ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2017/10/13 05:00  | 東南アジア |  コメント(6)

ロヒンギャ危機と中国・ミャンマー

昨日は、カンボジアの内戦終結以降の政治状況をふりかえった上で、最近の民主主義の抑圧の動き、米国との関係悪化、そして、その背後にある中国の存在感について解説しました。

今回は、中国の東南アジアにおける影響力を示すもう一つの例として、ミャンマーを取り上げます。

特に、最近注目を集めるロヒンギャ問題との関係に焦点をあてます。

また、ロヒンギャについては、先月、「ロヒンギャ危機とアウンサン・スーチーの苦境」で解説しましたが、そのアップデートと補足をします。

その際、旧宗主国である英国の対応に着目し、ロヒンギャ問題の歴史的経緯についても解説します。

※ここから先はメルマガで解説します。

メルマガ「世界情勢ブリーフィング」をお読み頂くにはご登録のお手続きが必要です。
既にお手続き済みの方はこちらから今月の配信済みメルマガの確認と再送信が行えます(ログインが必要です)。

お申込みについてはこちらをご参照ください。

6 comments on “ロヒンギャ危機と中国・ミャンマー
  1. ペルドン より:
    中国の問題

    「こうした中国の投資が、果たして採算がとれるのか」
    何処に行っても・・怒涛の様な投資・・JD指摘のこの問題・・
    共産国だから採算性を度外視する本質が胎児されている・・しかし利潤を考えざるを得なくなった時・・本当の問題が浮上するでしょうね・・・

    自民党300議席とか・・それが合っていようといまいと・・
    選挙中の世論調査の発表は禁止すべきですね。今度の選挙で・・マッカーサーの
    呪縛を解けるか否か・・歴史の流れが興味深い・・
    ( ^ω^)・・・(笑

  2. マヨルカ より:
    アメリカのユネスコ脱退

    今回のテーマとは関係ないのですが、アメリカのユネスコ脱退の意味合いについて、機会を見て解説をお願いできませんでしょうか。
    ここのコメント欄は、とても詳しい方々が多いようですので、私一人で初歩的な質問をしているかもしれませんが……(=^^=)。

  3. JD より:
    マヨルカさん

    ありがとうございます。ご希望をふまえ、来週、解説したいと思います。
    コメントは、遠慮される必要ありませんので、気楽に書き込んでください。

  4. Kosei より:
    やらない善より偽善

    英国へのコメントでやっぱり出たかと思いましたが、英国の歴史とスタンスをみるにつれて、そういう思いが出る一方、意外と植民地への教育がしっかりしているという印象を受けます。
    海外での影響力という意味では、英国と比べると日本もまだまだだなと思います。
    まあ歴史的背景等もあって、なかなかはっきりした指針が打ち出せないのも理解できますが、わが国の基本方針というか、根底に流れている思想等、またさらりと解説していただけると有難いです。情報は溢れていているのですが、取捨選択が大変です。

  5. ペルドン より:
    ベンガル湾

    ガスと石油を・・
    中国が狙い・・邪魔になってきたから・・
    住民のロヒンギャを追っ払う役目を・・
    スーチ―女史が背負わされている・・
    との見方がありますね・・
    独裁者にならざるをえないか・・
    とすると・・長くはないか・??
    ( ^ω^)・・・(笑

  6. JFKD より:
    中国の非採算事業

    自国内では無人都市など創って債務をつくっているが、一帯一路の海外ではODA的な面はあるし、得意の、カネが返せなければ体で、じゃない現物で、特に土地(島)がいいなということなのでは。下手にカネを返してもらわないほうがいいのでは。笑
    AIIBの融資ではこれはやりにくいはずだが。
    国内の債務問題も、中国だとどうとでもなってしまうのでは。正確なことは誰もわからないから、いろいろできる魔法の国。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。