プロが語る国際政治・経済・金融の最前線!

The Gucci Post [国際政治・経済・金融 × プロフェッショナル]

2016/03/23 00:00  | 東南アジア |  コメント(8)

ビエンチャン、ルアンパバーン


ラオスの世界遺産ルアンパバーンでメコン川に沈む夕日です。ルアンパバーンは、ラオスの王宮があった場所で、フランス植民地時代の建物を含め、歴史的な建造物や寺院、人々の生活様式が維持されており、町全体が世界遺産として認定されています。日本ではあまり知られていませんが、欧米では最も人気がある観光地の一つです。

ラオスというと、「ラオスにいったい何があるというんですか?」とか言われてしまいそうですが、なかなか個性豊かな面白い国です。

簡単に言えば、歴史・文化・経済圏的にはタイ(ラオス人はタイ語を話すことができる、感覚的にラオスをタイの一地方としてとらえる人もいる)、政治的にはベトナム(ラオスの人民革命党はベトナムのインドシナ共産党の地方組織を淵源とし、いわばベトナムはラオスにとって兄貴的存在、ベトナム戦争でも共に戦った仲)そして最近の経済支援・インフラ投資においては中国(最大の注目プロジェクトは昆明・ビエンチャン鉄道)が最も大きな影響力をもっています。

今年は、ASEAN議長国(米国大統領の初訪問も予定)、5年に一度の党大会、選挙とイベントが多く、日本の東南アジア外交においてもキープレイヤーとなる国です。といったことを書いている間に、パードゥンさんらからコメントをいただきました。

パードゥンさんがおっしゃるトランプの基地負担に関する発言は、こちらのワシントンポストのエディトリアル・ボードとのミーティングにあるCharles Laneとのやりとりですね。

LANE: You know, well, they say and I think this is on public record, it’s basically 50 percent of the non-personnel cost is paid by South Korea and Japan.
TRUMP: 50 percent?
LANE: Yeah.
TRUMP: Why isn’t it 100 percent?

一応Laneはホスト・ネーション・サポートを念頭に置いて質問しているので、このやりとりを見る限り、100%というのはあくまでも駐留経費を指していると思いますが、どうなんでしょうね。トランプの真意は誰も分かりません・・笑

メルマガ「世界情勢ブリーフィング」を購読するためにはご登録のお手続きが必要です。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

8 comments on “ビエンチャン、ルアンパバーン
  1. ペルドン より:
    100%

    それでは・・
    米軍・・傭兵になる・・
    それで・・いいのかな・・・??(笑

  2. パードゥン より:
    傭兵の世界的な需要は多いので

     良いのではないでしょうか?
    現にトランプの発言で”アメリカはいつもイスラエルと伴に”は
    傭兵は続けますので、今後ともご贔屓にの意味でしょ(笑)

     イスラエルは傭兵に武器の知恵(核とかドローン)を提供してるのでいいけど
    日本はお金しかないでしょう。 アメリカは自衛”隊員”をほしがってるけど、
    いならない幹部がついて来るのは困るっていってるから(笑)
    あくまで兵隊だけほしいって言われて、幹部だけ残されても困る(笑)

     

  3. ペルドン より:
    傭兵の轍

    原価計算したカルタゴ・・
    傭兵に切り替えた・・
    それで・・滅びた・・・(笑

  4. JFKD より:
    傭兵 ということは 八百長戦争

    近代国民国家の前は、欧州では傭兵で戦っていましたね。まあチェスゲームの観なきにしもあらずで、カネ次第で八百長もあったでしょうね。そもそも命を落としては略奪でも稼げない。スイスが欧州に供給していた傭兵国家でしたが、こういう国家だから国民皆兵・永世中立を維持できる。福島瑞穂他、野党もスイスのような永世中立を標榜しているそうだから、国民皆兵・徴兵制・憲法9条廃止・再軍備・軍事国家化・武器輸出を公約すべきなのでは。(笑)

