プロが語る国際政治・経済・金融の最前線!

The Gucci Post [国際政治・経済・金融 × プロフェッショナル]

2019/01/16 05:00  | 韓国・北朝鮮 |  コメント(17)

韓国海軍レーダー照射事件と元徴用工訴訟問題


韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について(18年12月28日付防衛省)
日本は人道主義的な救助作戦の妨害行為を謝罪し、事実の歪曲を直ちに中断せよ!(1月7日付大韓民国国防部)

昨年12月に韓国海軍の艦艇から自衛隊機がレーダー照射を受けてから3週間が経過しましたが、日韓両政府の主張に食い違いがあり、両政府がお互いの対応を非難するという異常な状況が続いています。

また、元徴用工訴訟問題については、原告が新日鐵住金の資産差押えを申請し、先週、大邱地裁浦項支部が差押さえを決定。これを受け、日本政府は韓国政府に対し1965年の日韓請求権協定に基づく協議を要請。

その翌日、文在寅大統領は、年頭の記者会見で、日本の指導者が韓国との歴史問題を政治化させることは今後の二国間関係を損ねる可能性があり、賢明ではないと発言。また、韓国政府は司法判決を尊重しなくてはらならず、日本はそれを理解すべきとの認識を示しました。

日韓関係は最悪の状態と言っても過言ではありません。どうしてこんなひどい状態になったのか。本日はその背景と今後の展望について解説します。

※ここから先はメルマガで解説します。アウトラインは以下のとおりです。

***********
韓国海軍レーダー照射事件と元徴用工訴訟問題
***********

●レーダー照射問題の真相
●政争の激化と知日派の排除
●現代韓国人のメンタリティ

***********
あとがき
***********

米俳優スペイシー容疑者、少年を性的暴行の容疑否認(1月8日付BBC)

ケヴィン・スペイシーが性的暴行問題が浮上してから初めて公の場に登場。法廷での振る舞いを動画で見られます。

どう見ても、フランク・アンダーウッドにしか見えません(笑)。イメージ的にあまり得策とは思えませんが・・。

それにしても、すっかり「あとがき」がケヴィン・スペイシーの追っかけ状態になっていますね(笑)。

メルマガ「世界情勢ブリーフィング」を購読するためにはご登録のお手続きが必要です。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

17 comments on “韓国海軍レーダー照射事件と元徴用工訴訟問題
  1. KB より:
    日韓関係

    正しい理解と建設的な議論が大切だと、改めて気づかされます。大変有意義な記事でした。
    586世代と、JDさんが接する3~40代は親子や教師と生徒など、教育上密接な関係がありそうですが、幸か不幸か、あまり影響を受けていない様子。特にJDさんの周りの方は、外の世界を見ているから見識も広く、文化的交流や情報の多様化により、価値観も認識もいい意味で異なるのかなぁ、とそこに希望も感じます。
    とはいっても、「相互理解」の難しさを改めて感じますね。世代の新陳代謝と共に前向きな議論を積み重ねることを”諦めないこと”も、私たち世代の責任なのかもしれません。気の長い話ですが…

  2. 那須の山奥の兄ちゃん より:
    ありがとうございます

    本日の解説をみて
    こういう背景があるのか
    よく理解しました

    巷間には
    韓国が北朝鮮と合併するとか
    訳のわかんない
    バカな話が
    流布されていますが

    こんな話に
    迎合する訳にもいかず
    どう考えれば
    よいのだろうか
    と困り果てていました

    JDさんの解説をみて
    得心はしました
    同時に韓国の無知に対しても
    自覚をしました
    勉強します
    本の紹介もありましたが
    お家に10冊くらい
    まだあるので(笑)

    全然、話が違いますが
    最近
    メルケルとオバマは
    なんで失敗?というと語弊があるかもしれませんが
    共通点探しなどしています

    理想主義というか
    誰もが理想と思う社会を
    ともに目指し
    結局、メルケルは
    端的に失敗に終わったと思いますし
    世界協調に
    とん挫した?と言ってもよいと思います

