ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2018/05/22 19:24  | 物申す! |  コメント(56)

内田監督、あなたマジで逮捕です・・・

まあ、本人出て来い!!
と言ったのは僕です・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000050-asahi-spo

でも会見見てたら泣けてきました。
そりゃ、監督のいう事を聞かなければ良かったじゃん、という書き込みも多数あり、正論はその通りだと思いますよ。でもね、それは体育会というものの恐ろしさを知らない人の発言です。そんなもんじゃないんですよ。

高校からどっぷり体育会体質に浸かっている20歳そこそこの若者にそこまでいうのはそもそも無理だと思う。首から上はいらない、とか言ってやるわけですよ。

僕も日大豊山高校と野球部で練習試合をしたことが何度もありますが、まあ、1980年代の話なんで余計ですが、正直酷いというしかなかった。僕から三振を取られて、居残りでグラウンド100週(10じゃないよ)っていうんだから、途中から三振をとるのが何だか申し訳なくなってきたことをよく覚えています。家畜以下。

日大だけじゃない。甲子園を目指すような学校はみんなそうで、練習試合自体が正直嫌でした。こっちも負けたくはないんだけど、やると彼らが監督にしごかれるのをどれだけ見てきたことか・・・・・正直それが嫌で大学は野球をやりませんでした。当時は慶応義塾大学野球部もそんなもんでしたよ・・・・

宮川君はこれで人生が取り戻せると思います。
若いんだからチャンスはいくらでもある。

問題は日本大学。こいつら本当に腐ってる。
文部科学省は今こそこういう大学の許認可を取り消すべきだと思うわ。
役所の出番、というのはこういう所だろ。

日大の卒業生も私のまわりにたくさんいるのですが、ここはOBの出番でもある訳で、一つ頑張ってもらいたい、と思います。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。
尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

56 comments on “内田監督、あなたマジで逮捕です・・・
  1. ぺルドン より:
    そうか・・

    グッチーは高校野球当時・・
    ミスター100週と日大高に呼ばれていたか・・
    対策は簡単だのに・・
    日大高の女子をかき集めて・・
    短めのスカートでバブリーダンス踊らせりゃ・・イチコロだったのに・・
    直球も入らなくなったのに・・

    その元監督・・常務理事no2だって・!
    辞めさせられないのなら・・
    そのおっちゃんに・・毎日100週グランド走らせたら・・・
    ( ^ω^)・・・・・・・・・・

  2. 空の財布 より:
    どうするつもりでしょうね…

    先程の広報部のコメントに仰け反り返るなり…。

    彼らが考える事といえば、どう警視庁に圧力かけて不起訴に持って行くかぐらいですかね…。

    政界引退したカー代議士が食い込んで作った危機管理学部?の出番ですな…何を危機管理するのやら…

    まともな学生達が気の毒…立て看にうつつ抜かす京大ならちょっとは抵抗、抗議行動でもするか…苦笑。

  3. より:

    この碁に及んでまだ監督をかばうようなコメントを出している日大はもはや致命傷通り越してお前はもう死んでいる状態 笑
    もはや日大のブランドは地に落ちたどころか嫌悪感すら感じるね。
    OBの人たちご愁傷さま

  4. 下北のねこ より:
    ジャイアンの末路

    力で誰にも文句を言わせなかったジャイアンが偉くなって裸の王様となり、吊るし上げられてようやく気づく。
    内田監督も福田事務次官も誰が見ても非常識でダメなことを悪いことという自覚を持たずにやり続け、それが白日の下にさらけ出された結果です。

    偉い人にはより強い倫理が必要なんでしょう。スポーツエリートの最高峰にいる方はルールと安全を自分が見本となって厳守し、管轄する選手にも守らせる。官界のトップであれば、その期間は私を捨て、常に公に奉仕する姿勢が求められるのだと思います。
    それがみんなの上に立ち、常に注目され、一挙一動が必ずなんらかの影響を及ぼずトップエリートの義務であり責務ですよね。

    しかし、エリート非エリート関係なくセクハラさん以上に、こんな理不尽な上の方、学校、会社など日本中のどこでもいるんだろうなあ。やだなあ。

    記者会見見たわけじゃないけど、この日大の子たちは応援したくなります。
    高校はスポーツでも文化系でもしっかりした指導で強くなるものだと思うのですが、体育会というものはよくわからないけど、大学は、自分(たち)が一生懸命悩み、脳梁を思いっきり絞って考えるとこに価値があるとこだと思います。
    今回の事件を糧として、人として大きく成長することを願ってます。

  5. ひこぼし より:
    そっくりだ・・・

    相撲協会や日本政府と

    実行犯を晒して、責任を取らせて
    その場面を大々的にメディアで演出する。
    やらせていた真犯人は、正義の演出をしたり、
    反省したふりをして火の粉が降りかかりそうになると
    すぐに入院してみたり・・・と逃げる。

    背後には裏で絵を描いている輩(たいていヤメ検の弁護士)が居る。

    アベ政権下では特にこのパターンで、政権が危機になりそうなモノが出てくると、不思議な事件が表面化したり
    今回のような、そこまで全てのメディアが生中継するほどの重大事件なのか?
    と首をかしげたくなるような、特別報道体制を敷いていた。

    スピンもココまで繰り返されると、裏の隠したいニュースを反射的に探してしまう癖がついてきた。

    公益財団法人・日本相撲協会 改め⇒特定指定暴力団・日本相撲協会

    財務省 改め⇒指定暴力団・財務省
    内閣府 改め⇒指定暴力団・内閣府

    隠したいのは、
    誰もが知ってる首相の犯罪。
    加えて、長期に渡る拷問のような未決拘留の
    籠池夫妻の保釈請求
    (もう未決拘留期間だけで、無理やり実刑判決が出たとしても、すぐに釈放されるような長期になってきている)

