プロが語る国際政治・経済・金融の最前線!

The Gucci Post [国際政治・経済・金融 × プロフェッショナル]

2017/08/17 05:00  | 日本 |  コメント(3)

トランプ時代の日米関係


北朝鮮・金委員長、グアム・ミサイル計画の「説明」受ける=国営メディア(8月15日付BBC)

金正恩がグアム沖へのミサイル発射を見合わせたとの報道。まずは事態が沈静化した雰囲気が漂い、マーケットも落ち着いたようです。

ただ、「米国が朝鮮半島で妄動を続けるなら重大な決断をする」との発言もあり、21日から米韓合同軍事演習が予定されていることを考えると、まだ気は抜けません。

25日には先軍節、9月9日には建国記念日も控えています。今後も引き続きフォローします。

さて、本日のテーマは、トランプ政権と日米関係。読者の方からご要望が多かったテーマです。

※ここから先はメルマガで解説します。アウトラインは以下のとおりです。

***********
トランプ時代の日米関係
***********

●トランプ・安倍関係
●日本外交に対する評価
●日米経済摩擦は再燃するか

***********
あとがき
***********

最近、天気が悪い日が続いていますね。暑くても良いので、夏らしく強い日差しが欲しいものです。そうでないと、ゴルフも海も楽しくないので・・苦笑

メルマガ「世界情勢ブリーフィング」を購読するためにはご登録のお手続きが必要です。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

3 comments on “トランプ時代の日米関係
  1. Zucci より:
    興味深い視点

    日米の各々の事情や置かれた状況がとても分かりやすかったです。人間臭い部分も見え隠れして、興味深かく拝読いたしました。今後の注目点も分かり、勉強になります。

    昨日、米国の大手企業のCEOが大統領助言組織から辞任の意向、と騒がれています。この、大統領助言組織はどの位大統領に影響をあたえるのでしょうか?
    また、これらの企業からの献金などのサポートは期待できない状況も予想されますが、トランプ大統領にとっては、大した問題ではないのでしょうか?
    ご教示ください。

  2. ペルドン より:
    日米北

    トランプ・・
    関白殿をリップリーダーと・・
    これ本当・?

    北の若旦那・・
    一度緊張を解けば・・再度の緊張は難しい・・
    北米のICBMは夢のまた夢になった・・
    ロケットエンジンの供給元もバレて来たし・・今後の供給も難しくなってきた・・日本海で消息不明の北の潜水艦・・沈んでいるんじゃないでしょうね・・
    ( ^ω^)・・・(笑

  3. Zucci より:
    NAFTAと為替

    先日、JDさんが、NAFTA再交渉での注目ポイントの一つに「為替条項」を挙げられていました。
    初歩的な質問で恐縮ですが、NAFTAのテーブルに、為替条項を乗せることは自然なことなのでしょうか?(今までも、こういうことはあったのでしょうか?)

    日本の影響を気にしてか、ジワジワ円高に進んでいるような気もしておりますが、本来はこういったテーブルではなく、通貨当局同士の話し合いであるべき、とも思っています。

    ただ、トランプ大統領がかねてから口にしている「自国通貨安の是正」についてに関連する事柄なので、このような場に出てくることは不思議ではない気もしています。

    今後、この場で議論されることは多くなるのでしょうか?為替の動く一つのポイントとして注意すべきイベントなのか、その「重要度」を知りたいと思っています。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。