが、絶妙です(笑)。

PTIが新興政党でスタッフが不慣れだったこともあったのかもしれません。イムラン・カーン首相でなかったのが不幸中の幸いでしょうか。

メルマガ「世界情勢ブリーフィング」をお読み頂くにはご登録のお手続きが必要です。
既にお手続き済みの方はこちらから今月の配信済みメルマガの確認と再送信が行えます(ログインが必要です)。

お申込みについてはこちらをご参照ください。

2 comments on “イスラエル現代史(4):イスラエルの建国
  1. KB より:
    泣く子も黙る

    登場人物がバラエティに富んでいて、思わず相関図を書きました(笑)
    そして、ダヤンをググったら、眼帯で微笑む写真。メルマガの描写が重なって全然笑えませんでしたが…
    この時代の政治家達、イスラエルの歴代首相は迫力が違います。でも、自衛・独立を勝ち取るために戦い続けたことを考えると、この凄みも納得です。
    クシュナー家の血を引き継いだジャレッド氏は、やはりこうしてみると現代版ワイツマン的な人物なのか…早く続きが読みたいですね。

  2. 那須の山奥の兄ちゃん より:
    G20声明文

    軽く読んでみると
    アメリカの完勝というイメージです

    知的所有権に関してもアメリカの主張が
    ほぼ全面的に認められた感が
    強いのではないかな、と思います

    カント入門は
    哲学を数式に置き換えるという試み
    そんなことできるの
    というのが素直な感想です
    でも、敷居の高かった哲学の
    ハードルが下がったようなイメージです
    哲学書など読む前から
    今まで睡眠薬変わりだと
    思っていたのですが(笑)
    変わりそうです
    これから

    クシュナーの
    中東に対する提案で
    すべての疑問が
    氷解しました、
    あ、全部、つながるね
    と思いました

    ありがとうございました。

    しかし声明文で
    景気の見通しなんか
    書くのはじめてみたような気がします
    そんなこともないかも?(笑)
    ただ、どうみてもそうなるとしか
    思えませんけどね。

    アメリカ経済は強いか弱いかといえば
    どちらも正解であって

    正しくは
    去年からみれば弱い
    10年スパンでみれば強い

    と言えばよいものを
    メディアは総じて弱いの大合唱で
    この報道では間違えるよね
    とは思います

    去年より成長率が鈍化するのは
    ほぼ確実なのだから
    でも
    相対値ではなく絶対値でみれば
    これほど強い経済はない
    とは感じます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。