プロが語る国際政治・経済・金融の最前線!

The Gucci Post [国際政治・経済・金融 × プロフェッショナル]

2020/11/26 07:10  | 東南アジア |  コメント(0)

ミャンマー現代史(1): 独立と軍事政権の時代


ミャンマー総選挙、アウンサンスーチー氏率いる与党が過半数 公平性に疑問も(11月13日付BBC)

11月8日にミャンマーで総選挙が行われ、アウンサン・スーチー国家顧問率いる与党NLDは、改選議席の83%を占める396議席を獲得しました。単独過半数を維持するために必要な322議席を大幅に上回り、15年総選挙の議席(390)を上回る圧勝で、第2次政権の発足(21年3月予定)を確実にしました。

ミャンマーの民政移管は2011年ですが、そのときの政権は国軍系政党であるUSDPが担っていました。自由で公正な選挙が行われたのは15年11月で、その結果に基づき、真の意味で「文民政権」が誕生したのは、16年3月のNLD政権発足時といえます。そして、5年後、今回の選挙を迎えたわけで、真の意味での文民政権の移行(継続)が実現したのは初めてといえます。

新型コロナウイルスの感染拡大により、他国と同様、ミャンマー経済は大幅に落ち込んでいますが、それでも「アジア最後のフロンティア」として、日本をはじめとする外国の企業からの期待は大きく、海外直接投資は増加を続けています。また、日米の「自由で開かれたインド太平洋」戦略と中国との関係において、東南アジアは重要な位置を占める地域ですが、ミャンマーは日米と中国との間でバランスをとっており、戦略的観点からも重要な国といえます。

ミャンマーの動きについては、これまでイベントがあるたびにお伝えしてきましたが、この国を深く理解するためには、その成り立ちと歴史を知る必要があります。そこで、これから2回にわたりミャンマーの現代史を解説します。

※ここから先はメルマガで解説します。目次は以下のとおりです。

***********
ミャンマー現代史(1) :独立と軍事政権の時代
***********

●「ミャンマー」の成り立ち
●植民地時代と独立
●ビルマ式社会主義と軍事政権
●民主化運動の弾圧

***********
あとがき
***********

トランプ米大統領が七面鳥に恩赦 2年前の感謝祭とは違い・・(11月24日付BBC)

サンクスギビングということで、トランプ大統領が七面鳥に恩赦を与えました。2羽のうち1羽にのみ恩赦を与える恒例の行事です。

この恩赦、2年前には、トランプは、(どちらに恩赦を与えるかの)選挙は公平だった、しかし恩赦を受けられなかった七面鳥は敗北を認めず、再集計を求めたと発言していました。今の状況を考えると、あまりにも皮肉なブーメランに聞こえますね・・。

ちなみに本メルマガで何度となく取り上げているドラマ『ザ・ウエストウイング』でも、七面鳥への恩赦を主題にしたエピソードがありました。いや、本当に勉強になるドラマですね(笑)。

なお『ザ・ウエストウイング』で大統領を演じたマーチン・シーンは、映画『デッドゾーン』(デヴィッド・クローネンバーグ監督、1983年公開)でも大統領(に将来なる政治家)を演じています。大統領アクターとでも言えそうですね。ただ、同じ米国の大統領でも、『ザ・ウエストウイング』は世界の繁栄を追求し、『デッドゾーン』は核戦争を始めるという、真逆のタイプでした。

『デッドゾーン』は、未来を予知できる能力を得た主人公が、人気政治家が未来において大統領になり、核戦争を始めるというビジョンを見て、その政治家を暗殺しようとする物語です。主人公を演じたクリストファー・ウォーケンの青白い炎のような、儚くも美しい姿が強い印象を残します。

メルマガ「世界情勢ブリーフィング」をお読み頂くにはご登録のお手続きが必要です。
既にお手続き済みの方はこちらから今月の配信済みメルマガの確認と再送信が行えます(ログインが必要です)。

お申込みについてはこちらをご参照ください。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。