プロが語る国際政治・経済・金融の最前線!

The Gucci Post [国際政治・経済・金融 × プロフェッショナル]

2015/07/06 00:00  | 韓国・北朝鮮 |  コメント(4)

黒田勝弘『韓国 反日感情の正体』


黒田勝弘『韓国 反日感情の正体』

以前の記事で言及しましたが、韓国人の考え方を知る上で参考になる一冊です。

著者は、産経新聞で長年「ソウルからヨボセヨ」というコラムを連載していることで知られます。私も中学生の頃から愛読していました。そんなわけで、以前の記事で述べたとおり、外務省で韓国人青年の招聘プログラムを担当したとき、対談相手として呼ぶことも検討しました(ソウル在住のためかないませんでした)。

産経新聞のソウル支局長というと保守的な主張をイメージされるかもしれませんが、社風とは趣を異にして(著者は元々共同通信社出身)、韓国に対して、非常に暖かい目線を向けています。それも、偏った愛情ではなく、こんな人たちなんですよ、しょうがないですよね、といった感じの、呆れながらも憎まない、楽観的ではないが絶望しているわけでもない、冷静なバランス感覚があります。私は、こういう感覚が今の日韓関係に対応する上で一番重要なんだろうと思います。

本書は、韓国人に内在する論理を明快に説明してくれます。韓国の対応が理解できないと思う人は、本書を読めば、その謎がある程度解けることでしょう。特に、知識人と大衆の目線の違い、軍事政権と文民政権の対比、中韓の反日の対比、韓国の「普通の国」化といった切り口は、この本を読む前から私も強く意識していた問題意識であり、読んでいて頭がスッキリしました。

特に、中国の「反日」と韓国の「反日」の違いは重要なポイントです。中国の「反日」は、その大部分が中国共産党の運動です。実際に中国人に接すれば分かりますが、日本に対して関心をもっている中国人はそう多くありません。まして歴史問題や靖国のことなどに注意を向けて真剣に取り合う人は極めて限られます。

余談ですが、周恩来『十九歳の東京日記』には、靖国神社の大祭を見て、「大きな感慨を催す」という記載があります。靖国問題が極めて新しく、人工的な問題であることを示す証左の一つです。

これに比べると、韓国の「反日」は日本への強い関心から生まれている現象であり、現実に人々の心に根を張っている問題です。政府やメディアが煽り立てているところはもちろん大きいですが、実際に普通の韓国人と接しても十分に感じることができます。韓国人は、中国人と異なり、日本を強く意識しており、それは、対抗心でもあり、優越意識でもあり、劣等感でもあり、愛情でもあります。

日韓関係も国民感情も最悪といわれる時代ですが、それでも、韓国人の日本に対する思いは決してマイナス一辺倒ではありません。韓国政府のナショナリズムを煽る理不尽な政策と市井の韓国人のもっている感情との間には大きなギャップがあります。今、日本では嫌韓感情が蔓延している印象を受けますが、ネットなどで韓国(人)を批判をしている人たちの言動を見ると、このギャップに対してまったく意識がないような印象を受けます。残念なことです。

たしかに、近年、韓国は中国に対する経済依存を強めており(輸出の25%は中国向け)、かつて貿易・投資両面において圧倒的な存在感をもっていた日本の影はすっかり薄くなっています。武藤正敏『日韓対立の真相』の言葉を借りれば、日本は韓国にとって「普通の国」になってしまったのでしょう。

政界・官界・マスコミいずれにおいても知日派の力は弱まり、このため、かつてのように、悪化した関係を迅速に修復することが困難な状況にあります。この東アジアにおけるここ数年の環境の変化は、今後の日韓関係を考える上で重要なポイントです。

とはいえ、日本と韓国は民主主義という価値を共有し、東アジアにおける安全保障において同じ方向を向いており、ともに米国とは同盟関係にあり、本来的には対立する必要がない関係にあります。中国の台頭は両国にとって看過し得ない問題ですが、中国経済の減速はこの先避けられません(これは別の機会に述べます)。

日韓は、今すぐどうこうできるとはいえないほど深刻な状態に陥っていますが、少なくとも日本としては、こうした大きな問題状況を理解した上で、韓国の理不尽な対応に目くじらを立てず(もちろん反論すべき点はしっかり反論するのは当然ですが)、「アタマではなくハートで考える」人たちに忍耐強く付き合ってあげるという余裕を見せてあげるのが得策と思います。

メルマガ「世界情勢ブリーフィング」を購読するためにはご登録のお手続きが必要です。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

4 comments on “黒田勝弘『韓国 反日感情の正体』
  1. ペルドン より:
    招待

    韓国人あれば北朝鮮人ある・・
    両者は同じ気質か・?
    ハートで考えるか・?
    では・・
    在日の方々はハートで考えるか・?
    彼等は日本人に近いのでは・?

    そうは・・一律化出来ないのでは・・・??(笑

  2. volcano より:
    韓国

    >日本と韓国は民主主義という価値を共有し

    韓国に「言論の自由」はない。ウソは、アカンぜよ。

    >東アジアにおける安全保障において同じ方向を向いており

    最高軍事機密を中国に流す韓国が、同じ方向を向いてる?

  3. JFKD より:
    請求権認定

    日韓協定?であらゆる請求権は最終的に消滅したが、今回韓国は強制労働初認定と喜んでおり、新日鉄、重工など判決通り賠償金払うのか、払ったのか。今回日本は文書でforcedと表記し(請求権を認め)たのでしょうか。

  4. 匿名希望 より:
    本の御紹介、ありがとうございます

    本の記事をありがとうございます。

    私にとって直接の知合い韓国人は一人だけで、韓国人の全体的な方向性(複数あると思ってます)みたいな感覚を知りません。

    本を読ませて頂きます

    ※別件ですが、多面的な観点からの事実情報把握/思考は抜きにして、今回の世界遺産の韓国対応は、むかつくという感情的が出てきてしまいます(人間なので、多少の感情が出てくることは御容赦下さい)

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。