  6. ひこぼし より:
    忘れてた

    学校法人・日本大学 改め⇒大日本帝国陸軍・日本大学

    特攻もインパールも、表面化していないのが
    ワンサカ有りそう・・・

  7. 健太 より:
    似た世界

     <なぜ断らなかったか>と娘に言うと<お父さん、大学までソフトをした人があれは監督の指示だよ。間違いないといった。監督の指示なんか断れないよ。お父さんは知らない>といわれた。私はするにしてももっと別のやり方があるのではないか。こんなみえみえでと思った。
     我が国国家社会の内情を示しているなあと思った。日大にしても最高責任者がいない。アメリカ軍人が意識している、大統領とアメリカへの忠誠に相当する意識がない。
     もともと子供が減るから当選文教予算は減る。それでは困るから増やしたのが大学だと私は見ている。それなら増やした大学は、大学に相当しないのは当たり前だと思うかもしれないが、逆で、下もあった大学が落ちたから、それを見えないようにした。知人が<安部首相は成城台出だからなあ>といった。
     <生身の政治学部を出ているから、いいんじゃない>と答えた。
    なんかいやになりますね。
     その昔なら、陛下にの申し訳ないという責任の方向があったがそれが今はない。会社でも辞めたら食えないとなると指示に従う。
     学校で意に沿わない指示が来たとき。それをけるにはどのようなことが必要かを教えることではないか。ことは金持ちでないとできないですが。
     小保方晴子女史の<あの日>を最近古本で読んだが、その世界も似たような世界だと思った。彼女非常な能力があるのでは私は思った。
     我が国の教育はマジめな生徒を奇妙な形で利用する。また能力のある普通の家庭の人々を徹底的にこき使って捨てる階層があることを教えるべきではないか。
     何でも小保方女史と似たような方法をハーバード大学が特許申請したそうですよ

  8. volcano より:
    newsザッと見しかしてませんが

    監督による指示はあったか

    反則選手「監督から反則をするなら試合に出してやると言われた。監督が謝罪を制止」
    反則選手が試合までの経緯を説明。
    ・5月3日にコーチに練習から外される。
    ・4日になると監督は「宮川は試合に出さないから辞めていい」と言われる。
    ・5日になると「相手のクォーターバックを1プレー目で潰したら出してやる」と言われる。
     宮川選手は相手のQBを潰すので出してくださいと提案を受ける。
    コーチから「出来なかった済まされないぞ」と念を押される。

    悪質タックル指示あれば日大に“ガサ入れ”の可能性

    やっていいことと悪いことの倫理規範は反則選手にもあったとは思います。が、しかしアメフトは特に軍隊スポーツと言われ上官の命令は絶対。鉄砲玉だけでなく893の親分を取っ捕まえる共謀共同正犯の理論で監督は刑務所送りジャマイカ。
    それにしても日大のクズぶりが際立っちまいますた。
    今のところ被害者に後遺症はないが、……脊椎損傷で身体の一部が動かなくなる日が来るかもしれず、「悪質」と言えるのではないか。

    日大広報部コメント
     コーチから『1プレー目で相手のQBをつぶせ』という言葉があった。ただ、これは『最初のプレーから思い切って当たれ』という意味です。
    本人と監督は話す機会がほとんどない状況にあり反則タックルは、あくまで選手が勝手にやったこと

  9. トホホおやじ より:
    技術不足

    サッカーでも審判の見えないところで足かけたり蹴ったりしてます。
    それも技術のうちといえば言えなくもありません。
    このアメフトの選手のヘタさ加減。
    監督の本音はなんでもっとわからんようにうまくやらんのじゃあ、アホッと
    言うところでしょう。反省しているとすればその程度でしょう。
    体育会系なんてそんなものでしょう。

  10. レッスルマニア より:
    会見を観て

    ・「潰せ」の指示がコーチを通じて行われている。大所帯のチームに良くある指揮系統なのでしょうが、悪く考えると、何かあった時に監督に責任が及ばない仕組みに見えてしまう。

    ・大学世界大会を辞退させられている。日大が代表を選ぶ訳ではないのに何の権限があってそんなことを言うのか。

    ・「審判の笛は聞こえていたのか」との質問に認識していた(大意)との回答があった。一部にある偶発的な事故という見方は完全になくなった。この質問をしたのは元選手の有馬隼人氏とのこと。

    以上、思うところを述べてみました。

  11. エンゾ より:
    叩かれるだろうなぁ(-o-;)

    昨日の記者会見の中で気になった質問は東京MX テレビの「レフリーの笛が聴こえてましたか?」
    彼は「聴こえてました」と答えました。ここで中継が切れたので質問の意図は分かりません。
    私は、監督・コーチの指示はインプレイが前提だと思います。

  12. 空の財布 より:
    2回目ご容赦を…

    邪悪の親玉…

    マインドコントロール…

    この内田氏、相当のワル、ですぜ…

    世界大会辞退させたのも、精神的に追い込むためプラス、この反則行為後に辞退させると面倒なので、あらかじめ先回りして、と思う…

    以下、お叱りを覚悟のうえで…

    この選手は日大から関学大へ入り直して、再び選手として日大と対戦…

    関学大はこの選手の大活躍もあり、日本一に…

    こういうふうになりはしませんかな~?(笑)

    あと、内田氏にはぜひ総長に…これはちといちびり過ぎか…真面目な皆様、失礼致しました…

  13. dowahaha より:
    オミソレしやしたw

    高校球児だったんかい
    スポーツ自分でやりそうもネエイメージ持ってたわナ
    高校でやってたンなら草野球なら今でもエースでイケるんじゃあ?

