プロが語る世界情勢・政治・経済金融の最前線!

The Gucci Post [世界情勢・政治・経済金融 × プロフェッショナル]

2022/05/30 06:30  | by Konan |  コメント(0)

Vol.154: 月例経済報告


今回も短く。25日に公表された内閣府月例経済報告の紹介です。現状は上方修正、先行きは下振れリスク強調という珍しい組み合わせとなりました。

***********
現状判断は上方修正
***********

現状の基調判断から新型コロナウイルス感染症の記載が消え、とてもシンプルに「持ち直しの動きがみられる」とされました。先月は「新型コロナウイルス感染症による厳しい状況が緩和される中で」との文言がありましたが、きっぱりと削除されました。需要項目では、住宅建設の上方修正(「弱含んでいる」から「おおむね横ばいとなっている」へ)以外は前月と変わりありません。

・基調:景気は、持ち直しの動きがみられる
・個人消費:このところ持ち直しの動きがみられる
・設備投資:持ち直しの動きがみられる
・住宅建設:おおむね横ばいとなっている
・公共投資:このところ底堅い動きとなっている
・輸出:おおむね横ばいとなっている

夜飲みに出ても結構激混み状態。連休中の動きも明らかに昨年、一昨年対比改善し、こうした上方修正自体頷けない訳ではありません。

***********
先行きは下振れリスク強調
***********

しかし、世界はロシアのウクライナ侵攻で混乱を極めます。中国経済の減速も気がかりです。日本でも、円安は少し一服気味ですが、輸入物価上昇を背景に遂に消費者物価指数前年比が黒田総裁悲願の+2%台に乗りました。消費者や中小企業から不安の声が上がり、政府も経済対策に追い込まれます。

こうした不安感を先行きの基調判断に盛り込む形となりました。具体的には、先月の先行き基調判断は「感染対策に万全を期し、経済社会活動が正常化に向かう中で、各種政策の効果や海外経済の改善もあって、景気が持ち直していくことが期待される。ただし、ウクライナ情勢等による不透明感がみられる中で、原材料価格の上昇や金融資本市場の変動、供給面での制約等による下振れリスクに十分注意する必要がある。また、感染症による影響を注視する必要がある」でしたが、今回は以下の通り下振れリスクが強調されました。

・基調:感染対策に万全を期し、経済社会活動の正常化が進む中で、各種政策の効果や海外経済の改善もあって、景気が持ち直していくことが期待される。ただし、中国における感染再拡大の影響やウクライナ情勢の長期化などが懸念される中で、供給面での制約や原材料価格の上昇、金融資本市場の変動等による下振れリスクに十分注意する必要がある。また、感染症による影響を注視する必要がある
・個人消費:感染対策に万全を期し、経済社会活動の正常化が進む中で、持ち直していくことが期待される
・設備投資:企業収益の改善等を背景に、持ち直し傾向が続くことが期待される
・住宅建設:当面、横ばいで推移していくと見込まれる
・公共投資:補正予算の効果もあって、底堅く推移していくことが見込まれる
・輸出:欧米経済の改善等を背景に、持ち直していくことが期待される。ただし、中国における感染再拡大の影響が懸念される中で、供給面での制約等による下振れリスクに注意する必要がある

***********
岐路に立つ経済?
***********

紹介は以上ですが、今年の経済は、漸くコロナ禍の影響から脱し、個人消費の面で追い風が吹く一方、ウクライナ侵攻による欧州経済への影響、ゼロコロナ政策を背景とした中国経済の不調、そして世界的な資源・食料価格の上昇に見舞われています。唯一大丈夫な米国経済がソフトランディングできるか、それともリセッションに陥るか、今後を占ううえでの最大の注目点です。

以前も書きましたが、Saltさんウォッチが不可欠です!

今回はこの辺で。

メルマガ「CRUのひとり言」を購読するためにはご登録のお手続きが必要です。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。