プロが語る世界情勢・政治・経済金融の最前線!

The Gucci Post [世界情勢・政治・経済金融 × プロフェッショナル]

2022/01/11 09:00  | 回顧と展望 |  コメント(0)

2022年の展望


年始ということで、恒例の今年の展望です。

まず2022年に予定される主要イベントを確認しましょう(「※」はすでに実現したもの)。

1月
・RCEP発効(※)
・カザフスタンの騒乱(※)
・ウクライナ情勢をめぐる米欧ロの協議
・イタリア大統領選出

2月
・北京五輪

3月
・一般教書演説
・中国全人代
・韓国大統領選挙

4月
・フランス大統領選挙

5月
・フィリピン大統領選挙
・豪州総選挙(未定)

6月
・G7サミット(ドイツ)
・ダボス会議(未定)

7月
・参院選

10月
・中国共産党大会(未定)
・ブラジル大統領選挙
・G20サミット(バリ)

11月
・米中間選挙
・COP27(シャルム・エル・シェイク)
・FIFAワールドカップ

(時期未定)
・ASEAN首脳会議(カンボジア)
・APEC首脳会議(タイ)

以上の日程を踏まえて、私なりの考察を述べます。

※ここから先はメルマガで解説します。目次は以下のとおりです。

***********
2022年の展望
***********

●米国
●中国
●アジア大洋州
●欧州
●中東
●中南米

***********
あとがき
***********

18歳から“大人”に!成年年齢引下げで変わること、変わらないこと。(1月7日付政府広報オンライン)

昨日は成人の日で3連休だったのですね。私は休日と関係なく働いており、世界情勢も普通に動いているので、直前まで気づきませんでした(苦笑)。

今年4月に改正民法が施行されると、成人年齢は20歳から18歳に引き下げられますが、成人式の対象年齢をどうするかは自治体に委ねられるので、来年は地域によって異なることになるようですね。それにしても、自分が20歳だったとき成人の日に何をしていたのかさっぱり思い出せません・・残念ながらネタにならず(苦笑)。実家に日記があるはずなので、次の機会にチェックしてみます。

このところ、忙しい忙しい・・と書いているためか、お会いする人、ご連絡いただく人から、大変のようですね、と声をかけてもらうことが多いです。私などよりずっと忙しい方も多いでしょうから、こんなことを書くのも何なのかという話なのですが、お心遣いありがたく思います。皆さんもお忙しい時期があるかと思いますが、健康には気をつけて乗り切っていきましょう。

メルマガ「世界情勢ブリーフィング」を購読するためにはご登録のお手続きが必要です。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。