ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2017/11/10 05:00  | 中東 |  コメント(1)

クルドの独立問題と内戦の危機

ロスネフチが経営権、イラク・クルド人自治区の石油パイプライン(10月20日付ロイター)
クルド選挙、来年実施=当初予定より8カ月延期-イラク(10月24日付AFP)
イラクのクルディスタン地域政府、独立への動き凍結を提案(10月25日付BBC)
クルド自治政府、バルザニ議長が退任表明(10月30日付ロイター)

クルド独立問題については、以下の記事で詳しく解説しました。

「クルド独立投票とイラクの進軍」

ここでは、クルドの独立投票とイラク進軍を受けた後の撤退の背景には、 KDP(クルド民主党)とPUK(クルディスタン愛国同盟)の内紛とイランの特殊部隊の暗躍があったことを説明しました。

今後の展望については、クルドは、イラク政府との交渉に臨み、自治区の存続を認めてもらう他なく、KDPすなわちバルザーニ派は力を失うこと、イラク政府との交渉が期待できるPUKが力を伸ばし、さらにイランが勢力を拡大することを指摘しました。

その後、上記記事のとおり、状況に進展がありました。

おおむね私の予想どおりの展開になっていますが、読者の方から、もっと詳しい説明をして欲しいとのご要望がありました。

そこで、あらためて最新の情勢をふまえて解説します。

※ここから先はメルマガで解説します。

メルマガ「世界情勢ブリーフィング」をお読み頂くにはご登録のお手続きが必要です。
既にお手続き済みの方はこちらから今月の配信済みメルマガの確認と再送信が行えます(ログインが必要です)。

お申込みについてはこちらをご参照ください。

One comment on “クルドの独立問題と内戦の危機
  1. KB より:
    思惑

    おさらいを交えつつ、わかりやすい解説ありがとうございます。

    歴史や政治は「人」が作っているので、表面的な事象だけでなく、今回の記事のように、”KDP党首のバルザーニが何を考えて、そういう行動をとったのか?” という視点を加えていただくと、とてもわかりやすく、リアリティをもって現状を見ることができますね。

    関係国の利害もコメントしていただいているので、その点もとても勉強になりました。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。