プロが語る世界情勢・政治・経済金融の最前線!

The Gucci Post [世界情勢・政治・経済金融 × プロフェッショナル]

2017/12/06 05:00  | 東南アジア |  コメント(3)

ASEAN50年の光と影(2)


「ASEAN50年の光と影(1)」の続きです。

前回は、「ASEAN Way」と経済の多様性、域内のサプライチェーンの構築について説明しました。

今回は、グローバル化の推進とASEANの限界と挑戦について解説します。

※ここから先はメルマガで解説します。アウトラインは以下のとおりです。

***********
ASEAN50年の光と影(2)
***********

●新たなるグローバル化の担い手
●限界と挑戦
●日本とASEAN

***********
あとがき
***********

四方山話を書いていますが、メルマガのみ掲載します。

メルマガ「世界情勢ブリーフィング」を購読するためにはご登録のお手続きが必要です。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

3 comments on “ASEAN50年の光と影(2)
  1. ベルドン より:
    ASEAN50プラス

    絞りたてのオリーブオイルのような・・
    レポート・・
    やはり現地を巡って・・絞り取ってこなきゃ・・新鮮さがないな・・

    風邪でさえ10日余り・・体調を戻すのにかかってしまった。
    JDのは・・それに知恵熱が加わるから・・
    ・・相当用心深く対処しなければ・・ゴロゴロして下さい・・
    真面目になってはいけませんぞ・・猫を見習いなさい・・( ^ω^)・・・(笑

  2. KB より:
    個人的には

    保護主義VS ASEANのグローバル化、今後も注目ですね。どちらがいい悪いではなく、各々の利害のぶつかりあい、落としどころをどう見つけていくか・・・、など、これから面白そうだなぁ、と思っています。

    後半の、JDさんの所見といいますか、肌感覚、興味深く読みました。

    特に「インド」については、モディ首相を中心に、非常に開放的かつインタラクティブな市場ができつつあると思っていますが、一筋縄ではいかない、「したたかさ」なのでしょうか?
    また、今後のアップデートもあると思いますので、楽しみにしています(笑)

  3. KB より:
    場所が違うかもしれませんが

    トランプがエルサレムをイスラエルの首都と認定していましたが、これについて米国内の反応、諸外国からの反発、移転の過程で想定できるリスクなど、今後何が起こりそうか、JDさんの分析を伺いたいです。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。