    会見見たけどナ
    彼にしてもこのままじゃあ人生終わりな訳で、監督やコーチの指示だったってのははっきり言っとかんと

    そもQBは狙われやすい、パス投げた後でもナンボでも突っ込んでくる
    その間合いはビミョウでな、ただアレはネエ
    後から行ってるし、完全に背を向けててまったく無防備
    QBは軽い防具しか付けてネエからたまったもんじゃないわ

    しかしなあ
    あえて言えばそんなに騒ぐ事かいな
    たしかにアレは露骨過ぎたがナ
    どこにだってころがってる話だぜ
    野球にしろサッカーにしろ
    ネイマールも出始めさんざんやられてたし

    小生、大谷が心配ヨ
    ぶつけられンなよな

  14. エンゾ より:
    誤解のないように

    選手をここまで追い込む日大のやり方は犯罪だと思います。
    あと、日大は危機管理学部を新設してるんですね。笑わせてくれます(笑)

  15. 健太 より:
    その後

    娘が言うには、監督コーチ、選手、チームのどれかひとつ一流のものがあればおきない、おきるのは全部一流か、全部一流でないかだという。
     体育会系で過ごした子供だから、別にそのように思ったそうです。
     自身のクラブの話としては話さなかった。
    ずいぶん前に、我が家へ工事に来た職人と母親が話した。その後<おい、気の毒だよ>というので、<何が> <あの子高校野球の球児だったて、何でそれをしたのと聞くとわからない、自分は野球が好きである程度できたから、高校野球の学校へ行ったが、なかなか選手にはなれなかた。今から。思うとなぜ野球をしたかわからないと答えた。苦しんでいるようだったよ。>
     この様な話は我が国には多いと思う。はっきり書くが、学校における教科の授業もだが、人生行路の指導がまったくなされていない。 
     たとえば東大を出ると色々な進路があり、それぞれにおいて節目節目に決まったことがあるから、それをしなければならない。それをしてまでいくかといったような指導です。確かに未来はわからないがそれでもそれぞれの世界に決まっていることがあり、それはその選択をするとしなければならず、勉強も労働も色々あるが、それをするか?こんな苦労がるぞとかいったものです。うまく説明できないですが、 
     なんか本当にいやになりますよ。

  16. yagozaemon より:
    体育会

    日大には体育会は存在しません。
    他大学で体育会に相当するものは保健体育審議会と言います。
    日大OBの方に聞いた話では
    日大闘争のとき、学生対学校経営側との対立の中で、経営側についた体育会系の学生が、非常に暴力的、非民主的であったことから
     体育会イコール暴力的、非民主的というイメージにつながるからだと言っていました。しかし今回の事件を見て、看板の架け替えだけで中身は何も変わっていなかったと思う次第。良心的な人たちが声をあげて根本的に変えていかないとどうしようもない。

  17. 山政 より:
    ピンクのネクタイ

    日大の選手はコーチから「相手のクォーターバックと知り合いなのか。関学との定期戦がなくなってもいいだろう。相手のクォーターバックが怪我をして秋の試合に出られなかったら、こっちの得だろう。これは本当にやらなくてはいけないぞ」と念を押されたそうですね。
    少なくとも骨折や、激しいじん帯損傷レベルじゃないと復帰してしまいますから、プレー中に仕掛けるレベルでは難しいです、同じ退場を食らうなら確実に潰さないと監督には認められないでしょうからあのタイミングだったのかもしれません。

    日大の理事長は山口組とも繋がりがある様で、文科省からの助成金は10億程あるそうです、関学への謝罪にピンクのネクタイで向かうとは余裕を感じますね。

    将来のある若者の必死な気持ちを、私利私欲のために利用する… 最悪です。

    当初、負傷した選手は足に痺れがあると言っていた様ですから神経を痛めていないか心配です。

  18. 牧神の午後 より:
    資格制度

    やっぱり資格制度を整備するしかないのでは?

    高校以下の教員には資格制度があるのに、スポーツの指導者には何もないのはおかしい。

    もっとも、制度を整備すると利権が発生する危険もあるし、高校野球の池田高校 蔦監督のような人は出てこなくなるだろうけれど、仕方ない。現状は酷過ぎ。

    ちなみに、日本のプロ野球でコーチの資格を持っているのは荒木大輔氏一人だけ。

  19. うま より:
    謝罪会見

    宮川選手の謝罪会見は、入念に準備されていたように思う。
    言うべきこと(怪我をさせるよう指示されたこと)、言うべきでないこと(指導者に対する非難)をわきまえていた。
    結果として(いや意図的にか)、世論を味方につけ、謝罪会見というより、名誉挽回し、非が指導者側にあることを告発する効果のほうが大きかった。
    弁護士が有能なのだろう。

    内田前監督は、マスコミの前で「この問題はすべて私の責任」と言えば、自分の株が上がると思っていたのではないか?
    昭和前半の化石のような人。教育の世界からは追放しなきゃ駄目だろう。

    大学の対応が悪すぎ。
    危機管理できない大学の危機管理学部の卒業生って就職できるのかな?

  20. けやき より:
    反則

    >首から上はいらない、とか言ってやるわけですよ。
    本当にコレなんですね。体育会系が就職に有利、というのも理不尽な命令でも服従するから。
    でもね、最近新人研修で自衛隊合宿やるとこ増えてるみたいですよ。理不尽な命令でも盲従するような従業員が欲しいなあ!というホンネが透けて見えすぎです。なんだみんな反則タックルする人が欲しいんじゃあないか…
    ほかにも日大の危機管理のマズさ、初動の対応ミス、報道と拡散スピード、閉鎖社会内の権力関係、スポーツと刑事責任(正当業務行為の範囲)、と論点盛りだくさんです。危機管理学部はこれ題材にいい研究できますよ!