    この辺が
    未来への展望のキー
    になるかなとは思います
    言えることは
    理想にはゼニがかかる
    ということなのかな~
    なんか二律背反する言葉になるので
    違和感があるな
    とは思います。
    意味不明ですいません(笑)

  3. 虎虎虎 より:
    海外の視線は

    いつも深い洞察と解説有難うございます。
    彼の国はどうしようもないとして、米国はもとより欧州や他の国々は、この件を含め以前からのトラブルが生じるたびに起こる、韓国の日本に対する態度をどのようにとらえているのか等も是非教えて下さい。

  4. より:
    韓国軍の嫉妬

    にほんには、最先端武器うっているのに、どおして韓国には、売ってくれない。これは嫉妬。竹島の次は、日本のEEZ海域実行支配。これは、日本をキレさせる目的。もしくは、日本から、国交断絶させるの目的。

    と思いました。

  5. 健太 より:
    そもそも

    何故能登半島近くに駆逐艦と北の漁船がいたのか?これについて報道がない。
    ロシアは北の漁船に対して砲撃を加えているから、同じことをすればいいと思う。
    南北朝鮮は外国で、日本ではない。奴らに言うことをきかせる手立てを我が国は持っているか。その手立てをしたら相手の損害と我が国の損害の比較表を見たい。そしてその後の状態はどのようになるかと予測しているか。

     まあわが国の外交は何を言ってもやくざのそれと同じです。
    相手の出方を見るというやつで、いつまでこのやりかたをしているのか?

     明治以降我が国の朝鮮政策は、背後に西洋の圧力があり、それは併合政策に象徴される。いつまでそれと同じことをしているのか。

     大東亜戦争後徳川幕府の政策に戻って、たったの20年でGDPが世界第二位となった、その時日韓基本条約が結ばれて、元の木阿弥となり、実質の日韓併合政策をして、このざまです。

     陸つずきではないから、相手国の内情などさほど重要ではない。南の内政問題は我が国には関係ない態度をとれる。通商が重要だけで、それ以外のことは拒否すればいい。

     確か南朝鮮は射手800キロの巡航ミサイルを開発しているはずだから、これに対して我が国はどうするつもりか?
     まずビザの廃止でしょうね。

  6. 愛煙家@禁煙中 より:
    東アジア情勢

    購読者です。
    「実際のところは分かりませんが、」とか「という気がしなくもありません。」とか金払って聞きたくないです。
    「とはいえ、だからといって日本との関係について楽観的になれる・・というものではなさそうです。」なら、その前の十以上のパラグラフは必要ないでしょう。
    馬鹿にされているようで不愉快です。

  7. Kubota より:
    無料サンプル

    いつも大変興味深い記事を提供いただきありがとうございます。
    今回の内容も
    ・時間軸を俯瞰した背景の説明
    ・ニュース中ではなかなか取り上げられない関係トピックの提示
    ・JDさん自身の外交官僚経験に基づく見解
    といった、本メルマガならではの特徴が遺憾なく発揮されていると思いました。

    ところで、今回の記事がもし無料サンプルとして公開されれば、かなり良い宣伝になるのではないでしょうか? 韓国ネタは炎上しがちなのがリスクなのですが…
    韓国関連記事は多くの人が薄ぼんやり前提知識を持っていて、興味関心があるトピックかと思います。

  8. Kubota より:
    言い回し

    愛煙家@禁煙中 さん、
    >「実際のところは分かりませんが、」とか「という気がしなくもありません。」
    私は別意見で、現在の筆致が適切だと考えています。文言によって、確度の高さがきちんと分けられているからです。
    事実と意見を分けることはこの手のレポートの基本中の基本ですが、JDさんのメルマガは、さらに意見も段階分けがされていてわかりやすいと思っています。

  9. 海岳 より:
    言い回し(2)

    私もKubotaさんの意見に賛成です。
    JDさんから毎週届くメルマガは、殆ど毎回「読みやすいなぁ。何回も推敲してるのだろうな」と感じさせるものがあります。「この人、これまで他人に見せるためのレポートをどれだけ書いてきたんだ?(恐らくとんでもない量のレポートを限られた時間内でいろいろな階層の方に提出してきたのだろう)」と思ったりして。