  5. 下北のねこ より:
    米軍基地

    JDさんの撮られてる写真って、土地の雰囲気が伝わってくるのがいいですね。
    インドシナ半島って、映画、それも戦争ものでしか知らない感じなんですが、土臭い長閑さが本来の雰囲気なんだろうなあって思います。
    一週間くらいのんびりできたら幸せだろうなあ。
    先日のクアラルンプールのプールの写真も懐かしいなあって思いました。
    あっちのホテルって、中庭にプールありますもんね。
    JDさんは水着持っていってるのかなあ。
    売店で水着買って入るのが当たり前だと思うけど、自分が行った頃は男性用は薄くてすぐ破れるくらいペラペラだったし、女性用はマジ、本当に透ける白物(誤字じゃないです)でした。
    中国の人たちは気にしないで着用してたから、ちょっと・・・なんというか。んんん。

    人件費抜きの50%かあ、駐留米軍の人件費は全額米軍負担なんでしょうね。当たり前ですが、果たしてる重みからみて、なんか申し訳ない気もちょっとします。日本はともかく、韓国はそれもっと感じていいような気がしますけど。昔、「冬のソナタ」が始まったばかりのころ、韓国の春川市(冬のソナタの舞台です)に旅行に行ったんですが、昔の国鉄と同じタイプの小さな駅(春川駅)を降りた駅前に広大な米軍基地があって、驚いた記憶があります。ついでに感動して(ちょっと違うか)写真を撮りまくってるところをわざわざ来た米軍兵士に職務質問されました。
    ただ、もし北朝鮮と戦争になったら、国境に近いここは一番先に攻撃されるんだろうなって、気の毒に感じました。
    ホテルは出来たばっかりのような、ちょっと寒々しいけど、とってもきれいなところでした。(だけど、部屋は床暖房でとっても暖かい)
    (鉄道列車はなんとドアが一部開きっぱなしで走っていた、信じられないものでしたが)

    負担割合は、双方の必要性に鑑みて決めるべきなんだろうと思います。
    正直、日本の米軍基地はアメリカにとっての必要性が高いように思いますし、韓国のは、韓国にとっての必要性が非常に高いと思います。
    韓国って、地政学的に本当に気の毒な位置ですね。

  6. パードゥン より:
    カルタゴでは困るから

      カルタゴの傭兵は、家族が待つ国と、国で使える金貨をもらってたから?
    なら、まず軍事子会社を作ってもらって上場してそこから派遣してもらう
    家族は、日本の社宅に住んでもらって
    支払いは、軍事専用の円で、日本国内のみ通用の兌換禁止通貨

     第2次大戦のときのジャパニーズ・アメリカンの立場よりはいいでしょ?
    外国へ攻撃さへしないで、日本防衛だけなら、これでいける?

     ベルドンさんに誘われて、ここへ来ましたが、皆さんレベル高いですね

    写真は、瓦屋根のような人家も見えて、瀬戸内の山から撮って、出張費を
    浮かしたなんてせこいことはしてないか? (笑)
    どなたかと、お忍びで日本にいたって事もないですよね。 
    JDさん固そうだから (笑)

  7. パードゥン より:
    アメリカも首相制度を採用したらいいですね

     荒っぽい仕事はトランプのような首相にまかせて
    大統領は下記のような仕事をしてたほうがいいですね

     オバマ大統領、アルゼンチン訪問でサプライズ・タンゴ

     女性ダンサーに誘われて踊ったみたいです
    結構様になっていたし、アルゼンチン国民に良い印象を残したでしょうね
    ボディーガードもビックリしたでしょうが、男クリントンと違ってオバマは
    女性に悪さをする心配はなさそうだからそのままに(笑)

     話はうまいし、善意の人のようですから、アメリカは大統領を名誉職にすれば
    うまくいくようになるのではないでしょうか?

  8. パードゥン より:
    アメリカ大統領選の現地取材は何月ころに

     いかれますか?
    投票権はだめでしょうが
    外国人も各党大会に出席できるのですか?

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。