プロが語る世界情勢・政治・経済金融の最前線!

The Gucci Post [世界情勢・政治・経済金融 × プロフェッショナル]

2022/06/06 06:30  | 経済 ZAP !! |  コメント(1)

第134号 米国経済に所々見られる陰、正体はインフレと金融引き締め


今月開催(14日~15日)のFOMCを控え、6月4日からブラックアウト期間に突入しました。いよいよ、先週からはFEDのバランスシート縮小であるQT(Quantitative Tightening)も開始され、利上げと量的引き締めが両建てで行われることになります。こうした異例の事態について、過去のQTの事例等も紐解きながら、今後懸念される点を検証します。

そして、FED高官の相次ぐ発言も、マーケットに影響を与えていますが、この辺りからも今後のFRBのスタンスを読み解いてみたいと思います。全てが異例尽くしのマーケットと言っても過言ではありませんが、こういう時だからこそ冷静に、向き合っていきましょう。

それでは、今週のアウトラインです。

●先週のマーケット
 ・資産所得倍増計画
●先週の米国経済統計(結果)
●経済統計分析
 1. ISM製造業景況指数 5月
 2. ISMサービス業景況指数 5月
 3. ベージュブック(FRB地区連銀経済報告)
 4. JOLTS 4月
 5. 雇用統計5月
  ・雇用統計総論
  ・堅調な雇用に暗雲も
 6. FEDはBS縮小へ
 7. 市場を牽制するFED
 8. OPEC+追加増産
  ・サウジしか勝たん
●今週の米国経済統計(予想)
●あとがき

それでは、さっそくまいりましょう。

※ここから先はメルマガをご覧ください。

メルマガ「経済ZAP!!」を購読するためにはご登録のお手続きが必要です。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

One comment on “第134号 米国経済に所々見られる陰、正体はインフレと金融引き締め
  1. お伊勢参り より:
    向こう5年の視界を広げるため

    こんにちは。メルマガによる丹念なレポート、毎週楽しみに拝読しております。

    さて、足元のWithコロナ、金融政策の正常化、エネルギー転換、地政学リスクなどでインフレ、スタッグフレーションの話題に事欠きません。

    Fed、米経済統計の分析においても、この基調は変わりありません。

    利上げ、QTは向こう2年間は続くというか、少なくともイージングに傾くことはなさそうです。
    そもそも供給サイドの要因でインフレになっているものを、総需要抑制の金融政策で対応することが筋ワル。とはいえ、他に有効な政策が米民主党から出るとも思えず・・。
    ココは2年間は辛抱と割り切るのもアリ。

    でも、その先は?
    (1)共和党はトランプ以後の有力なタマを持ち合わせているのか?
    (2)そして、亡きぐっちーさんが指摘されていた、米経済の底力=移民による、若い生産年齢人口の確保が、2016-2020の”分断”政権以後、どうなっているのか?、バイデンは有効策が打てているのか?
    この長期トレンドの方が気になります。

    JDさんと合作になるのかもしれませんが、(1)と(2)への分析と方向観、まとめて特集していただけないものでしょうか?

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。