  21. 代書屋 より:
    間接正犯

    「逮捕」という観点から見ますと、内田監督の行為は、当該学生を道具として
    用いて、自らの犯行を完遂させたと考えることもできます(間接正犯)。

    つまり、直接自ら手を下さなくても、何も知らない第三者を「道具として」
    利用し、犯罪を実現した者を間接正犯と言います。

    この「道具」としての要件が問題となりますが、教科書事例ですと、
    父親が、3歳の娘に、コンビニでお菓子を万引きするように唆した場合、
    当該娘には、是非善悪の規範意識が乏しいとされ、父親が、娘を道具として
    用いて犯罪を実現させたといえます。

    では、当該学生は20歳ですので、是非善悪の判断能力はあると思われますから、
    上記には該当しません。

    但し、次のような判例があります。
    自己の日頃の言動に畏怖し意思を抑圧されている一二歳の養女を利用して
    窃盗を行つたと認められる判示の事実関係のもとにおいては、たとえ同女が
    是非善悪の判断能力を有する者であつたとしても、右利用者につき窃盗の
    間接正犯が成立する(最判昭和58年9月21日)。

    会見で出された供述書を読む限りにおきましては、当該学生は、これに該当する
    可能性もあるのではと考えます。

  22. レッスルマニア より:
    監督とコーチが会見

    23日20時現在会見中です。指示はコーチからで監督は知らないとのこと。コーチが全て飲むってことで日大は通すことに決めたみたいです。

  23. レッスルマニア より:
    連投です。

    会見は地上波ではライブで観れません。CSのTBSニュースバードで生中継です。

  24. 健太 より:
    我が国。日本。公安の菅沼氏

    >監督とコーチが会見
     それが我が国でしょう。之でないと収まらないが原因を追究しなければならないもの、たとえば<なぜ原発は爆発したか>などではアウトです。原発の爆発を時系列で追及した著作があるが、それを読むと背筋に冷たいものが走るとともに、吉田氏がいろいろな意味で気の毒に思った。
     親分が今回の殺しはお前が警察に私がやりましたといって来いでおしまい。警察もそれで書類上のことも事件も解決した。ただしそれはかたぎの世界ではないという前提がある。平等とか人権という西洋思想にもとずくものではないが、それと似た考えで、我が国は動いていた。
     だから野党もあんな状態でも給料をもらって生きられる、その野党がその状態はいけないと主張するから摩訶不思議でしょう。外から見ると気が狂っていると見えるが違う。
     今回の事件はスポーツ界もかたぎの世界ではないという先祖の教えで十分で、騒ぐことではないとなる。スポーツ庁の廃止をすればいい。
     公安の菅沼氏は我が国のやくざとアメリカのマフィアとは違う。我が国のやくざは庶民が日常的に利用する。ここが我が国の特徴で難しいものがあると外国記者会で講演している。法の前において平等という考えからすればその見方ですが、人にはかたぎとかたぎではないという区別があり、それぞれ別の法律が適用されるとすれば庶民は騒ぐこととは思わない。同じ殺人でもやくざの殺人は軽い判決が出たが、もはや今は違う。之がどれだけ我が国に混乱をもたらしているか?
     我が国の裁判は社会秩序を壊す判決をする。西洋政治思想にもとずく、半端な理解による法体系があるからです。
     庶民が心の中に思っていることはスポーツ界もかたぎの世界ではないでおしまいでしょう。ただそれを意識しないことが特徴です。言えば皆納得でしょう。

  25. 空の財布 より:
    気の毒…

    U氏『おい、I、分かってるよな。お前の将来は俺次第ってことを…』

    I氏『親分、ガッテンです!』

    謹慎の言葉の先には、謹慎明けってのがある…か、な…?

    選手、連盟、すべてをそこのけ、そこのけ、俺様が通る…か…?

    在校生、卒業生の皆様、お疲れさまです…。

  26. 只野主任 より:
    問題は大学側

    強い者に勝つには、スポーツでもこういう手段を採るのはよく見る。17回もトップを取った篠竹前監督はぐっちーの言うような事をやっていた見本だが、不正には極端に厳しかったという。名物監督にはそういう人が多かった気がする。後半は他大学が強くなり10年以上トップになれなかったが。だから27年ぶりに優勝した内田監督は、勝続けるため、こういう手段に転じたのだろう。試合のフェアプレーで伝統的に有名だったにもかかわらず。

    問題はやはり日大側。昨日の選手本人の証言の後も、指示していないと先ほど会見した。監督自身や現役部員も、監督の指示と認めたインタビューをしているのに。監督は大学のナンバー2の理事でトップと一心同体だろう。私立とはいえ情けない人事だ。だから評価が低くなる。教職員組合が人心一新を要望したが、通用していない。在校生、教授会、OBで大学と名門アメフト部の名誉のため一刻も早く辞任・解任させるしかない。傷害罪の刑罰では軽すぎて効果がない。それでも立件できるだろうから、玉木正之はアメフト連盟組織で監督、担当コーチを永久追放することが相当な事案だと言っている。文科省、スポーツ庁も、教育・スポーツなのだから同じような処分を下すべきでは。

