ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2019/02/01 05:00  | 中南米 |  コメント(1)

ブラジル現代史(1):軍事政権と民主化、BRICsへの道

アジアカップの準決勝カタール対UAEは4-0でカタールが衝撃の圧勝。カタールの選手たちは、相手国のリーダーであるムハンマド・ビン・ザイド(MbZ)皇太子の名を冠したスタジアムで、MbZや観客の応援妨害などの嫌がらせを物ともせず、自国を孤立に追いやった宿敵を撃破。

スポーツの次元を超えた(色々な意味で)スリリングな一戦でした。そんなタフな強敵を相手に日本はどう戦うか。今夜キックオフです。

BREXITは、またも混迷を深める結末になりましたが・・これは来週解説します。

さて、本日はブラジルについて。

ブラジル大統領選、極右ボルソナロ氏が勝利(18年10月29日付BBC)

1月1日、昨年10月のブラジル大統領選決選投票で勝利したジャイル・ボルソナロが大統領に就任しました。

軍政の礼賛、女性やマイノリティ差別などの過激な発言から「極右」「ブラジルのトランプ」といわれ、議会にも基盤がなく、泡沫候補とされますが、世論調査ではルーラ元大統領に次ぐ人気を集めます。ルーラが出馬が禁止されると押しも押されぬ本命候補になり、そのまま勝利。ブラジルは新時代の到来に湧きたっています。

「ブラジル大統領選挙でのボルソナロ勝利」(18/11/5)

ボルソナロ政権の発足は、これまでのブラジル政治の常識を大きく覆すことになると予想されます。その意義を理解し、今後の展望を考えるためには、これまでのブラジルの足取りを知ることが大切です。

そこで、本日は、ブラジルの独立から軍事政権と民主化、そして2000年代に入り「BRICs」の一角をなす新興国の雄に至るまでの現代史を概観します。

※ここから先はメルマガで解説します。アウトラインは以下のとおりです。

***********
ブラジル現代史(1):軍事政権と民主化、BRICsへの道
***********

●連合王国から帝国、共和制へ
●軍事政権の時代
●文民政権の混乱
●左派政権とBRICsへ

***********
あとがき
***********

映画「アルゴ」が描いた元CIAスパイ死亡 米大使館占拠で外交官救出(1月21日付BBC)

映画『アルゴ』(ベン・アフレック監督、12年公開)は、アカデミー作品賞も受賞した名作。ベン・アフレックが演じた主人公がこのトニー・メンデス本人です。

映画は、当時の米国とイランの雰囲気が生々しく描写され、エンターテイメントとしても面白い作品でした。映画の最後に当時イラン大使館人質事件に対処したカーター元大統領のコメントが流れます。なおこのときのCIA長官はスタンスフィールド・ターナー、国務長官はサイラス・ヴァンス、大統領首席補佐官はハミルトン・ジョンソンでした。映画にも少しだけ出てきます。

どうでもいいところですが、主人公のメンデスが何かと言うととりあえずタバコを吸う場面も印象に残ります。現代には見られなくなったビジュアルですが、味わい深いですね。

メルマガ「世界情勢ブリーフィング」をお読み頂くにはご登録のお手続きが必要です。
既にお手続き済みの方はこちらから今月の配信済みメルマガの確認と再送信が行えます(ログインが必要です)。

お申込みについてはこちらをご参照ください。

One comment on “ブラジル現代史(1):軍事政権と民主化、BRICsへの道
  1. KB より:
    MPBって知りませんでした

    私もJDさんと同じルートでボサノバ好きになったはずですが、「MPBってなに?」と・・奥が深いですね。”にわか”ファンでした(苦笑)
    欧米でブルースやカントリーミュージックがロックに派生していったように、ボサノバからMPBが派生した感じなのでしょうか?スタンダードなボサノバとは少し違う印象を受けますが、なにせ歌詞が分かりませんので、・・・。金曜日なのでお薦めの曲などあればぜひ教えてください!(笑)

    それにしても、この「現代史シリーズ」面白いですね。
    試験勉強じゃないから余計面白いんですが、ブラジルを見ながらも、時々の世界情勢や近隣諸国からブラジルがどう見られていたかとか、政権の揺り戻しの様、勃興期特有のムード、特徴的なそれぞれの時代のリーダーや経済・財政政策まで、どれもとても鮮やかに描かれていてエキサイティング。大変楽しく拝読いたしました!

    続きが楽しみです!

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。