プロが語る国際政治・経済・金融の最前線!

The Gucci Post [国際政治・経済・金融 × プロフェッショナル]

2020/08/17 06:30  | 経済 ZAP !! |  コメント(3)

第38号 経済成長が伴わないインフレ


連日の猛暑ですが、皆さま体調や健康管理はいかがでしょうか?

ここまで暑いと、むやみに外をウォーキングしたりランをするのは生死に関わる上、先日のグッチーポストでの著者懇親会で、ジムの話にもなり、新型コロナ以降足が遠のいていたジム通いも再開させました。

とはいっても、ジムに長居は禁物なので、短時間のワークアウトに切り替え、自宅でのトレーニングも強化中です。こちらは、長年の私のクライアント(女性、年齢は伏せますが立派なシニア世代)が自宅でウェイトや自重トレーニング、ヨガを毎日1.5時間から2.0時間程度やっているという話に触発されたのですが・・・。

とにかく、なまった体を鍛えなおすのは大変です。こんな苦労をしている一方で、グッチーポストでは「嶽きみ」の販売が始まるのですから困ってしまいます。でも大変おいしいので、ぜひ、皆様もご賞味されてみては?

※ここから先はメルマガで解説します。アウトラインは以下のとおりです。

●先週のマーケット
 ・相場雑感とFED動静
●先週の米国経済統計(結果)
●今週の米国経済統計(予想)
●経済統計分析

 ・JOLTS 6月
 ・消費者物価指数 7月
 ・新規失業保険申請件数
 ・小売売上高 7月
 ・インフレの背景
●あとがき
 ・ぐっちーさんの「嶽きみ」

メルマガ「経済ZAP!!」をお読み頂くにはご登録のお手続きが必要です。
既にお手続き済みの方はこちらから今月の配信済みメルマガの確認と再送信が行えます(ログインが必要です)。

お申込みについてはこちらをご参照ください。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

3 comments on “第38号 経済成長が伴わないインフレ
  1. KB より:
    インフレと資産運用

    なかなか見通しを持つのが難しい、表面的な数字だけでは落とし穴がたくさんある今の米国経済。とても要点が分かり易く感謝です。

    後半に触れられていた、「インフレと資産運用」。よく「インフレに勝つ」運用と紹介(宣伝?)されていますが、そういうものに限ってコストが掛かるものも多いんですよね(宣伝するくらいですから、コストかかってますよね笑)。米株のETFやそれこそしばしば登場する、JNJとかでいいんじゃないの?と思っています。

    データを元に、淡々と状況を見極められる胆力を鍛えます。よろしくお願いします。

  2. 那須の山奥の兄ちゃん より:
    今回の

    JGB新発30年債の問題がよくわかりません。
    これがマーケットに甚大な影響を与えたかと思います。
    解説をお願いしたいのですが、こちらでよろしいのでしょうか?

  3. Salt より:
    那須の山奥の兄ちゃんさん

    コメントありがとうございます。

    今回の30年債入札は、テールも22銭と前回よりも流れており、応札倍率、最低落札価格も前回を下回っているため低調ですが、無難に通過したと見ています。

    今後も入札ラッシュが続きますので、9000億円は重たいですが、国内勢を中心にがこなしていくのではと考えます。そして、ベア・スティープ化も見られますが、超長期債については、生損保などの需要も強く、今のところマーケットへの影響は限定的と考えています。

    具体的にどのような点を問題を考えておられますか?

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。