  27. いつも拝見してます より:
    大人とは…

    まあ社会に出たら清濁を合わせ飲んだり、組織に組み込まれたら明らかに理不尽な上の命令を聞いたりなんて、よくあることだけど…。

    でも、大人が学生を食い物にしちゃいかんでしょうに。
    恥を知れ…という一言しか無いです。

  28. 那須の山奥の兄ちゃん より:
    いつものこと

    どこの国でもそうだが

    地位の高いやつほどリスクを冒さなくなっている
    リスクは下に押し付け
    知らぬ存ぜぬ

    これで企業が成長をするのか
    国家が成長をするのか

    みなが日大の監督が悪いというが
    身に覚えにある人のほうが
    日本には多いのではないのでしょうか

    ある意味、
    日本や世界の縮図のような光景であって
    日大の監督の卑劣さをみて
    反省するべきではないですか

    私が嫌悪する態度というのは
    無能な奴が
    上司にゴマをすり
    無能なのに偉そうにふるまうやつ
    何もできないのに
    俺はえらいんだぞ、感を出すバカ
    そういうのは
    自分が無能だと心得ているので
    絶対に
    こういう場面でリスクを冒さない

    日大の上層部というのは
    無能の集団だから
    全員でかばっているだけ
    権力闘争しか話題にならない
    そりゃ
    あれだけ学生数がいれば
    儲かって仕方がないだろうね
    そのトップに立つのは
    とんでもない利権を握ることになる
    しかも、その半分は税金だし
    こんな楽な商売のトップなんて
    降りたくないよね
    上層部は

    上に立つものは
    リスク相応の金をもらう当たり前
    リスクを冒さないのに
    高給を食む
    どこの組織も
    そんなやつばかり

    こういうことを平気で言うやつが
    会社員でいられるわけないよ(笑)

  29. やまさん より:
    今回の件

    今回の件は単に内田氏が自分の出世のためにやった事(チームの勝敗やチームの能力アップは全く関心がない)なので、当事者間で解決すればいい事だと思います。

  30. mecha より:
    最も抑制的な表現で「憤り」

    昨日の日大緊急会見を受け、今の私の心境について、関学の小野ディレクターの言葉をそっくり頂きます。

    本当にこの一連の騒動を、大人は、子供や若者達にどう説明すれば良いのでしょうか?

    「若いうちは、正直に生きて、誠実に対応し、目上の人の言うことはしっかり聞いて、何かあったら責任も取るんだぞ。でも、偉くなったら(権力を持ったら)、嘘ついても構わないし、責任は転嫁しても、何なら目下の者を切り捨ても構わない。とにかく他人を守る前に、自分を守れ。」とでも伝えれば良いの???
    しかも教育機関の出来事ですよ!
    親も先生も頭を抱えます。

    しかも、あれだけ堂々と問題をはぐらかした挙句、入院ですか。とても心労があった様には見えませんでしたが。ましてや今日24日は、関学への回答期限でしょ。敵前逃亡甚だしい上、誠意のかけらもありません。
    こういう逃げ方も、子供達に教えれば良いのでしょうか?

    本当、こんなんでええんか!

    因みに、日大の危機管理学部は、別名「天下り学部」というそうで、教授には警察庁や法務省OBもいるとの事。
    そうか、学生に危機管理を学んで貰うのではなく、日大幹部自分達を守る為に作ったんだ。

  31. ぽよんぽよん より:
    根元から勘違いしている人たち

    教育=軍隊式奴隷養成所
    だと思ってる人たちが一定数以上いる限りなくならないでしょうねぇ

    大学にとっても、就職率そのものを宣伝材料にするには、従順な奴隷を量産することが効率がいいし…
    就職後に5年で使い捨てにされたり、40過ぎて鬱病になるかどうかは、大学の就職課には関係ないし…

    運動部などの、数年で最大の結果を出すことを目標とするには、人格破壊、絶対服従の軍隊式はいい方法だしね

    小学校の算数の問題も、教えられた方法で解かないと バツにするとか、言われたことを言われたとおりに、ロボットのように作業しないやつは許さないといった方針が徹底されているところから変えていかないと治らないだろうな

    自分の能力を落とさずに、一日中ナンパして、マンガ読んで(最近はゲームか)いられるような、うまい怠け方教室みたいなものが必要かも?

  32. エンゾ より:
    縛り

    「1プレイ目で潰せ」これがすべてだと思います。
    日大ディフェンスコーチは関学の攻撃を中央もしくは右だと判断し、宮川選手をDL の右端に配置。
    ところが関学の攻撃はQB が左にロールしてのパスプレイ。
    宮川選手は「1プレイ目で潰せ」の命令を忠実に果たすために笛が吹かれた後でもタックルせざるを得ない。
    監督もコーチも「1プレイ目で潰せ」と命令した以上、宮川選手のプレイを追わずを得ない。
    こんなもんですか(笑)

  33. 空の財布 より:
    内田さん、いらっしゃい〜♪

    新婚さんいらっしゃい〜♪のノリで…。

    あ、酔っ払いですから…笑。

    え〜、貴方は素晴らしい教材です!

    所詮、今の日本は貴方のような素晴らしい人達に支えられている…。

    万歳!!

    で、そろそろ変化させる時ですね…。

    貴方が自ら率先してその事に関われば、貴方は現人神として日本大学で永遠に崇められますよ…。

    今からでも日大病院でじっくり考えてみませんか…?

    お節介焼きより…。

  34. 空の財布 より:
    連投御免!!