    断定調の文面はそれはそれで有用なのでしょうが、「ホンマかいな?それ」といった内容を誇示するためのハッタリであったりすることが多いように思え、私は却って懐疑的に見てしまうのですが…。

    JDさんのメルマガは、私自身が時勢を判断するための参考書であります。
    ですので
    >「実際のところは分かりませんが、」とか「という気がしなくもありません。」
    という表現であったとしても、それは私自身が補数を掛けて解釈すれば良いだけのこと。
    愛煙家@禁煙中さんの感想も一意見だとは思いますが、そこは自己判断のためのマージンと受け留めてみられるのもいかがでしょうか。

  10. 健太 より:
    思うが

     わが国国内にいる人で朝鮮に資産を持っていた人は我が国政府に其の補償を求めたら、政府は補償をしなければならないのでは。
     聞くところによるとなくなった叔母は朝鮮からかえってきたが、無一文だったとぴう。その時朝鮮にあった資産の補償を政府に求めることができるのではと思うが、これはどうでしょうか?

  11. JD より:
    虎虎虎さん

    暖かいお言葉とご質問、ありがとうございます。
    米政権の外交・安保の担当者は、文政権の北朝鮮への対応には呆れています。日米の関係者とも、もはや「北のスパイ」か・・と半分本気で思っているようです。
    ただ日本への対応となると、これも分かっている人は呆れていると思いますが、詳細まで正確に把握している人はごく一部です。欧州となるともっと理解が足りていないと思います。
    また、米国も、どこまで第三国が立ち入るべきかという微妙な部分もあります。15年の慰安婦合意にあれだけ踏み込んだのは驚きでした。
    ただ、ひと昔前に比べれば、日本外務省のしたたかな努力もあり、最近はずいぶん理解が進んでいると思います。かつて(2000年頃まで)は中韓に対して英語で公然と反論を行うことすら稀でした。今は少なくとも心理的なためらいはありません。戦略広報予算も増額されました。こういう地道な努力は効果が見えにくく、時間もかかりますが、方向性は間違っていないと思います。

  12. JD より:
    愛煙家@禁煙中さん

    ご意見ありがとうございます。
    歯切れが悪い文章に気分を害されたのであれば、大変申し訳なく思います。
    ただ、私は分からないところを分かったふりをするつもりはありません。相当の確度をもって言える場合と言えない場合があり、表現を使い分けています。
    また、内部ソースから得ている情報も含まれていますが、文章の場合、それを明らかにしたくないので、意図的に表現をぼかしている箇所があります。
    また、結論が不明であっても、そのバックグラウンドを伝えることや、複数の見方があれば、それをそのまま伝えることも私は意味があると思っています。
    気分を害されたことは残念に思いますが、ご意見は大変参考になります。ご指摘を念頭において、今後、ご期待に添えるような文章を書けるよう検討します。

  13. JD より:
    KBさん、那須さん、Kubotaさん、海岳さん

    ありがとうございます。皆様の過分なお言葉、大変励みになりました。
    無料サンプルについては、ありがたいご提案ですが、今回はあまり表に出したくない情報もあるので慎重に考えたいと思います。今後検討する上で参考にさせていただきます。

  14. 遠州屋 より:
    日本の存在感低下

    はじめまして。いつも、大変勉強になっております。

    私自身、韓国担当としてとある業務携わって20年ほどになりますので、今回の分析はいちいちうなずけるものでした。

    自分自身の経験で感じているのは、韓国国内における日本への関心の薄れです。かつて、特にスポーツ対決がそうでしたが「日本にだけは」という強烈な対抗心はアドレナリンだのカンフルだのにたとえられるほど、剥き出しのものでしたが、平昌オリンピックの際のいくつかのエピソードを振り返ると、昨今はそれもどうでしょうか?

