ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2019/08/30 05:00  | 韓国・北朝鮮 |  コメント(6)

韓国のGSOMIA破棄

GSOMIA破棄、「韓国の決定に失望」と米国務長官(8月22日付ロイター)
大韓民国による日韓秘密軍事情報保護協定の終了の決定について(8月22日付外務省)
河野外務大臣臨時会見記録(8月22日付外務省)

あまりにも色々なことが起こるので、ずいぶん前の出来事のように感じますが(苦笑)、韓国による軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄についてです。

本件については、すでに様々な分析が出ており、本メルマガの読者の方々であれば一通りの情報を得ているかと思います。ここでは、特に注目すべきポイントとして、米国の対応と韓国内の動きに重点を置きつつ、今後の見通しを解説します。

※ここから先はメルマガで解説します。アウトラインは以下のとおりです。

***********
韓国のGSOMIA破棄
***********

●破棄の背景
●破棄の影響
●米国の対応
●韓国内での反響

***********
あとがき
***********

次回G7会場、トランプ氏ゴルフ場に? 不当な利益享受と批判(8月27日付AFP)

「開催地を巡る最終決定は行われていないものの、これまでのところトランプ・ナショナル・ドラルに匹敵する候補地はないと述べた」・・例によっていちいちまじめに取り合う必要はないと思いますが(苦笑)、私はこの「トランプ・ナショナル・ドラル」でプレーしたことがあります。現在、某大手メディアで政治部長をしている友人と二人で行きました。

真夏に2日間で3ラウンドやりましたが(笑)、さすがマイアミ、気持ちよくできました。ホテルとレストランも利用しましたが、とても良かったです。このときもらったドラルのネームプレートは、今でもゴルフバッグにつけて利用しています。

メルマガ「世界情勢ブリーフィング」をお読み頂くにはご登録のお手続きが必要です。
既にお手続き済みの方はこちらから今月の配信済みメルマガの確認と再送信が行えます(ログインが必要です)。

お申込みについてはこちらをご参照ください。

6 comments on “韓国のGSOMIA破棄
  1. KB より:
    喝!!

    辛口のJDさん、爽快でした!
    もったいをつける・・・確かに無知な人間には刺さってしまうこともありますよね。自分なりに、最近では多少突っ込めるようになりましたが、少し前では全く無理でした。読み手が日々リテラシーを向上させるのは当然ですが、JDさんのようなインテリジェンスが見廻って(笑)、こうして気付きを与えていただく、というのも引き続きお願いしたいところです。(甘えですかねぇ?)
    本題ですが、「日韓」や「米韓」というピンポイントの話に留まらない面白さ、「相手を知ってどう戦略を立てるか?」ということを考えさせられて、エキサイティングでした。
    最後に述べられていることが本当に全てで、歴史とその状況を受け入れて、何をするべきなのか?を考えさせられましたし、日本としても安全保障の面含め、大局的に考えていかなくてはいけないということは、身に染みて感じます。
    それにしても、トランプの記者会見のやり取りは、分かり易いですね。

  2. より:
    誰のコメントを参考にするかは、ホント大事だと思いました

    今回のブリーフィングは、秀悦です。本当にブリーフィングをしゃべって受けている感じ受けました。ありがとうございました。匿名の方も見当がつきました。

  3. 健太 より:
    外国へ行った人

     外国へ行った人、特にアメリカへ行った人は三つに分類されると思う。私はいったことはない。一つは歯が立たなかった人です。学者に多い。
     二つ目は国内向けになった人で、多くの日本人が外国を知らないことをいいことにいろいろ書く人です、これは対象がアメリカに限らない。
     もう一つはアメリカというより西洋文明をよくしって、なおかつアメリカ嫌いになる人とアメリカ大好きになる人で、この人々は歯が立たなかった人にも多い。

     大体以上のように認識している。

    一番は自国とアメリカをよく知り、かつ、足場を我が国に持つ人です。

    アメリカへいきもしないであれこれか書くとは不遜か、ばかだが、今できることはそれです。こちら側に判断をもとめるなら。

     外国への知見はその地で働いてお金を稼いだ人の意見が一番です。

     個人的には朝鮮、南北ともに現代の戦争へとすすむからその準備をすることだと達観している。その目で見ると我が国は異常です。
     いずれアメリカとも我が国は衝突すると予測しているが、これを思うと恐怖心が走る。

  4. china より:
    米国のリアリズム

    米国の現実主義はそうですよね、頭に刻み込んでおかなければいけないなと思いました。これから先米国との関係を見ていく上で、忘れてはならないポイントのように思います。そんな米国のリアリズムも頭に入れつつ、そのリーダーが衝動的な行動を好むトランプだということも理解しつつ、お隣さんと何とかやっていかなければならないのでしょうね。
    個人的には、日米貿易協定で中国に代わって農産物を引き受けたのだから、多少日本に肩入れしてくれても良いじゃないと思わないでもないですが、「それはそれ、これはこれ!」でしょうか・・。(自動車の関税を引き上げなかっただけありがたいと思え!とか、怒られそう。)

    韓国の国防部と外交部はGSOMIA破棄に反対したと言われていますし、しっかり現実を見て動いているのかなと思います。冒頭リンクの河野大臣の臨時会見の中でも、韓国外交部とは話し合いの継続で一致しているという事ですし、JDさんの解説によると米韓の軍事面での連携は堅実に続いているとの事。日韓関係や日米韓の安保環境を考える上で、楽観できる材料ではないかもしれませんが、それでも実務(現場)レベルで意思疎通が途絶えていないということは、少しほっとする事実ではあります。

    北朝鮮、喜んでいますでしょうか。米韓合同軍事演習に際してはミサイル発射しまくりの猛抗議でしたし、GSOMIA破棄決定後も北朝鮮のWEBサイト「わが民族同士」では、一貫して韓国への非難を繰り返しているようにも見えるのですが、金正恩の真意はどうなのでしょう。まだ文在寅の片思い継続中・・でしょうか。
    金正恩と言えば、写真にiPadが写り込んでいることがニュースになっていましたね。輸出禁止対象となっているアップル製品をさりげなく映り込ませることで、制裁措置は無意味だと示す狙いがあるとの見解がありましたが、まるでSNSにおける「匂わせ女子」みたいで少しウケました。

    「トランプ、動きます・・」のくだり・・さりげなく松本人志さんですね・(笑)。(「不安よな」って・・「よな」×「トランプ」が結構ツボりました。ジワジワ来ます。)あの騒動も1ヶ月も前の事なのですね。時が過ぎるのが早い・・。そしてもう8月も終わり。今年も残すところあと4カ月。怖いです。時の流れが速すぎて怖いです。

    ※追:今回はまろやかな表現で結構大丈夫でした。

  5. JD より:
    皆様

    ありがとうございます。
    チャレンジングな記事だったと思うので、ご意見は大変参考になりました。

    >chinaさん
    「トランプ、動きます」へのツッコミ、ありがとうございます。
    私としては会心のボケでしたが、気づいてもらえるか心配でした(笑)。

  6. JD より:
    北朝鮮

    >chinaさん
    そういえば、北朝鮮の反応は気になるところですね。
    私なりの見方はあるのですが、もう少し検討したいところがあるので、そのうちに取り上げたいと思います。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。