    この時間帯にマクドナルドで同僚と真面目に議論している若者達がアメリカ目指せば、黒田ソーサイよ、一気に円安だぜ!!笑

  35. 下北のねこ より:
    人選ミス

    言うまでもなく日大側の会見です。
    なぜ顧問弁護士さんに会見の運営を依頼しなかったのでしょう?
    学生さんの会見はきちんと弁護士さんがサポートしてました。

    例えば弘中弁護士のような超一流の方にお願いすれば、それだけでかなり風除けになったはずですし、質問も整理されたはずです。
    JDさんだったら、イケメンは正義、全てが正しいということで免責されたかも知れません。\(^o^)/

    日本大学だったら、歴史のある法学部があるはずです。OBにいい弁護士さんいると思うのですが。

    残念ながら、今回の対応を見ていると、日本大学そのものに大きな傷を付けているように感じます。せっかく危機管理学部持ってるのなら、そちらを事件の対応に使わないのでしょう。危機対応の実践に最高の材料だと思います。
    危機管理学部のメンバーに事件対応丸ごと任せて、マスコミの前で研究実践として使えば、そちらの方ではアピールできたのに。

    正直、日大の築き上げたものはこの程度かという感じすら持ちます。
    何のための記者会見なのか目的すらボケてしまってます。

    私の知ってる日大出身の方は数人しかいませんが、公務員、会社役員とかの立派な人です。
    最近、受験だけはやたら難しくなって、東京六大学並みになったんだとOBの方は困ったような口調で自慢げに喜んでましたが、今度の事件でご破算になりかねませんね。

    私以上の年代の方だったら、雪印が解体に追い込まれるきっかけとなった、疲れた社長さんが「私だって寝てないんだ」と言って、記者にそれをつけ込まれた会見を記憶していると思います。
    あれはマジで質問していた記者に私はブチ切れた記憶(意外に世の中含めてみんなそうだと思う。だから、記者の実名や所属が公になってないのだと思います。)があるんですが、現実は雪印が潰れました。
    日大が潰れることはないと思いたいですが、今の時代はわからないです。
    これから本当に迷惑を被るのは、現在在籍している学生たちです。
    日大側は人的責任を明確にして、解任、辞任の処分を早急に行い、他の学生の今後に影響が拡大しないうちに問題を終結すべきです。

    少なくともアメフト部学生さんの会見を限りでは、さすがに大学のトップチームだけあり、いる学生は鍛えられているし優秀だという印象を受けました。
    立て直しは充分に可能です。人材はいるはずです。早く新体制で出直しを図るべきです。

    関係ないけど、歳を取って、感情の制御、特に我慢が効かなくなるって、本当に怖いなあって思います。財務大臣の麻生さんなんかもそうなんだろうなあ。

  36. まり より:
    内田という人間(とそんな彼が所属している組織)

    ・教育者に関わらず、学生に障害を命じた。
    ・教育者に関わらず、事件の責任を学生に押し付け、逃げた。
    ・教育者に関わらず、嘘を言って責任を逃れようとしている。
    ・教育者に関わらず、学生の人生を潰してでも自分の保身が第一。
    ・スポーツの指導者にも関わらず、スポーツのルールをどうでもいいと思っている。
    ・教育機関であるに関わらず、モラルで正しい事よりも、一番大事な学生の未来よりも、権力を持っている内田を守ろうとする。
    ・教育機関であるにか関わらず、理事長が反社会勢力と懇意にしている(噂)。
    ・日大理事長は相撲界出身(関係ないかもですが、組織のカルチャーづくりにはかなり影響しているとしか今は見えない)

    (※大学なので内田を監督や指導者ではなく、教育者として書いています)

    これを、簡単に変えてみると…

    ・手下に障害を命じた。
    ・自分の責任を手下に押し付けて逃げた。
    ・嘘を言って責任を逃れようとしている。
    ・他人の人生がどうなってもいいと思っている。
    ・法律もモラルもどうでもいいと思っている。

    恐ろしいくらいに外道ですね。

    日本をはやく、良い人が得をして、このような悪人/嘘つき/ブラックが底辺に落ちる社会へと変えていかないともたないかもしれませんね。
    手遅れ感がハンパないですが…

  37. dowahaha より:
    袋叩きw

    オイオイ騒ぎ過ぎじゃネエのか
    そこまでの問題かい
    大学の危機管理能力とかヨ

    体育会経験者とそうじゃない人間とも受け方が違うが
    グッチー氏は前者だわナ
    どこの高校だが知らんが、似たような事まったくなかったんかい?
    NHKからして大騒ぎで、このままじゃアメフトだけじゃなく全スポーツに及んじまうワ
    サッカーで削られて再起不能になった選手だってナンボでもおる
    あんたら高校サッカーの予選とか見たことあんの?
    野球にしろ報復合戦とかどうなのよ?

    そりゃ良くない事には違いないワ
    ただヨ
    関学にしたって伏線があったはずだし、こんなんはっきりいって当事者と直接の関係者しかわからん
    スポーツはルールにのっとって品行方正にってのは理想よ

    本田はあまり好きなタイプじゃネエがマトモな事言ってる
    これがホントのとこだろう
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000069-sph-socc

  38. 只野主任 より:
    大騒ぎする問題

    昔の体育会、今もそうかもしれないが暴力もある。スポーツなのに日本では組織の論理で許されることが多い。加えて日本の古い組織を色濃く残すヤクザの世界のように、鉄砲玉扱いされた宮川選手。全日本の選手なのに。日大は本当に古い。スポーツの観念もない上に教育の現場であることも忘れている。スポーツのおかげでその手の人間にならずに済んだ人も多いというのに。今回は指導者と大学側の対応が問題になっているのであって本田の批判は当たらない。

    伏線どうのこうのも関係ない。今回井上コーチは守備位置を放棄していいから打席を外した打者にビンボールを投げてこい、やらないというのはないからなと言ってしまっているも同然だから、傷害罪だろう。教唆を超えた命令だから、間接正犯以上だ。笑
    監督が指示したと他の部員も言い出したから、立件できるだろう。保護者会という言葉を聞いて、教育現場だと改めて気付かされた。そういえば、小中高生には保護者の目が光っているから、少しはましだ。大学はプロへの途中で半端だな。宮川選手も反則が下手だった。当り前だが。昨年フェアプレー賞を取って日本一になったのだから。伏線というならお互い守備位置を守った正攻法で激突して壊してほしい。ビデオには事欠かないから、内田監督も病院で関学の伏線を探してもらいたい。

