プロが語る世界情勢・政治・経済金融の最前線!

The Gucci Post [世界情勢・政治・経済金融 × プロフェッショナル]

2022/04/28 11:00  | 選挙 |  コメント(0)

参議院議員選挙:注目選挙区(2)宮城県選挙区 〜 そんなのあり!?


参院石川選挙区補選 自民党の前議員 宮本周司氏が3回目の当選(4/25付NHK)

4/24に参議院石川県選挙区の補欠選挙が行われ、自民党公認の宮本周司氏が当選しました。

宮本 周司(自民)189,503票
小山田経子(立民) 59,906票
西村 祐仕(共産) 18,158票
斉藤健一郎(N党)  9,430票
   
この補選は、自民党の現職だった山田修路氏が、先月行われた石川県知事選に出馬するために辞職したことに伴って実施されました。そのため、宮本氏の任期は2025年7月迄になります。

「参議院石川県選挙区補選と「あの人」の復活」(2/10)

宮本氏は、2013年の参議院議員選挙で、全国商工政治連盟の組織内候補として初当選し、2019年に再選されて2期目の途中でした。石川県出身で、前職の山田修路氏と同じ清和会の所属であることから白羽の矢が立ったのでしょう。

今回の補選は、夏に行われる参院選の前哨戦とも言われました。そのため、自民党にとっては絶対に負けられないだけではなく、「保守王国石川」の名にふさわしい圧勝で飾ることが課題でした。

通常であれば、自民党が何の苦もなく大勝してもおかしくありません。しかし、3月に行われた石川県知事選では、保守系候補が3分裂して戦うという異例の展開になったため、県連内の結束の乱れが懸念されていました(下記記事参照)。

「石川県知事選挙結果:『立民がついた方が負ける』?」(3/17)

とは言え、立憲民主党が候補者を発表したのは、告示まで10日余りに迫った3/26です。また、公認された小山田経子氏は石川県との縁がなく、議員としての経験もありません。それなりの戦いをして次に繋げようという気もないのかと思いました。

その上、夏に行われる参院選では候補者を一本化すべく、立民と協議を続けている筈の共産党が独自候補を立てています。野党連携はもう無理ということでしょうか。

補選の告示を受けて書いた下記記事で、「失礼ながら、県知事選の影響で仮に自民党石川県連がごたついたとしても、宮本氏がゼロ打ちで当選しそうな顔ぶれです」と予想した通りの結果になりました。自民党石川県連の結束に問題はないようです。

「参議院議員選挙:選挙協力(4)迷走する立憲民主党」(4/9)

立民の泉健太代表は、告示前には、「ここで野党第1党としての力量を示したい」と意気込みを語っていました。今回の大敗を受けては、「まだまだ今の自民党とは力の差がある」と、感想とも反省ともつかないことを述べています。

また、選挙後には、選対委員長の大西健介氏の名前で党の公式ホームページに下記のような文書が掲載されています。

「我が党の基盤が弱いとされる石川県において、短期決戦の中で充実した選挙戦となったことは、今後のこの地域における我が党の党勢拡大に向けた布石となるものです。県民の皆さまに選択肢を示せたことは大きな意義があったと思います」

結局、「立民の力量」は、自民党の1/3程度という政党支持率通りの結果でした。それでも、「選択肢を示すことが大切」とのことなので、執行部としては候補者を立てたことで大満足なのでしょう。よかったですね。

尤も、立民所属議員の間では、「負け過ぎだ。自民党に代わる選択肢として有権者に見られていない」「泉氏では選挙の顔にならない」という声も上がっているようです。それは最初からわかっていたことでは・・・。

さて、ここからが本題です。参院選の注目選挙区シリーズ第2弾です。今回は、宮城県選挙区を解説します。

自民、参院宮城に桜井充氏擁立 世論調査で選定、結束課題(4/12付時事通信)

ご参考までに、前回は山形県選挙区を取り上げました。

「参議院議員選挙:注目選挙区(1)山形県選挙区 ~ 自国連携か!?」(4/13)

※ここからはメルマガでの解説になります。目次は以下の通りです。

***********
参議院議員選挙:注目選挙区(2)宮城県選挙区 〜 そんなのあり!? 〜
***********

●左から右へ
●前代未聞の公認プロセス
●場外乱闘

来週からはもう5月。選挙区解説シリーズをスピードアップしてお伝えしていきます。

メルマガ「永田町ディープスロート」を購読するためにはご登録のお手続きが必要です。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。