    これは、一般的な意識の問題だけではなく、産業や実業分野においても同様で、韓国ではIMF危機以降のグローバル化によって貿易シェアだとか調達品シェアでの日本の相対的な地位低下は否めず、技術分野でも状況は同じ傾向で移行しつつあります。こうなると、かつて韓国側にあったような、「最終的にはどこかで日本の顔を立てる必要性」というブレーキも効かなくりつつあるのではないかと思っています。文在寅政権でのジャパンスクール排除は国内政争の結果もあるでしょうけれど、こうした長期的動向もかなり影響しているのではないかと考えますがいかがでしょう。

    現政権内で希少知日派の国防部長官及び国務院総理が、今回のレーダー照射事件で口が重い理由は大変よく判りました。長期間の日本留学や駐在経験という背景から、かえって強硬な姿勢を見せないと、逆に攻撃材料にされてしまうのでしょう。

    私自身はグッチーさんと同い年ですが、仕事上では20代の若い人達との接点が多いため、この年代の北朝鮮への意識の違いはその通りだと思います。統一など誰も求めていません。ただし、男性の兵役への拒否感は強いので(除隊後も定期的に予備役訓練などがあって嫌だそうです)南北融和は望むところなのでしょう。兵役への緩和政策は、政権の若年層支持者の維持・拡大におおいに繋がります。

    仰る通り、旅行やエンターテイメント分野では、日本大好き層がかなり広い裾野を持ちますので、まずはそうした層から地道に相互信頼関係を築いていくしかないのかなと溜息をついています。

  15. 謙太 より:
    大いなる疑問

     このサイトの閲覧者は日韓友好がありうるとお考えですか?
    私はないとみている。この最初の認識を間違えるとどうにもならない。
    海舟の言う筋目です。マスコミ、新聞、NHKにおける朝鮮人の支配は目に余るものがある。

    >とははいっても、「相互理解」の難しさを改めて感じますね。世代の新陳代謝と共に前向きな議論を積み重ねることを”諦めないこと”も、私たち世代の責任なのかもしれません。気の長い話ですが…

     この考えは相手への認識が欠けている。
    いつまでこのような考えでおられるか不思議でならない。

    民族の共生などできるものではない。もともと、いつごろから言い出したか調べればこの言葉の背後にあるものが分かる。

     外国人が日本人と共生するように行動することでしょう。

    日本人は別にする必要はない。世界的にも例外といえる、国境が閉鎖されており、中の民族は一つで、外国人受け入れるには帰化という奇妙な仕組みを持っている。
     これは国籍をとることと似ているが内実は違う。

     国内に工作員がおり、内部から我が国を攻撃している。それが現状でしょう。

    もう議論の段階ではなく。一種の戦闘状態へと突入したとみることではないか。
    戦前のアメリカのわが国に対する外交、その一部としてのオレンジ計画をみればいい。
     日韓関係。韓国というと我が国と日本人は認識を誤るから、思考としては南北朝鮮と認識してみることです。
      
     先は甘くはなく、暗く、大きな経済的負担が生じることは見えている。
    円安の要因です。俺は関係ないといっても為替を通じて、影響があるが日本人の多くは知っちゃいないだが、それで済むなら、いいが違う。
     これで大地震が来たとき、どのような行動を彼らがするか。
    関東大震災の時のように火をつけて,廻ることがある可能性はある。

     事態は容易ならざるとみている。報復措置の損得表をもう作って、それぞれに対応策を作っておくこと以外に道はないと私は思う。

    個人的にはいろいろな状態を想定して、考えている。

  16. JD より:
    遠州屋さん

    貴重なコメント、どうもありがとうございます。
    長年のご経験に照らして共感いただけたとのこと、私も心強く思いました。
    ご指摘の点は私も同感です。
    韓国企業のグローバル化は非常に重要なポイントと思います。中国依存の進展も影響しているのでしょう(これは揺り戻しがありましたが)。
    李洛淵国務総理と鄭景斗国防部長についても同様の理解です。二人とも日本の関係者からの信頼は厚かったと聞いています。
    兵役についてのご指摘も大変参考になりました。
    また是非ご意見をお聞かせ下さい。

  17. 愛煙家@禁煙中 より:
    購読解除

    しました。
    私が指摘したのは言い回しではなく、アリバイとカモフラージュです。
    いずれにしろ、読む気が失せました。
    今まで、ありがとうございました。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。