    たしかにサッカーは一番きたないし予選では反則も目立たない。これからはビデオで大騒ぎすれば減らせるだろう。アマチュアの考えられない悪質な反則は指導者の指示と見做すでもいいのでは。けがをさせられるより良い。まあ国際大会では日本が損するだろうが。
    防具もつけないラグビーは余りに危険だからさすがにルールも教育も厳しい。今のところこれが理想にちかいな。巧妙な反則テクニックもうかがえるが、プロになって磨いてほしい。笑 学生のうちはあくまで建前重視だ。教育現場の傷害罪に理想もへったくれもない。刑罰は軽いが、スポーツとしても騒ぐべき問題だ。これに比べれば構成要件のはっきりしないセクハラ罪?・実行行為、まして言葉だけの・・・・やめておこう。笑

  39. レッスルマニア より:
    何か学長が会見したみたいだけど

    とりあえず謝っておけばいいんじゃないかとしか思えない日大の対応がもう何というか。兵力の逐次投入はいけないってこういうことなんでしょうね。
    監督の会見の時も思いましたが、学生が丁寧に文書にして経緯を公表しているのだから、監督側はそれに沿って認めるなり反論するなりするのが大人の対応でしょう。非難を避けて何でもかんでも謝ればいいと思っているなら、それは勘違いじゃないでしょうか。

  40. エンゾ より:
    本田はオッサンか?

    教育現場では理不尽なことがいくらでも起こってるんでしょう。
    理不尽なことをやり続けた日大は去年27年ぶりに甲子園ボールで優勝した。この間関西の大学は日大以上に理不尽なことをして関東の大学を圧倒してきたのか⁉ 
    本田が言うように騒ぐことではないのだろう。しかし騒がなければ何も変わらない。
    変わらなくていいというならどうぞ(^-^)/

  41. 只野主任 より:
    関西

    そういえば堀古英司は関学OBでレシーバーだったな。何か言ってないのだろうか。京大は学生たちが自分たちのやりかたで強くなった。平尾たちの同志社のラグビーも同じイメージだ。意外にも関東より印象いいな。確かに古い関東系の天下を、清新なイメージの関西にひっくり返された気がした。笑

  42. 一読者 より:
    元関学アメフトの肩のブログ

    こういう意見もあるようです。
    https://ameblo.jp/tkma-fkng/entry-12378293709.html
    読んでみるとこれにも一理あるように思われます。考え方が変わった後、自分の観点ですべてを判断している傾向も強いですけど。運動部、特に格闘技が好きではない私にはよく分からないことが多いです。

  43. 健太 より:
    富みました

    >元関学アメフトの肩のブログ
     読みましたよ。プロの世界とそれを外から見た世界との差がよくわかりました。会見における井上コーチの表情に苦悩の色が見え、これはなんだろうかと思いました。個人的には非常なまじめな人だと会見をみて思いました。
     不幸な事件ですね。冷静に処理を処理することです。
    われわれの世界は似たような世界ですが、少し違うことがある。それが学校ということでしょう。

  44. 只野主任 より:
    読みました

    この関学OBは、井上コーチの会見で、確信的に世論の見方と逆に変りましたね。当初は大学側の主張は成り立たないと言っていたが。だが内田監督も他の部員も自分で証言してしまっているし、教育機関としての対応がおかしいことに変りはない。貴重な現場の見方だと思うが。ますます堀古英司のコメントを聞きたきなる。誰か取材に行かないのかな。笑 
    セクハラの場合もそうだが、裁判にならいと解らないことが多い。民意の暴走を止めるのも司法。政治ではないから判断回避できないし、裁判官は難しい判断を迫られる。

  45. やまさん より:
    今朝のメルマガ

    今朝のメルマガの最後に書いてあった事(アメフト反則の件)ですが、、、。私のコメントが対象じゃないですよね。(笑)私は騒ぐなとは一言も書いてないので、念のため書いておきます。(笑)

  46. 名前はまだ無い より:

    え?
    それ本気で言ってます?(笑)

  47. やまさん より:
    名前はまだ無いさんへ

    本気ですよ。
    まず、名前はまだ無いさんには「字を読め」と言いたいですね。(笑)

  48. piranha より:

    最近、どこでも聞けるような言い訳。
    「誤解されない字を書け」と言いたいですね(笑)

  49. 空の財布 より:
    日大

    手緩いマスコミ、広告出稿顧客の日大を本気で追及する気は無いとも勘ぐれる。
    大塚学長と内田前監督の力関係は。
    (1)大学(教学)として
    (学長)大塚氏>内田氏(監督)
    (2)理事会
    (常務理事)内田氏>大塚氏(理事)
    学生に向けてと学長が会見の最初に言った(と記憶)ので、
    (1)教学組織としては、トップの組織長として
    ではあるが、
    (2)理事会としては、ヒラの立場なので、内田氏に対してマスコミの前で物申せる立場ではないのでは?
    兎にも角にも監督・コーチの辞任は敵前逃亡ではないのか?
    この問題は常務理事の上役である理事長が出てくるべきで、それをさせたくないから辞任や学長会見でお茶を濁そうとしてきたと思いますが…。

  50. ぺルドン より:
    答えは一つ・・

    理事長が責任を取って辞任・!
    皆・・これで正気に戻る・・

    関白殿も辞任・・
    官僚も正気に戻る・・

    腹の切り方・・知らない御仁ばかり・・・
    ( ^ω^)

  51. ぺルドン より:
    まさかまさか・・

    ぐっちー・・
    鬼ヶ島に島流しじゃないでしょうね・・・
    ( ^ω^)

