プロが語る国際政治・経済・金融の最前線!

The Gucci Post [国際政治・経済・金融 × プロフェッショナル]

2021/01/06 05:00  | 回顧と展望 |  コメント(1)

2021年の展望


年始ということで、恒例の今年の展望です。

まず2021年に予定される主要イベントを確認しましょう。

1月
・米ジョージア州上院選の決選投票
・北朝鮮の朝鮮労働党大会
・ドイツ与党CDU党首選
・米大統領就任式(バイデン政権発足)
・ベトナム共産党大会

2月
・バイデン大統領の施政方針演説

3月
・中国全人代
・イスラエル総選挙
・米国主催の気候変動サミット(未定)

5月
・G7サミット(英国)
・ダボス会議(シンガポール)
・英地方選挙(スコットランド議会選挙)

6月
・ASEM首脳会議(プノンペン)
・イラク議会選挙
・イラン大統領選挙

7月
・メキシコ議会選挙
・中国共産党結党100周年
・東京オリンピック(未定)

9月
・香港立法会選挙
・国連総会
・ロシア議会選挙
・ドイツ連邦議会選挙
・自民党総裁選挙

10月
・衆議院議員の任期満了
・G20サミット(ローマ)

11月
・COP26(グラスゴー)
・ASEAN首脳会議関連会合(ブルネイ)
・APEC首脳会議(NZ・オンライン)

以上の日程を踏まえて、私なりの考察を述べます。

※ここから先はメルマガで解説します。目次は以下のとおりです。

***********
2021年の展望
***********

●新型コロナウイルス
●バイデン政権
●トランプの今後
●米中対立
●中東
●欧州
●東京オリンピック

***********
あとがき
***********

米俳優トム・クルーズさん、感染対策ルール守れと「映画撮影スタッフに怒声」(2020年12月17日付BBC)

こちらで音声が聞けますが、たしかに言動は激しいものの、言っていることは真っ当ですね。「正しいことを言っている」「さすがトム」として評価する声が多く聞かれたようです。

私もかつてはコンビニやスーパーでマスクをしていない人を見ると、複雑な気分になったものですが、最近はほとんど見なくなりました。冬になったこともあるのでしょうけども。トムのようなヒーローでなければこんな注意をすることはできないので、今の状況をありがたく思います(笑)。

メルマガ「世界情勢ブリーフィング」を購読するためにはご登録のお手続きが必要です。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

One comment on “2021年の展望
  1. KB より:
    マスクからワクチンへ

    昨年はマスク外交などというワードが生まれましたが、今年はワクチンがカードになるのですね。人の命もかかわることで、なんとも「争い」の種にはしたくないところですが、そんなあまっちょろいことも言っていられませんね・・・。

    バイデン政権はなかなか理解するのが難しそうです。というか、これまでのトランプは良くも悪くも「素人に分かり易い」(エンタメ的要素をふんだんに盛り込んだ?)政治をやっていたので、それとのギャップがすごい・・・。

    「週刊トランプ」という読みやすい紙面から、一気に「米国政治バイデン」のような業界紙に切り替わったイメージ(どんな?)であります(笑)

    というわけで、米国政治のお作法やら、プロトコル、政権の理念などをもう一度掴んでおかないと、と気持ちを新たにした「展望」でした。ご指導よろしくお願いいたします。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。