  52. 只野主任 より:
    という事は朝日も廃社

    森友は辻元の問題。加計は石破・北村・玉木の問題。ウソは蓮舫・枝野の問題。辞任は長妻の問題。質問者は自分の問題を質問しているわけだ。国民は官僚主導が良いというのだから、文書管理は官僚に任せろよ。まさか国民は主権者とは言わないよな。笑

  53. mecha より:
    関学の怒りの源泉

    関学OBのブログを読みましたが、この方、関学大首脳陣の怒りの源泉・本質を理解されているのかな?と感じました。
    怒りの源泉を理解するには、古くは、猿木唯資さん、2003年の平郡雷太さん、そして2016年ね武内彰吾さんの身に起こった事を、先ずは理解しなければなりません。(ググれば、色々出てきます。)
    加えて、平郡さんの出来事を教訓に、関学は何に力を入れて取り組んで来たのかを。↓
    http://a-ishii-kgfighters.sblo.jp/s/article/72596973.html
    http://sports.47news.jp/smp/sports/turnover/news/japan_news/178929.html

    それでも、弟分の関学高で武内さんの事故が起こってしまった。当時の関学アメフト関係者達の落胆は、さぞ凄いものでしたでしょう。またその関係者の一人には、奇しくも今回の被害者である奥野さんが、チームメートとして、いたのです。

    つまり関学アメフトのもう一つの歴史は、アメフトの危険性との戦い、即ち「選手の安全追求」にあるのです。
    ここを理解しなければ、関学アメフト関係者(父兄含めて)の怒りは、読み解けません。

    先のブログも、マスコミも何だか矛先が「反則指示があったかどうか?」に向かってます。
    ですが、関学首脳陣は「相手選手に怪我を負わせる事を目的とした指示や示唆があったのか?」という点を、一番明らかにして欲しい筈です。

    ですから日大首脳陣に対し「反則を指示したか?」と聞いても、実は意味が無いのです。
    目的は「怪我を負わせるか」であって、反則プレーは手段の一つでしかありませんから。

    だんだんと、マスコミ中心に、論点がズレて来ています。記者会見に臨むなら、最低これ位は予習して、質問して欲しいし、記事にすべきと考えます。

    ちなみに、伏線云々というコメントもありました。あれは昨年の甲子園ボウルで日大QBが軽い脳震とうした事への指摘でしょうが、あの試合観てたら分かりますが、あれだけ何度もQBキープしてタックル受けたら、そりゃ「潰れ」ますよ。RBじゃないんだから。
    その報復というなら、逆恨みもいいとこで、本来なら、そういうプレーコールした日大側の自業自得です。

  54. やまさん より:
    24日のコメントの補足

    なんか、読解力の足りない人が2〜3名以上いるようなので
    誤解されない字をもう一度書きます。(笑)

    5月24日のコメントてす。
    今回の件は単に内田氏が自分の出世のためにやった事(チームの勝敗やチームの能力アップは全く関心がない)なので、当事者間で解決すればいい事だと思います。

    少し長いですが先のコメントを補足します。
    今回の最大の謎は何故日本代表に選ばれた優秀な選手に反則指示をしたのか?です。それに誰も触れないのも謎ですが。
    大谷翔平に反則指示するような感じでしょうか?どうせならあまり活躍してない選手に指示する方が理にかなってます。少なくとも自チームの戦力を削ぐ可能性には躊躇していません。
    また、反則指示の前にこの選手を日本代表から外し、スポイルしたのも謎です。
    野球に例えると侍ジャパンに選ばれる選手をやる気がないと称して侍ジャパンから落とし更に二軍に落とすようなものです。
    他にもあります。何故別リーグの関学に反則したのか?どうせならライバルの同リーグの早稲田の方が合理的です。
    ちょっと単なるパワハラ事件と思えないところがいくつもあるのです。
    これらの謎を説明する必要があります。じゃないと解決に繋がりません。で、論理的に考えると内田氏の出世目的以外当てはまるものがないのです。
    もう少しブレイクダウンすると、反則した選手が彼の出世の妨げ?になるからです。(なかなか信じ難いですが、、、。)少なくとも誰もが内田氏に逆らえないような状況作りが目的としか考えられないのです。その対象が件の選手とすれば説明がつくのです。(いよいよ考えにくいですが、、、。)

    ここから先ですが、基本的に両チームの監督、選手たちが主体的に解決にあたるのがベストと考えます。幸いにも?証拠の動画もあるし、それこそ、変な交渉や恫喝もスマホなどで録音して公開も可能で、(その効果はすでに確認済み)日大の選手側も複数いるのでよりやりやすいと考えます。恐らく、当事者である日大選手陣は色々経験しているのでこれまで報道されていない本質に沿った問題提起ができると考えます。今回は周りも多少的外れとはいえ、情報公開するよう騒いでいるので追い風になるでしょう。
    以上のことを述べたかったのです。
    しかし、「当事者同士に任せて」とか「なんで騒ぐのか」なんて一言も書いてないのに何故複数人物に誤解されるのか、、、、。そんなに浮き世離れして頭が悪いのか考え込んでしまいました。

  55. ぺルドン より:
    やまさん

    >>基本的に両チームの監督、選手たちが主体的に解決にあたるのがベストと考えます

    それは日大を知らない方の善意・・
    理事長の顎のしゃくり方次第・・
    だから・・
    理事長が止めれば・・との私見が出てくる・・
    お分かりになりましたか・?!
    ( ^ω^)

  56. やまさん より:
    ペルドンさんへ

    後出しになってしまいましたが、今回は関学側も警察を使っての全容解明を検討しているので、ペルドンさんのコメント通りの展開はいささか厳しくなるのではないでしょうか?
    個人的には内田氏、井上氏にも言い分というか事情、背景があると考えているのでそれらを含めて何がどうなったのか知りたい気持ちはあります。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。